新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MAD職人への近道 ~その動画、本当に作りたいの??~

2013-05-29 01:44
    皆様こんばんは。日付が変わって今日は5/29です。つまり…
    はやみん(早見沙織)、
    Happy Birthdaaay!!!

    と言うワケで、巻頭グラビアは今期のアニメから…

    新垣あやせ!!


    鈴原泉水子!!


    レヴィアタン!!


    雪ノ下雪乃!!

    どやぁ!はやみんスペシャル4本立て!!…つーか働き過ぎww

    僕には、CV早見沙織ってだけで、そのキャラに恋してしまう悪癖があります。
    一番オキニは新垣あやせで、ハナ差で沖田紗羽(TARI TARI)かな、今のところ。
    でも「ラブプラス」をプレイした事がない。ファミコンすら持ってないし…。

    くそー、0:00ジャストに投稿しようと思ってたのに、無駄に文章が長くなったせいで…。


    さて今回は、MAD職人の初心者から大ベテランに至るまで、つまりはMADを
    作成し続けている限り、ず~っとつきまとう(と思っている)問題です。

    【問①】
    あなたが作りたいと思ってるその動画、本当に作れるの??


    【問②】
    あなたが作ったその動画、本当に作りたくて作ったの??


    タマゴが先かニワトリが先か…?何だか禅問答のようになりましたが、要は
    技術的に自分が作る事の出来る動画と、意欲的に自分が作りたいと思っている動画…。
    この2つをキチンと意識する事が重要だと言いたいのです。


    では、自分の投稿動画を例に挙げながら説明してみます。


    とにかく「大河ドラマOPパロ」を作ってみたかった――。

    ↑本当にこの思いだけで作ったMADです。大河MAD、いやいや風林火山MADを
    作るために新しい編集技術を身に着けようとか、別の編集ソフトを導入しようとか
    全く考えずに、当時の自分(制作活動3ヶ月目)が習得していた技術だけで作ろうと
    していました。最初から本家OPの筆文字の再現は諦めてたし(今の自分なら出来る)。

    つまりこれは「作りたいと願う強い衝動が、拙い編集技術すら捻じ伏せてしまった」
    ようなMADですね。まぁウケたから良かったものの、もしウケなかったら、二度と
    「大河MAD」を作らない!…くらいの覚悟で臨んでいたのは覚えています。

    逆にウケたからこそ、「もっと色々な技術を身に着けたい。もっと色々な分野の
    動画を見て、今後の投稿活動のヒントにしていきたい」と思うようになりました。



    劇場版まどマギ予告風MADは僕がニコ動のアカウントを取得する前、
    と言うか、劇場版なんて話が発表される前から既にたくさん作られていたし、
    その殆どが「野生のシャフト」レベルだったので、最初は作る気ありませんでした。

    動画作成の1ヶ月ほど前に劇場版まどマギの公式HPが更新されたこと、「Fate/Zero
    2nd SEASON トレーラー」の構成が興味深かった事から、一気に創作意欲が沸きました。

    ただ今回も、MAD作成のために新たな技術もソフトも準備する気にはなれませんでした。
    職人の中には「このMADを作るために新しい技術、新しいソフトを用意する!」と考える
    人もいるでしょうが、僕は「今の自分に出来る技術で作り続けよう。技術不足を理由に
    制作を諦めるうちは、まだそのMADを作る時期じゃないんだ」と割り切る性格なもんで。

    ただこのMADを作るにあたり、色々な劇場予告風MAD、Fate及びまどマギMADを
    たくさん見ました。「今の自分の技術で、どうすれば予告版らしく見えるMADを
    作れるのか」を他のMADから学ぼうとしていました。この行為自体が技術と言えば
    技術かも知れませんが…。



    ブロマガの募集企画「みなぎってきた!曲を教えてください」
    http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni039614.html

    に便乗して作った動画です。募集企画がなければおそらく
    作らなかったハズ。画像なしの作業用BGMなので、技術的要素は皆無。

    企画に便乗するためにブロマガを投稿したいから無理やり動画を作ったと言う、
    今までとは異なるベクトルから創作意欲が沸いた例として挙げました。



    MADを作りたいと思っていたのは、第1話の時だけ。
    ウケてしまった事に気を良くしてシリーズ化しようと目論んだのが間違いだった。
    2話、3話…と各話MADを毎週作っているうちに「ああ、MADさえシリーズ化
    させていなければ切ってたな、このアニメ」と思うようになっていった。

    それでも、途中でMADを打ち切る事の方が嫌だったので、そこからは創作意欲よりも
    創作義務に駆られて毎週作っていた。後半は特に作るのが嫌で嫌で堪らなかった。
    もちろん義務感や使命感に身を置くことで、新しいネタや技術が思い付く事もあるだろう。
    でもそれだって、元ネタが面白ければの話。もしアニメ本編が自分好みの内容だったら、
    ユーザーの評価なんて気にせずに最後まで楽しんでMADを作り続けていたかも知れない。

    視聴して頂いた方、コメントを残してくれた方、マイリス登録して頂いた方、
    DCⅢ好きの方には大変申し訳ないが、今回のブロマガのテーマに則し、
    自己の投稿活動の失敗例としてこのMAD集を挙げました。スミマセン。


    さて結論ですが、冒頭でも述べたように、MAD職人に必要な心構えのひとつとして、

    今の自分が技術的に作れる動画と
    今の自分が意欲的に作りたい動画の
    違いを見極める目を養うこと!!


    これを掲げたいと思います。
    くれぐれも「創作義務 > 創作意欲」にならないように。

    ただ、その見極める目を養うためには、結局のところ色々な動画を見て、
    色々な動画を作って、色々なユーザーコメントに耳を傾けることを地道に
    続けていくしかないのかな…と思う今日この頃です。


    おっと蛇足ですが、「タマゴが先かニワトリが先か」の問いに「ニワトリが先だ」と
    答えた人がいたらしい。「ニワトリはタマゴから生まれるんじゃないのか?」の反論に、
    「だって『ニワトリのタマゴ』と表記することはあっても『タマゴのニワトリ』と
    表記することはないでしょ?だからニワトリの方が先だ」と返答したんだって。

    今回はこの辺で。そんじゃ♪
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。