ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 【艦隊これくしょん】E-2甲難易度攻略

    2019-05-26 18:04

     日曜日になってようやく落ち着いてイベントの攻略ができるようになりました。久しぶりのブロマガ更新だぜ。

     で。早速の本題ですが、そこかしこで「序盤の壁」「過去最高難易度のE-2」みたいな話を聞くので、攻略の一助になればと思い、自分の攻略編成をさらしてみます。
     ついさっき攻略したばかりなうえ、E-4~E-5の情報をあんまり仕入れいていないため、粗も多いかと思いますが参考までにどうぞ。(輸送作戦の攻略に関しては省きます)




     基本となる編成は戦艦1駆逐5の上ルート最短編成。全隻坊ノ岬沖海戦の面子で組むことで対ボス火力の底上げを狙います。同時に道中の強烈な空襲を乗り越えるため、各艦に可能な限りの対空装備を搭載することが肝要になるでしょう。

     具体的な編成はこちら。




    ※キラ付けはもちろん全艦に。削り段階からすること推奨。また、もしこの駆逐艦の中で誰かを後半に残したいと考える場合、優先度が最も高いのはポリバレントな霞になる。次点でE-3特攻持ちかつ魚雷カットイン役として特化できる初霜。そして彼女らの代わりに投入するなら現状は雪風が適任か。磯風は後半の情報次第。


     艦隊の対空の要は「涼月」。ガチガチの対空装備でカットインを狙います。このカットインを邪魔しないためにも、僚艦は全て対空重視しつつもカットインが発動しないような装備にする必要があります。
     旗艦に置いているのはカットイン発動のお祈りみたいなものです。確か旗艦でも僚艦でも発動確率自体に差はなかったと思ったので、入れ替えるなら霞or朝霜と位置変更するといいと思います。
     また、道中の空襲が非常にキツいため、涼風がいなくとも、秋月型の誰か1隻はここで投入したいところです。逆にここで切れる秋月型が誰もいない場合、この編成での甲難易度攻略はかなり神頼みに近いものになってしまうかと思われます。そうなったら、こちらとは別の編成パターンを考えることも必要でしょう。

     「霞」は改二乙まで行くと高角砲+機銃でカットインが発生してしまうので、涼月のそれを阻害しないように機銃は無しで。改二で止めておけば発生しないので、この編成で行くのなら霞は改二にコンバートし、そのうえで増設スロットに機銃を搭載するのがベターだと思われます。
    改二乙で行くのであれば、増設スロットはあまり必要とは言えないですね。

     4番艦の位置に「大和」を置いたのは、どっかの検証で「警戒陣」において最も狙われやすいのが4番艦である、みたいな結果を見たような気がしたためです。うろ覚えなのであまり気にしなくてもいいかも。その場合、大和は艦隊最後尾に置くのがベターでしょうか。
     制空権を投げ捨てているため、大和には索敵機を搭載する必要がほぼありません。自分は命中率の上昇と対空値、また具体的な索敵要求値がわからなかったので、それを稼ぐことを目的に電探を搭載しました。
     もし索敵要求値がこの電探無しでも満たされるのであれば、「増設バルジ」なんかも装備候補になってくるんじゃないかと思ってます。装甲が130以上もあると、大和が道中大破する確率はほとんどないですし、ボスになっても夜戦まで中破未満で残ってくれることが増えるので。大和が十分に夜戦火力を発揮できる状況を整えることは、スムーズに攻略するために頭に置いておきたいポイントと言えるでしょう。

     トリは「初霜」ですが、個人的に魚雷カットインは道中の大破撤退が多くなりそうでキャンセルしました。画像では大破しているため結局できませんでしたが、中破以上にならなければ夜戦火力もそれなりに確保できるので。
     さすがにワンパンとはなかなかいきませんので、回ってくるまでに十分相手耐久値を減らすことが求められますが、そこのあたりはどっちを選択するかの問題になってると思われます。
    仮に魚雷カットインを求めるのであれば、魚雷ガン積みにして増設スロットに機銃か女神を搭載するのが良さそうです。



     基地航空隊の編成は以下の通りです。こちらはゲージ破壊する際のもの。第一航空隊は行動半径を7以上確保しボスへ。第二航空隊は陸攻でそろえてボス前に派遣します。
     見ていただけるとわかりますが、第一航空隊に偵察機は不要です。行動半径が素で7あるので。よってこの場合、偵察機を銀河等の強力な陸攻にする方が良いかと思われます。


    ※ボスへの火力と到達率を両立しようとしたもの。特に戦艦1駆逐5の編成では、ボス前が大きな鬼門となりうる。よりボスへの火力を確保したいと思うのであれば、第二航空隊をボス前とボスに分割派遣するのも一つの案である。ボスへ派遣するのであれば、戦闘行動半径7以上を確保することを忘れないように


