ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • イッシュファイナル考察

    2016-07-26 16:16
    エミールです。PGLでイッシュファイナルというトリプルの大会が開かれるというので自分の考えをまとめるためにその環境考察をしていきたいと思います。
    ~ルール~
    ・図鑑ナンバー001~649(イッシュ地方)のポケモンのうち伝説・幻を除くポケモンが参加可能
    ・ルールはメガストーン禁止のトリプルバトル。過去作解禁。
    ・開催期間は8/26(金)AM9:00~29(月)AM8:59まで
    ~このルールの特徴~
    このルールの大きな特徴は噴火ヒードランの解禁だろう。高い殲滅力を誇るため環境に大きな影響を与えるのは間違いない。また5世代当時とは違いフェアリータイプ、突撃チョッキが追加されたこと、6世代での急所率の変更によってホロウビアルのような新たな戦法が登場していることも忘れてはならない。
    ~このルールで強いとされるポケモンと並び~
    ・噴火ヒードラン入りの中速気味なスイッチトリパ(クレセドラン)
     相手に合わせてS操作を行うことで噴火ヒードランの高い殲滅力を最大限に生かすPT。
    自然に高種族値のポケモンを組み込むことができるため中途半端な火力のPTでは押し負けてしまうことも多いだろう。
    警戒度★★★★★★★
    ・エルテラドーブル
    ドーブルで妨害をしつつテラキオンをふくろだたきによって強化していくコンボパの1つ。6段階上昇したテラキオンのいわなだれは非常に強力であり通常トリプルでも対策は必須とされている。主な対策はこのゆびとまれやワイドガードを組み込むこと、テラキオンを上から縛ることである。逆に使う側は無対策相手にはイージーウィンできるためかなり使いやすいPTであるといえるだろう。対策を知っている相手には択ゲーとなってしまうことがやや難点か。
    警戒度★★★★★★★
    ・バンドリ砂パ
    砂下のドリュウズで相手を上からゴリゴリ削っていくパワータイプの構築。雨といかくに弱いためそこをパーティ全体でカバーしていく必要がある。合理的にいわなだれを打つため運勝ちもしやすい。
    警戒度★★★★
    ・ニョロトノ雨パ
    ニョロトノ+すいすいポケモンで上から雨補正のかかった水技で殲滅していくPT。スタン系統は水耐性が薄いことも多く技は通りやすい。いかに天候の保持ができるかが課題となる。だくりゅうの使えるキングドラとねこだましの使えるルンパッパが主にエースとなる。
    警戒度★
    ・晴れパ
    今回のルールを考えると晴れ始動要員はキュウコンよりもいたずらごころにほんばれの方が安定すると思われる。炎の高火力とようりょくそによる高い素早さからの攻撃は魅力的。晴れ下のハチマキヒヒダルマはゴリラとよばれ炎耐性のない高耐久ポケモンや並程度の耐久のポケモンをほぼ一撃で消し飛ばす超火力を持つ。クレセはバナナ。
    警戒度
    ・ノオー霰パ
    必中吹雪を軸として戦うPT。弱点こそ多いものの氷技の通りやすさから数値以上の火力を叩きだす。雨には強いがヒードランに滅法弱いためそこを補うことが必須である。
    警戒度
    ・ホロウビアル
    ケンホロウがワルビアルに対して急所にあたりやすい技であるつじぎりを急所にあてることでワルビアルの特性いかりのツボを発動させ攻撃を最大まであげて戦うPT。エルテラとの違いはいかくが通らないことと命中安定の一致地震をうてることだろう。イージーウィンを狙う方にオススメ。数はそこまで多くない。
    警戒度
    ・ガチトリパ
    トリックルーム下で鈍足高火力のポケモンで暴れるPT。使用側はトリックルーム中にどれだけの相手を倒せるかが、対策側はトリックルームを打たせないあるいはこちらも鈍足なポケモンを使う、トリックルームの時間を稼ぐことが重要となる。
    警戒度
    ・滅びパ
    相手をかげふみなどでロックしつつほろびのうたを通していくPT。丁寧な立ち回りが求められるがパターンに持ち込んでしまえば急所や追加効果以外の相手の勝ち筋を大きく減らすことができる。ほろびのうたでお互いのポケモンがすべていなくなったときは素早さが1番遅いポケモン(トリックルーム中は早いポケモン)がいる側が勝利となる仕様を忘れないように。
    警戒度
    ・個別で警戒する必要のあるポケモン
    ボルトロス いたずらごころが強いのはもちろんのこと今回はまけんきも解禁される。うかつにいかくをまいてやられないように。警戒度
    霊獣ランドロス いかくで浮いた地面というトリプルで重要な要素を多く備えたポケモン。雑に扱っても強い。警戒度
    ドーブル ダークホールと補助技を駆使する恐ろしい犬。1番敵に狙われやすくヘイトを買いやすい。持ち物が割れるまではスカーフ、タスキ、メンタルハーブと対策の異なる3つの持ち物を考慮しなくてはならない。ダークホール打たれただけで負けたなんてことにならないようにPTを組もう。警戒度
    モロバレル スタンにも組み込まれる催眠キノコ。耐久力とトリパへの性能が非常に高い。
    警戒度
    ・その他
    トリプルでは他にも変わったギミックや他ルールではあまり見ない珍しいポケモンが多数存在する。しかしこれらは決して煽りや舐めプではなくそのポケモンでしかできないことや必要な要素を満たすためのポケモンであり使用者は真面目に考えてそのポケモンをPTに入れているのだ(たとえ方向性が間違っていたとしても)。だから煽りや舐めプととらえて思考を放棄するのではなく決して舐めずに対戦をしてほしい。それこそ敵の思うツボである。低種族値の多いギミックPTは1度決められたら大きな被害を被る大胆なギミックが多い。早期に見抜いて阻止することが勝ちに大きくつながるのだ。
    警戒度

