MAD制作痴話「農協牛乳」その⑥終
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MAD制作痴話「農協牛乳」その⑥終

2014-09-30 01:19
  • 2
皆様こんばんは。

この記事を書いている間に日付が変わりましたね。
えー、9/30は僕の姉の誕生日です。
Happy Birthday, 姉!
…少年隊の東山紀之さんの誕生日でもあります。

さて「MAD制作痴話その⑥」です。






【0:00~0:49】アバン(尻 ~ こまちゃん)
【0:49~0:53】ブレイク①(こまちゃん腹太鼓 ~ ドラムロール)
【0:53~1:05】ダンス①(WUG ~ 虹野ゆりか)
【1:05~1:10】ブレイク②(ハリセン ~ 子孫終了)
【1:10~1:45】ダンス②(プリパラ ~ 脱衣)
【1:45~1:55】ブレイク③(男の裸 ~ もこっち)
【1:55~2:45】バケツリレー(ギター ~ 琴石なる)
【2:45~3:35】ダンス③(アイマス & ラブライブ)
【3:35~3:45】締め(笑い声 ~ STOP!)


ようやく説明パートも「ダンス③」「締め」を残すのみ。
…動画本編を見た人は気付いていると思いますが、この部分って
技術らしい技術もセンスらしいセンスも皆無なんですよね、実はw
なので、(今度こそ)説明を手短に切り上げられそうだ…!



順番が前後しますが、「締め」パートの説明から。
理由は「アイマス&ラブライブ」よりも先に編集が終わってたので。

キャラが高笑いするシーンのオーバーラップは
もう見たままの状態ですので、解説は割愛します。




一番最後の「STOP!」を誰に言わせるか?
この動画の最大の悩みどころでした。
候補に挙げたのは以下の3タイプ。

①「ああ、このキャラが締めなら納得だよね」と思われるような
 知名度も影響力もあるキャラ ※中の人も含む

②「お前が締めるんかい!?」とツッコミ不可避のネタキャラ

③「誰だお前!?」と別の意味でツッコミ不可避のモブキャラ

…さらに自分の中でもうひとつ、キャラ選びに「縛り」をかけました。
「そのキャラが出ている作品素材を、別の場所で使わない」
つまり、締めキャラの作品の登場は、その1カットだけにしようと
決めたのです。そのほうがインパクトあるかなと思って…。

そんなワケで、あのキャラの「STOP!」で動画を締めたのですが、
まぁそんなに悪い選択じゃなかったと思います。
※ここでは顔見せNG。動画にて確認して下さい



実際の動画編集で、一番最後に残ったのは「ダンス③」パート、
つまり「アイマス&ラブライブ」でした。すでに両アニメの
ダンス&ライブシーンの抽出は終わっていて、「どんな順番で
並べていこうかな~♪」と思考を巡らせるハズだったのですが…。

この時点で時刻は9/15の午後8時過ぎ。
エントリー締め切り(9/16のAM5:59)まで10時間を切っていました。
しかも翌日は仕事だし、この年で徹夜はしたくない(…出来ない)。
最終エンコと投稿手続きに必要な時間を加味すると、編集に充てられる
残り時間はおよそ4時間。

もう「どんな順番で~♪」なんて余裕はありませんでした。



この部分は全部で28小節あるのですが、空耳(農協牛乳)部分は
12小節目と16小節目。ここにタイミングを合わせる事を意識して、
最初の16小節を4小節ごとに区切り、「アイマス→ラブライブ→
アイマス→ラブライブ」と交互に登場させました。
※原曲では最後の爆発音までは計40小節あります。

1小節目と5小節目のセリフ「I'm gonna kill U(お前を殺す)」が
空耳で「雨が降る」に聞こえる(らしい)ので、5~8小節目の
ラブライブでは1期第11話の「No brand girls」を使いました。
アニメ本編では雨の中で屋外ステージだったんですよね。

ううぅ…画質悪い…。レンタルDVDなんだけどなぁ…



2度ある空耳部分(農協牛乳)をどうするか?
ここも一番の悩みました(当たり前かw)。

一応その部分だけ、別アニメの「牛乳」に該当するシーンを
カットインさせる準備もいくつか用意していたのですが…



「踊っているメンバーに口パクさせたほうが面白いんじゃね?」
と急に考えを変えました。さてそうなると「誰に口パクさせるのが
一番面白いかな?」と考えるワケでして…。

