新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

僕はこのアニメを見ない(2014春)#5

2014-04-22 01:35
    皆様こんばんは。

    前回のブロマガで「勤務先のPCを修復する」ことを話しました。
    結局XPの回復とはいかず、自分のサブコン(Win7)から余計な
    部材を外して付け替えた形になりました。月曜の午前中は各種
    ソフトのインストールと旧HDDデータの引越し作業に追われ、
    自分の仕事が全然できなかったぞ。明日は残業だ、こりゃ。

    さて「僕は~見ない(2014春)」#5です☆
    ※以後キャスト・スタッフの敬称(ry



    ノーゲーム・ノーライフ


    ネットゲーム上で都市伝説になるくらいの無敗を誇る兄妹が、
    神を名乗る少年によって異世界へと召喚されてしまった。
    そこでは一切の争いが禁じられ、全部ゲームで決着を
    付けるように決められていた。ゲーマー兄妹にとって
    この境遇は吉なのか、凶なのか…?
    ※公式HPの紹介文と内容がカブってしまった。スミマセン。

    OP曲は鈴木このみ。やっぱ彼女は上手い♪♪♪
    兄妹のCVはそれぞれ松岡禎丞・茅野愛衣
    加えてスタッフの殆どは「さくら荘のペットな彼女」組。
    さくら荘は面白かったなぁ(変なケチがついたけどね)。

    「マンガ家さんとアシスタントさんと」と同様、ここでの
    松岡禎丞も裏声交じりのテンション支離滅裂な演技を見せる
    褒め言葉として敢えて一言「松岡さん仕事しましょう。」

    そして最近はしっとり系の演技が多かった茅野愛衣が、
    ここでは「さくら荘」のましろ「あの花」のめんま
    ような「ハスキー可愛い癒し声」になっている。しかもED曲まで
    歌ってくれちゃうなんて、ああ…耳がシ・ア・ワ・セ…♡♥
    まあおかげで「彼女がフラグをおられたら」との
    リレー視聴が出来なくなったのだが…。

    でも松岡禎丞に関しては、敢えて「マンガ家さんと~」との
    リレー視聴するのもアリかも知れないww
    「マンガ家さんと~」の視聴レビュー記事
    http://ch.nicovideo.jp/ettirgam2/blomaga/ar504176

    もし自分がこんな世界に召喚されたら…。
    多分、半日で身包み剥がされて一文無しになって、
    その後はゲームが強そうな人の後ろを金魚のフンみたいに
    ついて行くかもしれないなぁ。



    【極黒のブリュンヒルデ】


    ニコチャン配信の動画説明文が的確だったので、
    抜粋・編集して記述します。

    高校生の村上良太(CV逢坂良太)は、10年前に死んだ
    クロネコという女の子の死を自分の責任だと深く感じ、
    罪滅ぼしとして彼女の代わりに宇宙人の存在を証明すべく、
    天文部で1人活動をしていた。
    そんなある日、クロネコにとても似ている少女・黒羽寧子
    (CV種田梨沙)がクラスに転入してくる。


    最近は早見沙織だけじゃなく、CV種田梨沙ってだけで
    ヒロインに
    恋をしてしまいがちですが、今作品の黒羽寧子も
    例外ではありません。身体と精神は年齢相応、でも学力は
    小学生以下、そして自分を「魔法使い」と名乗るような
    「ギャップ萌え」にキュンキュンしています♡♥
    ※「学力は小学生以下」に関しては、優秀な職人が
     挙ってMADを制作・投稿していますね。

    OP曲はインストゥルメンタル。珍しいだけじゃなく、
    画像もなかなかスタイリッシュな雰囲気が漂うが、
    少しテロップが見辛いと思った。
    ED曲は種田梨沙を含む出演女性声優4名が歌っている
    結構好きかも♪

    思わず引き込まれそうになるストーリーってワケじゃないが、
    ヒロインの魅力に惹かれて見続けるかも



    【弱虫ペダル 第3クール】


    半年前の第1クール(2013年10月~)から継続視聴中。
    第3クールの第1話(累計で第26話かな?)は、
    インターハイ1日目の第2区間である山道に突入しようとした矢先、
    主人公(CV山下大輝)が集団転倒に巻き込まれて…。

    今回も安定したストーリー・作画なのだが、自分の興味はむしろ
    Cパートにシフトしている。今泉(CV鳥海浩輔)がどんどん
    アニオタに染まっていく過程が、もう…www

    地上波放送では、必ず同作品のミュージカル(舞台劇)のCMが流れる。
    ハンドルだけ握って歌い踊る様子は、ちょっとシュールwww
    さすがにそっちは見たいとは思わない…。

    過去2クールの視聴レビュー記事
    http://ch.nicovideo.jp/ettirgam2/blomaga/ar360395
    http://ch.nicovideo.jp/ettirgam2/blomaga/ar430818



    【棺姫のチャイカ】


    戦乱の治まった大陸で、現在で言うところのニートのような生活を送る
    主人公(CV間島淳司)。ある日、森の中で棺を担いだ少女に出会う。
    棺の中には、魔術師である証の銃が仕込まれていた。「あるもの」を
    探して旅をしていると話す少女(CV安済知佳)。彼は働き者の
    妹(CV原優子)と一緒に、旅のお供をすることになったのだが…。

    作画・キャラ設定も悪くないのだが、ヒロインが術式に則り銃を
    放つくだりは、若干間延びした感じがした。ついでに言っちゃうと、
    個人的にはこのヒロインに感情移入できないかも。
    ストーリーは悪くないだけに、チョット残念。



    【金色のコルダ Blue♪Sky】


    元ネタは2003年に登場したPC用ゲームソフト。
    過去に2度アニメ化されていて、今回の「Blue♪Sky」は
    2010年にPS2とPSP用に発売された「金色のコルダ3」を
    アニメ化したものらしい。

    ゲーム紹介文には「女性向け恋愛シュミレーションゲーム」
    書かれているし、公式HPの紹介文には
    「ひと夏の音楽コンクールに全力で挑む12人のイケメンと、
    1人の少女の甘酸っぱい『青春×音楽×LOVE!?』ストーリー」
    と書かれています。ただ第2話まで見たけれど、文章通りの
    逆ハーレム展開はありませんでした。男キャラは確かにイケメン
    だったけど12人揃ってなかったし…(徐々に登場するかもね)。
    むしろ逆ハーレムを希望するなら「神々の悪戯」を勧めます

    残念なのは、さっきレビューした「棺姫のチャイカ」と同様に、
    ヒロインに感情移入できない。つーか可愛いと思えない。
    ぶっちゃけこのヒロインとエッチしたいと思えない

    やはりアニメ視聴において「いかにヒロインをprprするか」
    重要ポイントのひとつとして絶対にハズせませんね。



    はい、今回はここまで。
    巻末グラビアは「極黒のブリュンヒルデ」から…

    ♡♥黒羽寧子♡♥


    うぅ…ふつくしい…prprpr♡♥
    そんじゃ、また♪
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。