嘘つき男をダウトする :15
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

嘘つき男をダウトする :15

2016-12-01 14:48



    どうもエロ王子です。


    今回は『不倫男』をダウトしていきます。





    不倫目当てで婚活パーティーに来るような奴は迷わずダウトですね。


    では、始めていきたいと思います。










    カフェでコーヒーを飲みながら、ドレスのカタログを見ているところからスタートです。


    最近ダウトした男共のことを思い出し途方に暮れていると、加賀美さんからTalk Timeが届きます。






    加賀美さんとデートの約束を取りつけ、Talk Timeを閉じると、近くから聞き覚えのあるダミ声が聞こえてきます。




    おや?

    何故巨漢男も一緒にいるんだ?

    なんて思っていると、この占い師が衝撃的な言葉を口にします。




    嘘だろ......。

    想定外すぎて軽くパニックだわ.....。


    どうやらあの婚活パーティーの日に知り合ったらしく、誰とも連絡先を交換できずヤケ酒していた占い師を介抱したのが巨漢男だそうで。

    そこからお付き合いをしているらしいです。


    そんな幸せいっぱいそうな占い師に、逆に最近どうなのか聞かれます。

    最近はいろいろなことがありましたからね。

    浮かない顔をしていると、占い師は「仕方ないわね」と言って、顔を見せるように言ってきます。

    すると。




    つまり不倫をしているということですね。

    これは許せないですね。

    その男はいったい誰なのか聞きますが、ここから先は有料だと言って占い師は名刺を渡してきます。


    占い師と巨漢男が帰ると、室井さんからTalk Timeが届きます。






    占い師の言っていることが本当ならば、容疑者は加賀美さんと室井さんと、あともう一人の内の誰かということになります。

    「そんなクズ男、絶対に見抜いてやる!」と意気込んだところで、問題提起パートは終了です。





    今回の標的はこの3人。





    加賀美さんは既婚者っぽい感じしますけどね。

    年齢も年齢だし。

    個人的には唯川さんが入ってなくてよかったなって思います。

    唯川さんが既婚者だったらと思うと.......。

    あぁ.....恐ろしや.......。



    というわけで、始めていきます。






    会社で仕事をしていると、隣で後輩のあゆみちゃんが自分の結婚式のドレスについて悩んでいました。

    「今日中に見積書やらないと」と注意しますが、話は主人公の彼氏のことに。

    あゆみちゃんにはまだ静雄と別れたことを伝えていなかった主人公は、あゆみちゃんにそのことを伝えます。

    案の定、大きな声を出して驚くあゆみちゃん。

    「だからイケメンパティシエの樫さんとイチャイチャしてたんですね~」なんて言い出します。

    まぁ、樫さんはダウト済みなんですけどね......。

    すると、あゆみちゃんは「噂によると間宮さんも主人公のこと狙ってるらしい」と言います。

    「まさかそんなことはないだろう」と思っていると、部長に間宮さんの所へ行ってきてくれないかと頼まれました。

    一発目は間宮さんですか。

    よろしい、受けてたとう!!



    間宮さんへの手土産を買い会社へ向かいます。

    エントランスは広いし、オフィスはかっこいいし。

    ここで社長をやってるのですから、相当お金持ってるんでしょうね......。


    「少々お待ちください」と言われ、受付の近くで待っていると、真剣な表情で社員が作った資料に目を通している間宮さんが見えました。

    社員にいろいろ厳しいアドバイスをする間宮さん。

    しかしその後。




    かっこいい!!

    私もこんなかっこいいセリフを言ってみたいものです。


    社員へのアドバイスが終わった後、主人公に気付いた間宮さんが傍にやってきました。

    「すごく素敵なオフィスですね」と言うと。




    うちのものとは社員のことでしょうか。

    気になりますね。


    間宮さんに誘導され、ガラスで仕切られた部屋に通されます。

    社長室らしいのですが、めちゃくちゃおしゃれでした。


    早速仕事に取り掛かりますが、主人公は「何故社長が直々にうちの担当を?」と疑問を口にします。

    「企業向けのシステムは新規事業なので」と言っていますが、他にも理由があるようで。

    「他の社員にはやらせたくなかった」と言う間宮さん。

    どうしてかと聞くと。




    こういうことをサラッと言ってくるのは怪しいですよね。

    まぁ、かっこいいからいいけど。


    そんな調子で話をしていると、どこかから視線を感じる主人公。

    ガラス越しに外の様子を窺うと。




    間宮さんもその女の人がこちらを見ていることに気が付いたのか、「誤解されても面倒なのでこちらへ」と言って、他の社員から見えない部屋の隅へ誘導されます。

    おやおや?

    もしやあの女性と何かあるのかな?

