嘘つき男をダウトする :17
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

嘘つき男をダウトする :17

2016-12-06 21:15



    それでは、やっていく前にまずは証拠整理からいきたいと思います。



    ■間宮にあげたチョコの写真




    ■間宮すみれのFind Friend画面




    ■小説のプロット




    ■たこねこマンの絆創膏




    ■加賀美のFind Friend画面




    ■広井家の肉じゃが写真




    ■森崎晃平の名刺




    ■たこねこマンのマグカップの写真




    ■佐野のFind Friend画面




    ■森崎のFind Friend画面




    ■アンティークカーの写真





    そして、各々の発言のメモです。


    ■室井の発言




    ■間宮の発言




    ■加賀美の発言





    これらの証拠をもとに、ダメ男をダウトしていきたいと思います。





    今回ダウトするのは『不倫男』です。






    そして私が選んだのはこの人!







    皆さんも薄々気付いていたかとは思いますが、決め手はあの写真ですね。

    一番既婚者っぽいのは加賀美さんなんですけどね。


    では、ダウトしていきます。







    主人公は早速室井さんに連絡します。








    たこねこマンはみんなのたこねこマンだから.....仕方ない......。



    そして、約束の日曜日。

    時間ピッタリにインターフォンを鳴らすと、室井さんがにこやかに出迎えてくれました。

    だがしかし、笑顔でいられるのも今のうちです。

    二度と笑えないようにしてやる!!!!


    とりあえずソファーに座ってと促されますが、主人公はソファーには座らず、「お母様は大丈夫でしたか?」と質問します。

    すると。




    やはりと言うべきか、室井さんは自分の発言を忘れています。


    主人公は、室井さんの嘘を暴くために質問を投げかけます。

    まずは、婚活パーティーについてです。

    室井さんは、佐野さんに誘われて婚活パーティーに行ったと言っていました。

    それは室井さんも認めています。

    しかし、問題はここから。

    佐野さんは室井さんとではなく、別の人と参加をしていたようでした。

    佐野さんが誰と婚活パーティーに行ったのか

    それがわかる証拠を、室井さんに突きつけます。




    佐野さんのFind Friendには、『森崎さん』という方と一緒に婚活パーティーに行ったと書かれていました。

    「あいつ、酔って間違えたんじゃないか?」と言うので、「室井さんは『森崎さん』には会わなかったんですか?」と聞きます。

    すると、室井さんは「森崎なんて奴知らない。聞いたこともない。」と答えました。

    今の発言、聞き逃すわけにはいきません。

    室井さんが、『森崎さん』を知らないわけないのです。

    主人公は、机の上にあった名刺入れの中から、森崎晃平の名刺を取り出しました。




    名刺にも書かれている通り、森崎さんは室井さんと同じ外務省の参事官です。

    それに、室井さんは森崎さんの名刺を持っています。

    見たことも聞いたこともない人の名刺を、わざわざ名刺入れに入れたりはしないはずです。


    焦りだした室井さんは何かを思い出したように「そうだ!」と言い、「その名刺は庁舎の中で拾ったものだから、面識のないやつなんだ」とうまくかわします。

    しかし、残念なことに、こっちには切り札があります。

    室井さんと森崎さんには、共通点がありました。

    そう、二人がまったく同じものを持っていることを、主人公は知ってるのです。




    私も感づいていました。

    このアンティークカーの写真は、アイドルヲタク編で室井さんが送ってくれた写真とまったく同じです。

    焦った顔をした室井さんは「へ~、どこで見たの?」ととぼけますが、室井さんが送ってくれたのでTalk Timeにもちゃんと履歴が残っています。

    「送るんじゃなかった」と言って動揺する室井さん。

    しかし、「何で俺が森崎のFind Friendからアップできるんだ」とか、「そういえば佐野にも送ったから佐野がその男に送ったんじゃ」とか、苦しい嘘をつきます。

    終いには、「はいはい」と言って主人公の話を流し始めました。


    「室井というのは偽名で、本当は妻も子供もいるのではないか」と問う主人公に、呆れるようにため息をつきます。

    室井さんは、「勝手に騒いで大騒ぎして、下等なマスコミみたいだな」と言い出しますが、主人公はあることないこと言ってるわけではありません。

    ですが、このまま証拠を出し続けてもシラを切られて終わってしまいます。

    そこで、主人公はまず、森崎友香さんのFind Friendの画像を室井さんに見せました。




    もちろん室井さんは「見たことも会ったこともない」と言います。

    「じゃあ、この子に関して質問しても何もわからないんですね?」と聞くと、「わからない」と答えました。

    あっさり主人公の罠に引っかかる室井さんに矛盾をつく質問をします。


    A.この写真を撮ったのはどこ?

    B.この子の名前はなに?

    C.この子の趣味はなに?