    文章ばかりで読みづらくなってしまったが今回の考察は以上となる。評価や警戒度については個人的な見解が多く含まれているのでそれはご了承いただきたい。積極的に参加してこの大会を盛り上げてほしい。それではみなさんごきげんようノシ

    ツイッター:@emilepoke
    コミュ:co3051758






     
  • 広告
  • シンオウダービー使用構築 ~役割集中たがやす雨 燃え盛る神鳥を添えて~(最終163位)

    2016-07-24 17:08
    どうもエミールです。今回はポケモンGOにかぶって存在感が薄くなってしまったシンオウダービーで自分が使用した構築の紹介をしたいと思います。
    まずはPTの並びから

    ~構築のきっかけ~
    今回のルールでそこそこ使えそうな雨パと以前から興味のあったたがやすを使ってみたいという気持ちで組みはじめた。(たがやすについては先人の方々のありがたい文献が残されているので気になる方は探してみてください)そこで「たがやす 雨」でGoogle先生に検索して出てきた先人のトリプル農家勢の方々(主な田畑はトリプル)のPTを模倣し自分なりの改良(農家だから品種改良?)を行いこの構築に至った。
    ~個別紹介~
    ニョロトノ ひかえめ HbC調整 あめふらし
    †せんせいのつめ
    なみのり まもる ほろぼのうた あまごい
    数々の相手に†闇†を見せた爪ニョロトノ。攻撃技は後述のユレイドル、ノクタス、ドクロッグ、ルンパッパとのシナジーを考えたなみのり、小さくなるや高耐久を流すほろびのうた、あって損はないまもるがすんなりと決まった。ラストの枠は晴れパへの牽制となるあまごいで天候合戦に強くした。

    ルンパッパ ひかえめ CSぶっぱ すいすい
    †きゅうこん
    ねこだまし なみのり ねっとう ギガドレイン
    火力重視のきゅうこんCSルンパッパ。初手にニョロトノと出してなみのり連打するのが主な役割。ルンパッパのなみのりは警戒されないため多くの相手に刺さった。相手を削ることが役割の為でんじはされようがお構いなしにガンガン行動させるのが強かった()ニョロトノのつめなみのりできゅうこん発動させてなみのりで押し流していく姿は最高に気持ちよかった。

    ドクロッグ いじっぱり ASぶっぱ かんそうはだ
    くろいヘドロ
    ねこだまし どくづき ドレインパンチ はたきおとす
    PTで重いカビゴンと雨ミラーを意識して採用。選出率は低かったものの役割通りのことをこなしてくれたPTの潤滑剤。ボックスにいた流用個体。

    ノクタス いじっぱり hAd調整(151₋183₋80₋✖ー107ー75) ちょすい
    きあいのタスキ
    タネばくだん ニードルガード ふいうち たがやす 
    ┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛
    ✧✧˖°三三三三三三└(┐卍^A゜)卍
    ✧✧˖°三三三三三三└(┐卍^A゜)卍
    ✧✧˖°三三三三三三└(┐卍^A゜)卍
    というわけでお待たせしました、今回の主役の農家のカカシさん。高い攻撃から放つふいうちで多くの天敵を葬ってきたイケメン。たがやすは最後の詰めとして使用すると強いということがわかった。きっとたがやすは勝ち試合をより確実なものにする技なのだろう。(ココだけの話たがやさなくても勝てそうだった)