    なんて思いながらも、主人公は仕事に取り掛かります。


    仕事を終え、間宮さんに会社の入り口まで見送ってもらい、そこで手土産のチョコレートを渡します。

    間宮さんは「次はプライベートで」なんて言うと、律儀に一礼し、オフィスに戻って行きました。


    間宮さんの働く姿かっこよかったな、なんて思っていると誰かに声をかけられます。

    振り向くと、先ほどこちらを睨んでいた黒髪の女性が腕を組んで立ってました。




    うわ、何やら面倒くさいことに巻き込まれそうな予感.....。

    主人公は「仕事でご一緒してるだけ」と言って、早めに退散しました。

    主人公、ナイス判断!



    場面は変わり、自宅へ。

    最近Find Friendを見ていなかったことを思い出し、ケータイを開きます。


    今日の呟きで間宮さんがチョコレートの写真を載せていたので、その写真を証拠としてゲットします。





    間宮さんのフレンドリストを見てみると、『間宮すみれ』という方がいました。

    その人の呟きを見てみると、息子と一緒にチョコレートを食べている写真を載せていました。




    これも証拠としてゲットしておきます。

    苗字は一緒ですが、果たしてこの人は間宮さんの奥さんなのか。

    悩みどころですね。



    加賀美さんとの約束の日。

    主人公は待ち合わせの美術館に向かいましたが、朝から何も食べていなかったため、美術館のテラスにあるレストランで食事をすることに。

    昼からレストランでワインを飲む二人。

    贅沢ですね。


    加賀美さんはTalk Timeで『パリに行っていた』と言っていましたが、どうやら今回の小説はパリを舞台にしているらしく、その取材のための旅行だったそうです。




    まぁ、物語を書いたりしてる人は、よく取材旅行に行ったりしますよね。

    主人公の心情を細かく書くためには必要なことなのでしょうね。

    でも仕事とはいえパリに行けるなんて羨ましいですね。


    加賀美さんはミステリー小説家ですが、今回はどんなお話を書かれるのでしょうか。

    主人公がそう聞くと。




    不倫って言葉が出ましたね。

    だからと言って加賀美さんが不倫しているとは限りませんが。


    予想以上に食いついてきた主人公に、加賀美さんは小説のプレットを見せました。




    題名が『醜美愛』とは、なんともおどろおどろしいですね。

    今回の小説は、究極の愛を貫く主人公の苦悩と葛藤を表しているようです。




    まぁでも、小説的には究極の愛なんじゃないですかね。

    現実的には違うかもしれませんが。

    究極の愛とか、主婦は特に好きそうな題材ですし。


    「もしかして不倫を体験するためにパリに行ったんですか」と聞くと、加賀美さんは笑いだします。

    「不倫はあくまで作品のエッセンスで、パリに行ったのはメイントリックの整合性を図るため」と言っていますが、一番既婚者っぽいのはやっぱり加賀美さんですよね。


    疑いの目を向けながらふと加賀美さんのほうを向くと、料理にほとんど手を付けていないのが見えました。

    加賀美さんはもともと少食らしいのですが、主人公は心配して「ちゃんと食べないと後で倒れますよ」と言います。

    すると。




    漫画家さんだと、アシスタントの人に食事を作ってもらったりしてる人もいるらしいですが。

    加賀美さんもそうなんでしょうか。

    加賀美さん結構ミステリアスですね。

    つかみどころがない感じがします。



    食事を済ませた二人は、展示物を見ます。

    子供が書いた絵が飾られていたのですが、主人公にはよくわからない世界みたいですね。

    確かに、私も漫画の原画展とかしか行ったことないので、美術系はよくわからないですね。


    加賀美さんに「子供がお好きなんですか」と聞くと、「好きだよ」と答えます。

    子供はキャンパスが真っ白で色がなく、成長するにつれて色が変わっていく。

    だから、そういう成長を見守っていきたいと言います。

    おお。

    流石芸術家というか、言う言葉の一つ一つが小説のセリフみたいですね。



    場面は変わり、庭園のようなところへやってきます。

    天気も良く、緑も多いその場所でくつろいでいると、目の前で男の子が派手に転びました。

    男の子は「うわぁーん」と泣きじゃくります。

    すると、加賀美さんは腰を低くして、男の子をあやし始めました。




    主人公が怪しむ気持ちもよくわかるよ。

    容姿的にも年齢的にも加賀美さんが一番既婚者っぽいんだよな。


    そんな既婚者っぽい加賀美さんは、転んだ少年にたこねこマンの絆創膏を手渡します。

    もちろん、たこねこマンファンの主人公は、その絆創膏に目が釘付け。

    加賀美さんはクスクス笑いながら、主人公にも絆創膏をあげました。

    これじゃ、どっちが子供だかわからんな。


    その後、加賀美さんに用事が入ってしまい、この日のデートはここで終わることに。



    自宅に帰り、主人公は早速Find Friendを開きます。

    加賀美さんの呟きを見てみると、急用についての呟きが載せられていたので、これをスクショします。




    加賀美さんのフレンドリストから広井琴子さんのページへ行くと、今日の呟きの中に料理の写真が載っていました。




    これも証拠としてゲットします。



    というところで、今回は終了です。





    次の調査は室井さんですね。

    誰が既婚者なのかはまだわかりませんが。

    絶対暴いて見せます!


    ということで、また次回!




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。