新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MAD制作痴話「アニメ最萌2013決勝トーナメント」その①

2013-11-25 23:58
    皆様こんばんは。

    この記事を書き始めている頃(午後8:30)、
    窓の外では時折強い風と雨音が鳴り響いています。
    ここから一気に冬の冷え込みが増すのでしょうか…?



    さて、先日投稿した動画について。


    以前もブロマガに書きましたが、自分は「最萌」という
    コンテンツを通じて、各ユーザーが1年間のアニメや
    キャラを思い返したり、ネット上で情報交換しあったり、
    該当作品をリアルタイムで視聴していた頃を
    振り返る場であればいいなと考えています。

    そこで今回は、動画の制作過程を説明しながら、
    素材対象の16キャラ・10作品についての思いを
    gdgd語っていこうかなと…

    ※決勝トーナメントを「決勝T」と(ry
    ※キャスト・スタッフの敬称(ry



    【西住みほ@ガールズ&パンツァー】

    いきなりスミマセン。オンエア時期(2012年秋期)、
    このアニメに対する自分の評価は「最低」でした
    ストーリー・キャラ設定・キャラデザ・作画などなど、
    その殆どが自分好みで、毎週楽しみにしていたのに、
    2度も原稿落としやがった!!
    ※原稿を落とす=締め切りに間に合わないこと

    結局2度の総集編を見せられ、間に合わなかった2話は
    翌年の3月に2週連続放送した始末。アニメに対する
    熱も冷めて、当時考えていたMADネタもボツにしました。

    今回の動画作成にあたり、1話から一気視聴したことで、
    ようやく「ああ、やっぱり面白いアニメだったなあ」と
    思う事が出来た次第です。

    個人的に使いたかったシーンは以下の2ヶ所。


    上:アンコウ踊り。
    下:命綱一本で戦車に飛び移るシーン。

    西住みほ=主人公なんだから、さぞかし名セリフ&名場面が
    多いだろうと意気込んで探していたのですが…。
    意外と少なかったですね。それこそ周りのキャラが名セリフを
    発しているのを横でウンウンと頷く表情ばっかりで…。
    動画に用いたセリフも、8~9話に続く1シーンのやりとりを
    無理やり3個に分けたものです。
    ※こういう時、MAD職人としては、意地でも異なるシーンから
     セリフを抜き出したいって思っちゃうもので…。



    【羽瀬川小鳩@僕は友達が少ないNEXT】


    やっぱりと言うべきか、1期のほうが面白かったですね。
    2期後半になるにつれて、主人公の「え?なんだって?」が
    ムカムカ・イライラを増長させる事に…!

    自分の場合、1期では圧倒的に柏崎星奈推しでしたが、
    2期の内容だけだったら志熊理科推しです。

    小鳩のセリフは中二病の時(レイシスなんちゃら)と
    ブラコン丸出しの時の2種類を選ぼうと決めていました。

    2期での小鳩はゴスロリ衣装ばっかりだったので、
    動画としての面白みはあまり無かったかも…。



    【四糸乃@デート・ア・ライブ】


    オンエア時期(2013年春期)は、1話で切ってました。
    理由は「第2話の録画に失敗したから」。…で、手持ちの
    録画データの第3話から一気視聴しました。
    でも四糸乃が登場するのは第4話からだったんですねw

    セリフは四糸乃の時とよしのんの時のものを抽出
    ここは2通りのセリフを出さないとキャラが
    見えて来ないですもんね。

    ただ四糸乃のように動きの少ないキャラは、
    動画が作りにくい。先に述べた小鳩よりも
    メリハリの無い出来になってしまったかも…。

    ちなみに本作品、アニメ続編も制作予定だとか。
    今度こそ継続視聴してやる!



    【沖田紗羽@TARI TARI】


    自分の中では「2012年ベストアニメ作品」。
    素材・セリフ抽出を忘れて見入ってしまう事が多々あり、
    最後の飛行場のシーンでまた泣いてしまった…。

    良く動くキャラなので、動画作りは困らなかったが、
    いかんせん名セリフも決めセリフも見付からない
    そこで田中に協力?して頂く形で、最終話のセリフを
    ほぼそのまま抜き出しました。

    決勝Tの動画に「続編作らないでほしい」と
    ユーザーコメントがありましたが、激しく同意です。



    【湊智花@ロウきゅーぶ!OAD「智花のいちごサンデー」】

    …何度も言いますが、素材抽出のために
    わざわざPSPソフト初回限定版を買うハメになりました


    OADの前半部分(約10数分)はニコチャン配信されているので、
    なるべく後半部分から素材を抽出しようと思っていたのですが…。
    結局「昴の公開セクハラ」「庭でバスケ」の2シーンだけになりました
    (顔面ぶっかけシーンも面白かったけど、構成上ボツにww)。



    確かバスケのシーンは30秒も無かったような…。



    【わたし@人類は衰退しました】


    妖精さんを含むキャラデザ・作画が自分好みじゃなかった点、
    ストーリー設定が自分の意識レベルを超えていた点などから、
    この作品は序盤で切っていました

    今回改めて一気視聴したのだが、やはり話が難しすぎるww
    ヒロインにおいては、実際に発しているセリフはもちろん、
    心の中のセリフも膨大にあって、どれが決めセリフで、
    どれが名セリフなのか、訳
    が分からなくなっていきました

    唯一良かったのは、CV中原麻衣の声がツボだったところか。
    おそらく今回、動画作成に一番時間のかかったキャラだと思う。



    今回はここまで。合計6キャラ・6作品の記事でした。
    つまり「決勝T進出キャラが1名の作品」に絞って
    採り上げてみました。

    次回は「複数のキャラが決勝Tに進出した作品」、
    計10キャラ・4作品を採り上げます。

    そんじゃ、また♪♪

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。