    ユレイドル なまいき Hbcd調整(最遅) よびみず
    たべのこし
    ギガドレイン だいちのちから げんしのちから まもる
    今回のメイン作物。味方のなみのりで火力を上げることができるうえに詰め性能の高い非常に優れた作物であった。試合の終盤によくノクタスとともにたがやされていたポケモン。選出に困ったら出すくらいには信用していた。
    強い。

    ファイヤー おくびょう CSぶっぱ ほのおのからだ
    しめったいわ
    かえんほうしゃ ぼうふう あまごい はねやすめ
    PTに最後に入ってきた準伝説。試運転の段階ではほかのポケモン(ぽわぐちょ)を使用していたのだが、晴れパに対しての切り替えしがうまくいかなかったためあまごいを覚えて相手の晴れも利用できるこのポケモンに白羽の矢がたった。それが見事に大ハマリして勝利に大きく貢献してくれた。やっぱり種族値高いと強いと思った。ちなみにスクラップ産の防御特防がUで残りが攻撃以外Vの超神個体。CSだから妥協じゃない(といいたい)。

    ~基本選出と戦い方~
    ①対晴れパ
    初手にルンパッパとファイヤーかユレイドル、裏にニョロトノと刺さってそうな1匹を添える。天候さえとれていれば基本的に有利が取れるので相手の草タイプと晴れ要員を早めに処理する。
    ②対トリパ
    トリル要員がクレセリアならなんとかなる。初手からトノルンパでゴリ押そう。サマヨール系統にはすこぶる弱い。気合でなんとかしよう(なんともならない)。
    ③その他
    トノルンパで初手からひたすらなみのり連打が安定する。状況に応じてニョロトノを引きつつユレイドルの特攻を上げて戦おう。ハッサムが相手にいる場合はファイヤーは絶対に連れていくこと。倒す手段ほかにないから。


    こんな感じで2日目に30戦連続で潜った結果23-7だったか24-6で最高レート1740、30戦終了時点で1720くらい。潜った時間帯のせいか海外勢に多く当たり勝ち星にうまくつなげることができた。ユレイドルのよびみずみんな知らなかったのかな?雨ミラーや起動要員がキュウコンの晴れパ相手にはほとんど負けなかったがヤミラミ入りの晴れとサマヨール、ヨノワール入りのトリルパにはほとんど勝てなかった。スタンが1番多く見かけたけどなみのりしてるだけで相手が半壊していくので全く苦労しなかったかな。今回でたがやすの可能性とサーフ雨の強さがわかったのでまた別の機会に試してみたいと思う。それではみなさまごきげんよう!

    ※7/25 追記 大会終了したので撮ったBVいくつか公開します、気になる方はどうぞ
     内容がほとんどユレイドル無双なのはご了承ください。
    対キュウコン晴れ 4MGGーWWWW₋WW4H₋32QJ
    対ヤミラミ晴れ HC2W₋WWWW₋WW4H₋34YX
    耕した試合✧✧˖°三三三三三三└(┐卍^A゜)卍 8HEW₋WWWW₋WW4H₋34ML
    対ミロカロス DYMW-WWWW₋WW4H₋36J5


    ※8/2 追記
    PGLにてシンオウダービーの順位が公開されました。
    それではこのPTを使った順位は・・・

    なんと最終レート1737の163位という予想外の好成績でした!(24勝6敗)
    そして

    たがやすがちゃんと反映されてますね(ニッコリ)
    うおおおおおおおおおおおお
    ┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛┣゛
    ✧✧˖°三三三三三三└(┐卍^A゜)卍
    ✧✧˖°三三三三三三└(┐卍^A゜)卍
    ✧✧˖°三三三三三三└(┐卍^A゜)卍









    コミュ登録よろしく co3051758

    ツイッターのフォローもお待ちしています。 @emilepoke









































  • 診断トリプル使用構築

    2016-07-04 01:49
    きゅん(@QunQuuun)さん主催の第7回診断トリプルという大会に参加しました。
    大会の概要についてはこちらを参照ください。
    というわけで今回私エミールが使用するパーティはこちら!


