漫画のストーリーをそのままアニメ化するのってつまらないことなんですか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

漫画のストーリーをそのままアニメ化するのってつまらないことなんですか?

2020-01-24 23:17

    私は自分が所謂「原作厨」であることを自覚している。

    二次創作をするときは原作を読み込まないと気が済まないし、自分の絵柄にならないようになるべく原作に寄せるようなムーブを取ってしまう。

    他人にそれを強要したいとは全く思わないが。


    映像化に関してもそうだ。

    セリフが微妙に変わっている、重要なシーンがカットされている、謎のオリジナルシーンが追加されている……

    このようなことを原作付アニメでされるとどうしても机に拳をぶつけたい衝動に駆られる。


    しかし上で挙げたような例は正直原作厨の戯言だと思われても仕方がないとも思う。

    私だって漫画・小説を映像化する際に尺だの何だのと色々なしがらみがあることも理解できるので、机にぶつけようとした拳を逆手で抑えて代わりにTwitterという便所の落書きツールで毒を吐くことにより事なきを得ている。


    また、オリジナルシーンでもファンが納得できる「原作の補完」をやってくれるアニメは本当に尊敬できるし、世界が広がったのを感じられる。


    ただ私が本当に許せず、机に拳をぶつけようとする右手を止められずにそればかりかその手で画面を破壊し体調を崩す状況に陥る時がある。


    それは「原作破壊マシーン」と化したアニメを見せられただ。


    私も曲がりなりにもクリエイティブ業に携わっているので、「この通りに作ってね」という指示をそのまま作ることに対して溜息が出てしまう心情はわかる。

    理解はできるが納得はできない。

    私が言いたいことは、

    「クリエイターがやりたい/伝えたいことの為に原作を捻じ曲げるのは絶対に絶対に間違っている」

    ということだ。


    「漫画とアニメが同じだとつまらない」?

    「〇〇を伝えたかった」?

    「原作ファンも驚く展開」?

    あえて言わせてもらうけど

    何を言おうと原作を破壊して行う映像化はカス以下ではないか?


    「ストーリーはもちろん、漫画と同じような構図で止め絵ばっかりで音もまともについてない」とまでいって初めて漫画と変わらないと言えると思う。
    そもそも漫画と同じように作ったらつまらないとかいうセリフ、原作者に失礼すぎると思う。

    なぜ漫画にはないアニメーションだとか音響だとかエフェクトだとかオリジナルの構図カット割演出だとかで勝負しようとしないんだ? マジで理解に苦しむ。

    同じストーリーで原作に並べる自信が無いから改変して原作との差別化をしようとしてるだけだろうとしか思えない。

    そんなのただの逃げだし色々考えて作ったと見せかけた思考停止に過ぎないと私は思う。


    この作品を通してなんちゃらかんちゃらを伝えたかったんだとかなんとかいうのも見たことがあるが、そんなのは「オリジナルでやれ」としか言えない。

    原作漫画を道具としか思っていないのか?

    作家が生み出したキャラクターはクリエイターが自己表現するための人形じゃない。

    作品を借りて公式を名乗ってやる以上、崩してはならない部分は間違いなく存在する。

    アバウトな言い方だが、キャラクターの性格だったり世界観なんてのは絶対変えるべきではない。

    脚本のためにキャラクターを歪めるなんて無能のやることだし最早人権侵害に近いだろ。

    スポーティな格好をしたいと思っている子どもにお人形さんみたいな可愛い洋服を無理やり着させる親と同じようなことだ。本当に腹が立つ。


    原作ファンも驚かせようとしてオリジナル展開にしてるアニメもあるよな。

    いや、原作捻じ曲げて「どや?w原作読んでるお前らでもこんな展開びっくりしたやろ?w」とかやられても「夜道に気をつけろ」としか言えんわな

    こういう話すると

    「いや原作使ってる以上原作者(版元)のOK出てるんだから視聴者のお前が文句言うなや」

    とか言う奴出てくるよな。

    たしかに原作者が「好きにやっていいですよ」と言ったからオリジナル展開にしてるんだろうなとは思うよ。

    でもそれって常識的に考えて「(作品の根幹を変えなければ)好きにやっていいですよ」じゃないか?

    自分がなにか作品を作ったとして、アニメ化するとして、原作ストーリーに囚われずに自分が作ったものとは違う物語を見せて欲しいと思って「自由にやってください」とアニメ制作の人間に言うとする。

    そんででてきたものを見てみたら、ポジティブに産んだファンタジーのキャラが全く違うネガティブな性格になってて、監督が「現実を描きました」とか言い出したらどう思うか、大抵の人間なら想像できると思う。

    今まで世に出たクソ原作付き映像の監督とかプロデューサーは想像できなかったんだろうなとしか思えない。




    あともう一つ言いたいことがあって、これまで殴り書いたことは原作付きだけじゃなくてシリーズの続編ものにも言えることだと思う。


    人気のシリーズを締めたくなくて、でもマンネリ化させたくなくて、客を驚かせようとして、前任者のやっていたことを否定したくて、その手段として選ぶのがキャラクターを歪めてやりたい脚本の流れに合わせることだったり、シリーズでずっと大事にしてきたはずの世界観を覆すことだったり。

    そういう作品が去年は少なくとも2本はあった。



    オジサンは思うんだ。全ての表現活動は個人の本来は共有できない感覚を他人に共有・披露するためにあると君たちは思っているかもしれない。でもそれは、確固たる土台が存在する原作付き作品やシリーズものでその土台を壊してまで披露すべきことではない。本来共有できない君の中に内包されている感覚が他人と共有されるということを、私は大事なことだとは思わない。確かに君が言う通り、人間は言葉や音楽や映像で他の動物より少し多彩に繊細に自分の中に内包されているモノを表現できる。でも、それを先に言った土台を壊してやったことで原作ファンが受け入れられるかどうかは別問題なんだ。君のやったような、キャラクターと世界観を捻じ曲げて多くのファンが腹を立てるように作られるような作品は、僕は全く面白くないものどころかファンを含めたIP自体を地獄にたたき落とすということになりがちだと思う。君には理解できないかもしれないけど、そうならないために監督という職業があるんだと思う。



    まあ怪文書のパロディはこれくらいにして(そもそもこの記事自体怪文書)、冷静になってきたので言いたいことをまとめたいと思う。


    どんなに原作とズレていようと、どれだけ原作キャラがクリエイターの意思表示の道具に使われていようと、それを肯定する人間を私は否定しないし、それを好きだと思う気持ちも否定したくはない。

    上で書いた原作者のお気持ちだって単なる私の想像だし、本当は捻じ曲げられてても特に何も思っていなくて、映像化されるだけで喜んでいるのかもしれない。


    しかし、何度も言うが、原作のキャラクターや世界観を都合よく捻じ曲げるクリエイターたちを、誰がなんと言おうと私は絶対に否定するし、これまでそうやって作品紛いの原作付映像(ゲーム)を世に出してきた人間を許すつもりもない。



    今後不幸なIPが産まれないことを切に願って、この便所の落書きを締めようと思う。



    あ、この記事は私のお気持ち表明であって、原作厨の総意じゃないからね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。