    →ここではBを選択します。


    「この子の名前知ってますか?」と聞くと、「ここに『りょう』って書いてあるだろ」と答えます。

    そう、これこそが主人公の聞きだしたかった答えなのです。

    室井さんは『りょう』と答えましたが、この写真に写っている子は女の子ですし、この子を知らない人ならまず『あや』と読むはずです。

    かく言う私も『あや』と読んでおりました。

    なので選択肢間違えそうになりました。


    室井さんは、主人公の問いかけに口ごもり始めました。

    「たまたま同じ読み方をする親戚の子がいて.....」と言い始める室井さんに、『りょう』ちゃんが娘だということを認めさせる証拠を突きつけます。




    このマグカップには『りょう』というサインが入っています。

    何故森崎さんのお子さんと同じ名前のサインが入っているのでしょうか。

    焦る室井さんは、「たこねこマンの作者のサインじゃないかな?」と言い出しますが、主人公曰くたこねこマンの作者は公表されていないようで。

    「そんなの何で知ってるんだ」という室井さんに、「わたしのたこねこマン知識をバカにしないで!」と一喝します。

    どんだけたこねこマン好きなんだ.......。


    しかし、ここまで来てもまだ認めようとしない室井さん。

    ここで最後の選択。





    A.電話をかける

    B.佐野を呼び出す

    C.娘のモノマネをする






    →ここではAを選択します。


    森崎晃平さんの電話番号を知っている主人公は、その場で電話をかけ始めました。

    すると、室井さんのポケットの中に入っているケータイが鳴りだします。

    そこでようやく、自分が『森崎晃平』で妻子がいることを認めます。


    しかし、「それが何か?」と言って開き直る室井(森崎)さん。

    室井さんは、妻子がいる身であるにも関わらず、佐野さんとどっちがいい女を捕まえられるか勝負をしていたようです。

    「ちゃんとアフターケアもしてるし、問題ないだろ?」なんてことを言い始め、終いには「俺の愛人にしてもいい」とかとんでもないことを言いだす始末。

    結婚がしたくて婚活パーティーに行ったのに、何で結婚もせずにお前の愛人にならねばならんのだ。

    てか、そんなに遊びたいなら婚活パーティーじゃなくて合コンに行けばよろしかったのに。


    「夜さえ付き合ってくれれば不自由はさせないよ」と最低なことを言いだす室井さんにほとほと呆れ、帰ろうとすると。




    キム○クかよ!!!


    室井さんは主人公の腕をつかんで、主人公の体を壁に押し当てました。

    お前.....これで手出したら完全に犯罪者だぞ.......。


    そんな私の心配をよそに、室井さんは「俺結構うまいから、そのへんも満足させられると思うよ」と言います。

    主人公の顎を引き寄せ、強引にキスをしようとする室井さんに、主人公は怒りの一撃を食らわします。

    そのままバッグを持って玄関から出る主人公ですが。

    「俺はエリート官僚で、金も地位も持ってるんだぞ!」と室井さんが背後で叫びます。




    こんなことまで言いてくる室井さんです。

    まぁ、そもそも付き合ってもいないんですけどね。


    いろいろと言ってくる室井さんの言葉を無視しながらエレベーターを待っていると、中からすごい形相の女性が降りてきました。

    あ、これは奥さんフラグですね。

    佐野さんがすべて吐いてしまったようで、奥さんに不倫がバレた室井さんは、首根っこを掴まれ部屋に連れ戻されていきました。



    室井さんの部屋を出た後、主人公は怒りを鎮めるために街をブラブラしていました。

    騙されていたことがショックで、自分が幸せになれるのかどうか悩んでいると、誰かに声をかけられます。

    振り向くと、そこには間宮さんの姿が。

    どうやらクライアントと打ち合わせがあったようで、ちょうど帰るところだったそうです。


    日曜日にも関わらず仕事をしている間宮さんに関心しながら、「私も帰って仕事しようかな!」と言うと。

    「主人公のそういうところが好きです」と、突然告白をしてくる間宮さん。

    主人公の空元気に気付いたんですかね。


    間宮さんは、自分以外にも主人公の周りに男の人がいることを知っているようで。




    なんてことを言いました。

    キザですねぇ。

    でもこんなこと言って、最終的にダウトだったら笑えますね。


    間宮さんの言葉で心が軽くなった主人公は、間宮さんと一緒に帰って行きました。











    室井さんを無事ダウトしたので、残りは5人です。





    まぁ、室井さんは遅かれ早かれダウトすることになるだろうなとは思ってました。

    でもまさか妻子持ちだとは......。

    経歴詐称かと思ってました......。

    ダウト後のエンディングも全部見ましたが、まぁクズでしたね。

    奥さんとも、打算で結婚したみたいですし。

    何がともあれ、室井(森崎)さんを無事ダウトできてよかったです。

    めでたしめでたし。



    次回は、ダメ男の名称を一言で表せないような内容となっております。




    それでは、また次回。






       to be continued.



       

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。