僕はこのアニメを見た(2017春)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

僕はこのアニメを見た(2017春)

2017-07-08 00:00
  • 4
皆様こんばんは。

さてニコニコではこんな投稿動画イベントがあるのをご存知でしょうか?

AniPAFE AMV/MAD FESTIVAL in JAPAN 2017

※画像をクリックするとイベント概要ページにジャンプします

自分がGWに主催した「ANIMAAAD祭」が「タグロック&一斉生放送」
なのに対し、こちら(通称「AniPAFE2017」)は「タグロック&
一斉投票」となっています。つまり参加作品の中から自分が好きな作品や
内容が優れていると思う作品に投票して順位付けをするイベントです。

動画参加しなくても投票は可能ですし、「動画参加したいけど、
人と順位を争ったり、自分の動画が評価されるのはイヤだなぁ」と
言う人は「支援動画(=投票非該当)」として参加も可能です。

投稿受付期間:8/31(木)00:00 ~ 9/30(土)23:59
投票受付期間:10/1(日)00:00 ~ 10/15(日)23:59
結果発表:10/28(土)

不明な点は主催者にお尋ね下さい。





さて、春アニメの視聴が終わりました。
いつものように「まとめ記事」を致します。
またいつものように、独断と偏見で上位5作品を選出致しました。

3ヶ月前(2017年冬アニメ)のまとめ記事はこちら【ar1213286】

※以後キャスト・スタッフの敬称略
※コメント内容にネタバレもあります。ご注意下さい




第5位
該当作…なし!!





第4位
該当作…なし!!





第3位【兄に付ける薬はない!】


短尺アニメとしては申し分ない構成とストーリー展開。
雨宮天のコメディエンヌぶりにも磨きがかかっている。
GIFアニメのようなキャラの動きと中の人たちの
大真面目?な演技のミスマッチぶりが意外にもハマっていた。

最もリピート再生した作品。そして最も続編を望む作品。






第2位【月がきれい】


見ているこっちが恥ずかしくなるような思春期ど真ん中の
恋愛を軸に中学最後の1年間を丁寧に綴った心温まる作品。

とにかく主人公を演じた二人の新人声優が出色。
初々しさを残しながらも最後まで堂々とした立ち居振る舞いで、
そのキャラ属性通りに「突っ走って」いく演技が爽快でした。
この辺の「物怖じの無さ」ってのは最近の若者らしいのかな…。
※げ!いつの間にか「最近の若者」なんて言葉を…(老害w

また、メイン会話の後ろで囁かれている言葉や雑踏などの音声が
絶妙な音量で流れていて、それらの演出が非常に情緒溢れてました。

…なんだけど。エピローグは正直言って「いらなかった」。
ここは賛否あると思います。最近のアニメやドラマは
「(彼らのその後は)視聴者のご想像にお任せします」って
手法を嫌う傾向があるのか、視聴者側も「最後どうなったのか
ハッキリしてくれよ!」って考えている人が増えているのかも。
この作品に関しては自分は「エピローグ不要」だと思います。
エピローグ直前で締めていたら間違いなく春アニメ1位でした。

どうせエピローグ描くなら「担任と生徒のその後」を見せてくれよww






そして…

そして……

栄えある第1位は………







第1位【リトルウィッチアカデミア】


3ヶ月前(前半クール)に「TRIGGERの作画と演出に救われた感じ」と
コメントしましたが、今期(後半クール)になってようやく設定や
ストーリーが追いついたような雰囲気がありました(良い意味で)。

「キルラキル」「宇宙パトロールルル子」のように、最近のTRIGGERは
脳筋ヒロインを画面いっぱいに暴れ回すことにハマっているようでw
それが「魔法少女」というメソッドと見事にマッチしていました。
最終話はずっとファンタジー&アクションの洪水を浴びたような感覚で、
久々に自分の涙腺も決壊しましたw

ウン。これは先行公開された劇場版のDVDを近日中にでも
レンタルせずにはいられないな…!(←それ別アニメw

※この記事を投稿する前にレンタルDVD視聴終えましたww






ではここで、それ以外に視聴完走した作品、及び継続視聴中
(又は続編確定)のために評価を先送りしている作品について。
※数字、アルファベット、五十音順



【ID-0】

自分が敬遠しがちな「SF、ロボットもの」だったけど、
視聴完走できました。各回終了後の寸劇?で設定や専門用語を
解説してくれたこと、ロボットキャラが非常に人間臭かったことが
良かったのかも知れません。物語終盤で主人公のライバルが
無駄に話を引っ掻き回してスケール膨張させたせいで、
少し置いてけぼりになったと言うか、緊張感が無くなったのが
残念ですね。それまではそこそこ良かっただけに…。