まぁ両アニメの「歌担当キャラ」を選ぶのが無難かなと思い、
アイマスからは如月千早、ラブライブからは西木野真姫
最初は選んでました。

注意:この時点で時刻は9/15の午後9時過ぎ。

アニメ本編で千早が歌うシーンには、感動的な部分が2ヶ所あります。
第20話:メンバーに見守られながら、トラウマを克服して歌い切る。
第21話:961プロの妨害を受けながらも、アカペラで歌い切る。

…当然、最初はこの2シーンを使おうと思ってたんだけど、
その時は締め切り時刻ばかり気にして焦っていたんでしょうね。
どう編集しても口パクが合いませんでした。
※時間に余裕があれば多分出来たんじゃないかと反省

結局、第25話のED動画を編集(拡大&移動)して作りました。


…う~ん、これでもリップシンクがイマイチでしたね。



ラブライブのほうは2期第9話の「Snow halation」から。
サビの部分で穂乃果のドアップ&熱唱があったので、
試しに逆再生で口パクさせたらドンピシャでした♪

…と言うワケで、真姫ちゃんの採用は却下。


注意:この時点で時刻は9/15の午後10時過ぎ。

さて残り12小節。両アニメの残っている素材を使って、
「アイマスとラブライブによるダンスセッションorダンスバトル」
みたいな、カッコイイ雰囲気の編集を考えていたのですが…。

大事なことなのでもう1度。
「この時点で時刻は9/15の午後10時過ぎ。」

…もうね、どうアレンジしようか全然頭が回らないんですよ、ハイ。
別のシーンを探すためにアニメ本編に戻る気力も時間も無いし…。

苦し紛れに思い付いた唯一の編集方法がこれ。
「音ハメ&カットバックでアイマスとラブライブを交互に登場させる」

…これらを経て、ようやく動画が頭からお尻まで繋がりました。
注意:この時点で時刻は9/16の午前0時過ぎ。



動画作成期間:約2ヶ月
※素材抽出:約5週間
※動画編集:約3週間

今回、初めて本格的?な複合MADを作ってみた感想ですが…。

素材を詰め込もうと思えばいくらでも詰め込められるし、
手を抜こうと思えばいくらでも省くことができる。
だからこそ、ある程度自分の編集技術及び作業に費やす時間を
把握していたとしても、どのくらいの期間で動画が完成するのかが
全く予測できなかった

本末転倒かも知れないが、今回、複合MADを完成させることが
出来たのは、ひょっとして「締め切りがあったから」かも知れない。
もし投稿期間に制限が無かったら、ず~っと素材抽出ばっかり
していて、いつまで経っても動画編集しなかったかもw


やっと、やっと、MAD制作痴話が終了しました!
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます!
一連の記事作成期間:約2週間

次回の記事は「僕はこのアニメを見た(2014夏)」を投稿予定です。
これから周回遅れのアニメを見るんだけどねw

そんじゃ、また☆



<主催者からのメッセージ>
10月12日(日)23:00より、
ニコニコ生放送にて結果発表予定♪♪




…あ、先日出したクイズに答えるの忘れてた。
「使用回数が最も多かったアニメ作品は?」



答えは「のうりん」でした(計6回登場)!!
広告
×
お姉さま、誕生日おめでとうございますwww
お姉さま思いなのですねw 萌えます!w 素晴らしい!w

しかし、千早www
ギャグとしては当然似合わないキャラ選びますよね、うんw 致し方ないw
真姫ちゃんのバージョンや、牛乳のバージョンも見てみたかった気がしますが、うんw 致し方ないw

そう言えば、のうりんはこう言うMADには使い易そうですねw 気が付きませんでしたwww
68ヶ月前
×
>>1
「のうりん」はキャラの濃さも相俟って、本編そのものがMADのような
シーンが多かったですね。そのせいで「本編丸上げ動画」ばかりが
目立ってしまい、肝心の「のうりんMAD」が少ないような気がします。
結構「深刻な素材過多」なので、定番曲(おじゃ魔女、気分上々など)と
合わせ易いと思うのですが…(誰か作ってオナシャス)。
68ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。