嘘つき男をダウトする :16
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

嘘つき男をダウトする :16

2016-12-02 18:16



    それでは、続きをやっていきたいと思います。




    加賀美さんとデートした翌日の夜。

    今夜は室井さんとデートする日です。


    会社の前で室井さんの車を探していると、角を曲がったところに室井さんの車を発見しました。




    薄暗いところに車を止めるのは怪しいですね。


    室井さんの車に乗り、デートスタート。

    室井さんは主人公に「牡蠣は好きか」と聞いてきます。

    お、いいですね牡蠣。

    主人公も牡蠣は好きなようで、どんなオイスターバーに行くんだろうとワクワクしています。

    しかし、車はなぜかスーパーの駐車場に入って行きます。

    「お買い物ですか?」と聞くと、室井さんは「買い出しに付き合ってもらってもいいかな?」と聞いてきました。

    普段買い物に行けないほど忙しいのでしょうか?


    スーパーに入ると、室井さんは食材を大量に買い込み始めました。

    一人暮らしでたまにしか料理しないのになぜこんなに買い込むのかと思っていると。

    「生で食べるならレモンは外せないよな」と独り言を呟く室井さん。

    その一言で何かに気付いた主人公は、「今日ってもしかして室井さんの家で食べるんですか?」と聞きます。

    室井さんはきょとんとした顔で「そうだけど」と言いました。

    なんか、前もこんなことなかったっけ?

    強引に家に連れてこうとしたやついましたよね。

    なんか重なるなぁ。


    流石に家にはいけないので断ると、「実家から牡蠣が送られてきて一人じゃ食べきれない」となんとも断りずらいことを言いだします。

    行くか行かないか迷う主人公。

    すると、買い物かごを持った見知らぬ男が声をかけてきました。




    室井さんの友達でしょうか?

    誰だろうと思っていると、室井さんがその男の人を紹介してくれました。




    同じ仕事をしてる人だったんですね。

    「初めまして」とあいさつをすると。




    ですが、主人公はあまり覚えていないようで。

    チャラそうな人は眼中にないって感じですかね。

    どうやら佐野さんと話す前に主人公がどこか行ってしまったらしく、それで主人公も覚えていないのかもしれません。

    「あの時話せていれば、今このスーパーには俺と一緒に.....。」なんて言い出す佐野さん。

    それはないだろと思っていると、室井さんからも全く同じことを言われていました。


    室井さんに「行こう」と言われたので、その場を離れようとすると、佐野さんに手招きされました。

    「なんですか?」と聞くと、「Find Friendで友達申請してもいい?」と聞かれます。

    うわ、チャラい......。

    急に何と思いながらも「はい」と答えると、「もしよかったら誰かいい人紹介してよ」と言われます。

    もうこいつがダウトでしょ。


    佐野さんとお別れをし、室井さんの所へ戻ると、「佐野に変なこと言われなかった?」と聞かれます。

    まぁ、言われたといえば言われましたが。

    「大丈夫です」と言うと、「あいつは俺と違って出世コースから外れてるから気を付けて」と言う室井さん。

    さっきまで仲良くしてたくせに裏でこういうこと言うやつは信用できないですね。

    ダウトは室井さんか?

    とりあえず、主人公は既婚者かどうか調べるためにも室井さんの家に行ってみることにしたようです。


    スーパーで買い物を済ませ、マンションに到着。

    車から降りようとすると、自分の足元に名刺入れが落ちてるのに気づきます。




    主人公は落ちていた名刺を集め、それを室井さんに手渡しました。


    場面は変わり、室井さんの部屋へ。

    部屋は1LDKで、ベッドとソファーとテレビ以外に物がないシンプルな部屋でした。

    主人公は既婚者じゃなさそうと安心していましたが。

    いくらなんでもシンプルすぎでは?

    なんか.....致すための部屋みたいじゃない?