【Re:CREATORS】※継続視聴中

ウン。なかなか面白いです、これ。序盤は主人公のグズっぷりが
イヤでしたが(←だからストーリーが成立したんだけどw)。
でも今日のラノベ界隈や深夜枠のアニメなどに多少の免疫がないと、
あっと言う間に「視聴者置いてけぼり」になりそうな設定ですねw

メテオラちゃんによる「状況・設定説明」と、各キャラが
繰り広げるアクションとのバランスが今のところ非常に良い。
あとはこの手の「設定・世界観改変もの」にありがちな
「最後は設定無視で何でもアリの予定調和でハッピーエンド」に
ならないことを祈る…。





【アイドルマスター シンデレラガールズ劇場】※続編確定

作画や構成に関しては「ぷちます」で免疫が付いていたので
問題ありませんでした。346プロの人気キャラ(有名キャラ)の
エピソードを短尺アニメの枠内で網羅しようとしたために、
各エピソードが散漫になってしまった印象がある。
特に第13話は「あれが締め(最終回)でいいの!?」って
思ってしまいました。





【アリスと蔵六】

なんか色々と「もったいない」まま視聴完走した感じでした。
キャラの個性も豊かだし、世界観や設定も全然悪くないのに…。
ず~っと見ていて「これもっと面白くなるんじゃないの!?」って、
ちょうどヒロインの言葉を借りれば「モシャモシャ」していました。
自分の表現力が乏しいため「何が、どのように」ダメだったのか、
上手に説明できませんが…、うん、やっぱ「もったいなかった」。





【エロマンガ先生】※続編確定

女の子キャラは終始可愛かったです。
設定に関してはツッコミ通り越してファンタジーのレベルだったので、
ストーリーに全く感情移入できませんでした。それでも最終話まで
飽きずに視聴完走したんだから、それなりに魅力はあったんでしょう。





【クロックワーク・プラネット】

う~ん…。戦う規模が大きくなるにつれて緊張感が
無くなっていく、お約束のパターン展開でした。
ナンジョルノ(南條愛乃)のショタ声が聴けたのは収穫。

余談だが、ストーリーや設定は全く関係無いと分かっていても、
タイトルから半世紀近く前の名作「時計じかけのオレンジ」を
思い出したのは自分だけではあるまいw






【サクラクエスト】※継続視聴中

過去のP.A.Worksによる「お仕事アニメ」と比べると、
舞台や状況が地味なのは否定できない。ストーリー展開も
過去2作品より遅く感じてしまうのも仕方ないのかな。
これ単品で捉えれば無駄なシーンや演出はあまり見られないと
感じるんだけど…。後半の巻き返しに期待したい。





【進撃の巨人 Season2】※続編確定

1クールで終わってしまったことに肩透かし。
本当はこれ、2クール放送したかったんじゃないのか!?
それが出来なかったことに、色々と「大人の事情」を
勘繰らずにはいられない。

1期に比べると、背景や世界観を広げ過ぎたイメージがあり、
自分のような原作未読組が「置いてけぼり」になる展開に。
3期は早くても半年後だが、その頃までテンションをキープ
できるか、また2期の設定を回収できるのか、チョット心配。





【正解するカド】

SF部分の設定やデティールに関しては近年では稀にみる出来。
萌えやギャグやアクションに頼らなかったのも好印象。
視聴者がストーリーに付いて行ける、尚且つ間延びしない演出で
飽きさせないギリギリのテンポが非常に良かった。

とはいえ結末だけで振り返ったら、結局主人公は「もらい事故」に
会ったとしか思えない。でも他の誰よりも貴重な体験をしたのだから
それはそれで彼も本望だった…のかな?
自分は主人公のラストに「そりゃないよ~!」って思っちゃったけどw
「話の着地点」さえ自分好みだったら上位5作品に入ってましたね。





【つぐもも】

ギャグ、萌え、お色気、アクション、これらのバランスが
非常に良かったと思います。「憑き神」という日本人好み?の
オカルト要素が、テンポ良い演出のおかげで下手にドロドロしく、
また無駄にファンタジックにならずに済みました。

「主人公が一人前になる過程」を縦軸にして、各エピソードを
1~2話で締めていたのも、飽きずに視聴完走した理由かも。
総じて「難癖付けずに楽しめた作品」でした。





【信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇】※継続視聴中

半年前から述べていることだが、相変わらずギャグと史実の
バランスが素晴らしい。ここまで見てくると「本当に信長には
密偵が仕えていたんじゃないか?」と思わずにはいられない。
いや、きっといるだろう。家康に服部半蔵が仕えていたのは
余りにも有名だし、いわゆる古今東西あまたの「天下人」にとって
情報収集は何より重要だろうから…。

おそらく今期(7~9月)で終了すると思われる。
ここからの史実は正直「暗いモノ」しか残ってないw
(浅井家との決別、比叡山焼き討ち、本能寺など)
どうやってギャグを織り交ぜていくのか見物である。