    というわけでいろいろとやばそうなPTになってしまいました。問題点は後においておくとしてとりあえず個別紹介から
    メガフシギバナメガ枠 控えめHCめざ炎個体
    ギガドレイン ヘドロ爆弾 めざ炎 守る
    このパーティにおける唯一の特殊アタッカーであり高耐久をもつ。
    技は一致技であり場持ちをよくするためのギガドレイン、同じく一致技のヘドロ爆弾、鋼が全体的に多そうだと思ったのでめざ炎、あとは大事に扱うための守る。このパーティで唯一の流用個体。
    アイアントギルガルド(ワイガ又はワイガ)枠 いじっぱりAS こだわりスカーフ
    岩雪崩 シザークロス アイアンヘッド つばめがえし
    紙耐久の鋼。こいつのDは半減技であっても特殊なら確定2をとられてしまうほど。
    持ち物は珠と迷ったが素早さでどうしようもない相手を無理やり突破するためにスカーフにした。わざは一致のアイアンヘッドと全体技のいわなだれはすんなり決まった。残りの枠には何を入れるか迷ったがはりきりの命中不安を解消できトリプルだと対角に届くひこうわざであるつばめがえしとサザンドラなどの悪タイプへの打点として連発もきくシザークロスに決定した。他の候補としてはギルガルドへの打点となるかみくだくなどがあったがパーティ全体での役割を検討した結果不採用となった。火力はともかく行動できる回数が少なかったのでもう少し耐久に回す努力値が欲しかった。
    マニューラ猫だまし枠 ようきAS きあいのタスキ
    イカサマ けたぐり ねこだまし れいとうパンチ
    こちらはB方面ペラッペラの猫。技は場を有利に進めるためのねこだまし、安定した打点であるれいとうパンチ、バンギラス対策のけたぐり、いかくが飛び交う環境であることを考慮しイカサマを採用。無難に強かった。ちなみにギミックとしていばサマも用意していたのだが1度も決まることはなかった。
    ドクケイル S操作枠 おくびょうHS メンタルハーブ
    いばる どくどく 光の壁 追い風
    蛾。見た目が弱そうだが種族値はもっと弱い。こいつのC種族値が50しかないことに絶望してフルサポート型にすることにした。S操作として追い風、後述の2体と合わせることができギルガルドや特殊ATのごまかしとしていばる。残りは周りで突破できないツボツボやらの対策にどくどく、PT全体の低種族値をごまかす光の壁とした。本番では放置されるか出落ちするかだったので相手に向かっていばりまくった。対戦相手の方々運ゲしかけまくってごめんなさい。
    カポエラーいかく枠 いじっぱりASベース キーのみ
    マッハパンチ ねこだまし ワイドガード フェイント
    いかく枠。といいつつもなんかPTの火力不足感が脱ぎきれなかったのでテクニシャンにされてしまったかわいそうなやつ。ドクケイルのいばるとあわせて想定外の火力を出したかった。技はやっぱりほしいねこだまし、テクニシャン補正を信じてマッハパンチ、パーティが炎にあまりにも弱いので熱風をごまかすためのワイドガード、こちらの攻撃を無理やり通すためのフェイントとした。ドクケイルのいばるとあわせたのはよかったものの技がすべて先制攻撃の為カポエラーが攻撃した後にいばられるというわけわかんないことになってた。先制技以外にもいれとくべきだった。反省。
    サイドン自由枠 ゆうかんHAベース ラムのみ
    物理面においては優秀な自由枠。パーティで唯一一致範囲技を持っている。わざは一致範囲打点となるいわなだれ、ドリルライナー、守る。残る1枠はたがやすでフシギバナの火力を上げようと思ったが遺伝親の準備に時間がかかりそうだったため断念。炎のパンチを入れてみた。冷凍パンチの方が欲しい場面の方が多かった。

    対戦結果は✖✖〇〇✖で2勝3敗。物理ばっかりのパーティにしては頑張った方だと思うがいばるなどの運ゲに頼らなければいけない試合がほとんどというより全部だったのが悔しい。とても楽しかったので次回都合があれば参加したいと思う。今度は実力で勝つぞ!
    最後になりましたがや大会主催のきゅんさん、診断メーカー製作者のくらうんさん、大会参加者のみなさんお疲れ様でした!


    試合のBV
    1試合目vsかなっと(綾瀬花日12歳)さん LKAW₋WWWW₋WW4DーHZ2F
    2試合目vsくどやんさん R48GーWWWW₋WW4D₋HZ3B
    3試合目vsてるるさん BVが見つかりませんでした・・・orz
    4試合目vsあちゅさん N2FG-WWWW₋WW4D₋HZ47
    5試合目vsかじぼさん RGHW₋WWWW₋WW4D₋HZ4U