    本くらい置いてあってもいい気がするんだけど......。


    室井さんは私のそんな心配をよそに、キッチンに立ち料理をし始めます。

    高い位置から牡蠣に塩コショウを振るその姿は、某料理番組を思い出させます。

    牡蠣って塩コショウ振って食べるものなんだ......。

    知らなかった.....。


    部屋もきれいで料理も上手、しかも外務省勤めでイケメン。

    そんな完璧な室井さんに惚れ惚れしながら、何故婚活パーティーに参加したのか聞きます。

    どうやら婚活パーティーには佐野さんに誘われて行ったらしいです。

    「いろんな女性からお声がかかったのでは?」と問うと、室井さんは「まぁね」と認めた後、「でも主人公しか目に入らなかった」なんて言います。


    そんな口のうまい室井さんは、キッチンから牡蠣料理を運んできました。

    生牡蠣、牡蠣のオイル煮、グラタン風。

    おいしそうな牡蠣たちがテーブルの上に並んでいます。

    室井さんに「グラタンは皿が熱いから気を付けて」と言われた矢先に火傷をする主人公。

    人の話を聞きなさいよ.....。

    主人公はドジっこなのでしょうか?

    前にもおちょこ落としたり、グラスの水をこぼしたりしてましたが.....。


    主人公は室井さんに促され、水道水で指を冷やします。

    バッグの中にたこねこマンの絆創膏が入っているのを思い出しますが、もったいなくて使えず。

    すると、室井さんが「たこねこマンの絆創膏?」と聞いてきます。

    どうやら室井さんもたこねこマンを知っているようで、たこねこマンのマグカップの写真を送ってくれました。




    海外の大使館に配る日本紹介用のパンフレットにたこねこマンを起用する話があり、それで知ったようなのですが、残念ながらその話はなくなってしまったそうで。


    たこねこマンの海外デビューがなくなりがっかりしていると、室井さんがとても自然な流れで『あーん』をしてきます。

    室井さん、なかなかやるな。


    その後も他愛のない話をする二人。

    すると、室井さんは主人公の肩に手を回してきました。

    そして、そのまま顔を近づけてきます。

    やっぱりそういう展開になるよね......。

    そのままチューするのか!?と思いきや。

    室井さんのケータイに着信が。

    「タイミング悪いな」と言って部屋を出ていく室井さんですが、主人公的には間一髪といったところでしょうか。

    ほっと一息ついていると、主人公のケータイも鳴り出します。

    どうやら佐野さんから友達申請が来たようで。

    登録するついでに、室井さんのFind Friendを覗いてみることに。


    佐野さんの呟きを見てみると、森崎さんという方と婚活パーティーに行ったという呟きがあったので、これをスクショします。




    森崎って、確か室井さんが落としていた名刺入れにも入っていましたよね。

    誰だろう?と思っていると、佐野さんのフレンドリストに森崎さん発見!

    森崎さんの呟きに、アンティークカーの写真があったので、これを保存します。




    .........あれ!?

    これ見たことある!!

    え、まさか.....まさかああああああああああ!!!!!!

    いや、だがしかし。

    まだ決まったわけではない。


    森崎さんのフレンドリストを見てみると、『森崎友香』さんという方がいました。

    その方の呟きをスクショします。





    これで証拠集めは終了です。



    主人公がFind Friendをたどっていると、室井さんが慌てた様子で部屋に戻ってきます。

    どうやらお母様の具合が悪くなってしまったらしく、実家に向かわなければいけなくなったそうです。

    「今日の続きはまた今度」と言われ、室井さんとのデートは終了しました。



    翌日。

    山積みの仕事を片付ける手を休め、コーヒーを飲みながら、カフェで占い師に言われたことを思い出します。


    3人の内、1人は既婚者。

    間宮さんには、家で一緒にチョコを食べていた女性。

    加賀美さんには、食事の管理をしているという広井琴子さん。

    室井さんには、女性の影はなさそうに見えましたが、佐野さんという友達。

    そこまで考えて、主人公はあることに気が付きます。




    主人公が閃いたところで、この回は終了です。











    いや、もうこれは確実にあの人しかいないでしょ.......。

    でもまぁ、予想外といえば予想外ですね。

    ダウトするのが楽しみです。



    では、また次回!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。