【ひなこのーと】

ヒロインの「隠れ巨乳」は嬉しい誤算。
大家さんの「おっとりしたキャラ設定」は自分にはムリでした。
「30分×1クール」の放送でしたが、この内容なら
「2時間×1本」の特番扱いで充分だったような…。
釣れるモノが無いよりマシかも知れませんが、
キャラクターの可愛さで釣られた作品でしたね…。





【武装少女マキャヴェリズム】

第1話視聴後に結末が何となく予想できちゃいました。
だからこそ特に驚きもなく淡々と視聴完走したのですが…。
「剣カタ」も「コミカル」も中途半端な印象でした。
最初に攻略したヒロインが結構好みだったんだけど、
他のキャラにもまんべんなくスポットをあてた結果、
却って各エピソードが薄くなったように思います。
CV藤田咲が「凶暴なクマ」を演じていたのが面白かったw





【僕のヒーローアカデミア(第2期)】※継続視聴中

1期の頃は主人公のウジウジ具合にややゲンナリしていましたが、
話が進むにつれ実力も付いていき、今期はフツーに視聴できました。
主人公だけじゃなく周りのクラスメートたちのドラマもあり、
より一層彼らの能力(=個性)が確認しやすくなりました。

余計な事だが、放送枠がTBS系列から日テレ系列になったのは
何か事情があるのだろうか…(アニメ制作会社は変わってないのにw)





【恋愛暴君】

(継続視聴を)いつ切ろう?いつ切ろう?…と思いながら
結局最後まで見てしまった。個人的にはヒロイン(悪魔の娘)の
キャラクターやCV青山吉能による「少し鼻に引っ掛かるけれど
聴き取り易い声」に魅力を感じました。

ストーリーの着地点も今期視聴完走した作品の中では上位。
またCV小野賢章のキャリアでは珍しい「ツッコミ役」が
今作品では楽しめたのも収穫でした。





【ロクでなし魔術講師と禁忌経典】

この記事を書く前からあちこちで聞かれたように、
第2話がピークで、以降の話は「う~ん…?」って感じでした。
それでも失速ってほどではなく、ちゃんと(ちゃんと?)
ラノベ原作アニメとして完遂していたと思います。
一部では過去のテンプレ作品を挙げて「さすおに落第騎士ワルブレ
魔装学園とっくり難民救済アニメ」とか言われてたとかなんとかw

2期を匂わせるようなエンディングでしたが、本当にあるのかな?






以上、視聴した春アニメは19作品でした。
テレビ再放送及び動画配信サイトによる一挙放送、
またMAD作成やDVD/BDの購入及びレンタルの参考になれば幸いです。

巻末グラビアは♡♥春アニメで入籍した嫁キャラ♥♡


♡♥鬼瓦輪@武装少女マキャヴェリズム♥♡



千寿ムラマサ@エロマンガ先生♡



♡♥システィーナ=フィーベル
@ロクでなし魔術講師と禁忌経典♥♡



そんじゃ、また☆

広告
×
記事制作おつです。

個人的にアニメが最近見れてない中、ヒロアカ2期は見ており、記事の通り、1期はうじうじ感が嫌いでしたが、2期は普通に楽しめる展開が多くなってきて、かなり好きな作品になってましたなぁ。

さて、放送局が変わったのは、単純に、日曜夕方5時枠がTBS系(関西はMBS)がなくなったのと、ジャンプ側からすれば、深夜枠ではやりたくなく、夕方、子供がみれる枠での放送希望、さらに日本テレビ(関西は読売)の土曜夕方17時半枠で放送できる作品が欲しかった・・・ここが重なってたからじゃないでしょうか?

ちなみにですが、この2期が開始する前から関西では読売テレビにて、ヒロアカ1期を深夜に毎週放送されていたので、関西の人は普仏に全部同じチャンネルで全部みれた・・・という感じになってます( ^ω^)
36ヶ月前
×
>>1
コメントありがとうございます~。

冬期、そして春期と、視聴作品が20本を切りました。
似たような作品(=ネタ切れ?)が増えているせいなのか、
自分も評価及び差別化するのが難しくなっています。
その影響か、春期は採点がやや厳しめになりました。

複数の放送枠ってことですと、TBSで木曜金曜の深夜アニメ
(計4作品)は翌土曜の深夜にBS-TBSで再放送しています。
さらに今期は「異世界食堂」がテレ東とBSジャパンで
合計2回放送しますね(ここも同系列)。
36ヶ月前
×
イベント紹介ありがとうございます!
リトアカは納得! 映画も面白いですよ! 映画の方が当たり前ですが作画良いので、私はMAD作るなら映画版!(楽だしw
36ヶ月前
×
>>3
リトアカは東京アニメセンター(秋葉原)でTRIGGER展を
やっていた時に知りました(その時は「キルラキル」目的でしたがw)。
劇場版はクラウドファンディングによって資金を集めたんですね。
どうりで予算が潤沢で作画が良かったワケだw
36ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。