     また、ゲージを削る段階では第一航空隊を制空特化編成にして空襲マスへ分割派遣。第二航空隊は同様にボス前に派遣するとよいでしょう。特に空襲マスへの分割派遣は、ボスへの到達率を上げるために非常に重要だと思われます。自分は、これのおかげかはわかりませんが、削り段階での空襲による撤退は皆無でした。
     参考までに撤退要因をカウントすると、潜水艦による魚雷事故1、ゲージ割段階での空襲大破1のみです。後は3回ほどボスで敗北をくらい(削り段階1、破壊段階2)、合計出撃回数10回ちょっとで突破となりました。



     道中における陣形ですが、基本通りでいいと思われます。
     すなわち、空襲は輪形陣、潜水は単横陣、砲戦は警戒陣。自分は攻略中、ほぼずっとこの形を維持していました。

     支援は当然のごとくフル支援で行きましょう。削り段階から道中、ボスの双方へ支援を出すことをお勧めします。
     道中支援艦隊は全艦キラ付け。基本的に警戒陣で突破するため重要度はそこまで高くないですが、可能な限り事故を防止するためにやれるだけやりたいところ。省くのであればここでしょう。ただし、この場合ボス前への基地航空隊派遣の重要度が相対的に上昇します。
     ボスへの支援は旗艦さえキラがついていれば十分ですが、可能な限り全艦へのキラ付けを推奨です。命中率が目に見えて違ってくるので。




     以上です。
     つたないものですが、少しでも参考になれば幸いです。

     イベント開始から一週間。時間にはまだまだ余裕があるので、焦ることなくのんびりと行きましょう。
  • 広告
  • 【雑記】素人の就農日記vo.51~56

    2017-05-29 22:08

     なんかあまりにも休みやら講義やらで畑に出ていなかったためまとめて更新。
     まあたまにはこういう時もあるねんな…。



    2017/05/23(火)

    天気:晴れ

    大学講義受講(トマト栽培)



    2017/05/24(水)、25(木)、26(金)

    休日、および天候不良により休み



    2017/05/27(土)

    天気:晴れ

    8:00~ 茶ノ木台切り
        ・乗用が入れない場所、電柱の周り等、ちょこちょこ残った部分を台切り。
         これにて今年の台切り作業は終了。お疲れちゃーん。
         …そう思っていた時期が、俺にもありました。

    10:00~ 中休み

    10:15~ 続き


    12:00~ 昼休み


    13:00~ トウモロコシ畑の草刈り
         ・なんかちょっと見ないうちにとんでもない量の草が生えてきたため、急きょ草刈
          りを行うことに。
          本当に畑か疑う状態のトウモロコシ畑を、トウモロコシを切らないよう注意しな
          がら草刈り機で手入れしていく。
          これからの季節、草との戦いは日増しに激しくなっていくんだろうなあ。

    以下省略



    2017/05/28(日)

    天気:晴れ

    8:00~ 茶ノ木台切り、ならし、施肥
        ・なんか社長が新しい茶畑を借りたらしく、その畑の手入れを行うことに。
         ほぼ一日、この作業に追われることになる。

    10:00~ 中休み

    10:15~ 続き


    12:00~ 昼休み
         ・運極5体達成。爆絶への挑戦権を手に入れたぞ!(勝てるとは言ってない)


    13:00~ 続き

    15:00~ 中休み

    15:15~ オクラのトンネル片付け
         ・試験的に栽培しているオクラ畑のトンネルを撤去。
          結構元気に葉を伸ばしているので、成長が楽しみである。

    以下省略





  • 【雑記】素人の就農日記vo.49,50

    2017-05-22 19:34

     これからもっと暑くなるとかウッソだろお前。



    2017/05/21(日)

    天気:晴れ

    8:00~ 茶ノ木台切り

    10:00~ 中休み

    10:15~ 続き


    12:00~ 昼休み
         ・流石に玉楼はパス。
          でも職場の面子でマルチしたらエデン、ニライカナイ、アヴァロン、シャンバラ
          と攻略できたので、割と今から爆絶チャレンジが楽しみ。


    13:00~ 茶ノ木台切り

    15:00~ 中休み

    15:15~ トウモロコシのマルチはがし
         ・畝にかけるマルチ(農業用のビニールみたいなやつ)には2種類、自然分解する
          ものと、自然分解しないものがある。
          分解するものは処理が楽。そのまま畑を耕せば土に還るため。
          分解しないものは保湿、保温性が高い。より高品質を目指すのであれば選択肢。
          今回は回収の遅れた後者を、既に成長したトウモロコシを傷つけないよう回収す
          る。
          座っては立って移動しての作業なため、足も腰も痛い…。
          生産性を高めるのであれば前者一択だろうが、今年の失敗したトウモロコシがな
          んとか形になったのは、後者を選択したおかげでもある。
          悩ましいところ。

    17:30~ 業務終了




    2017/05/22(月)

    天気:晴れ
    気温:25℃/18℃ 湿度:85%

    8:00~ 茶ノ木肥料撒き
        ・2番茶、および台切り済みの茶ノ木用にやや少なめの肥料を撒く。
         硫安、即ち硫酸アンモニウムで、農業的には「窒素(N)のみを含む肥料」という
         点が重要。
         即効性が高く、既に芽の出始めている2茶のための追肥になる。
         本日は1日中この作業に追われることに。
         1袋20kgのものを背負いながら何十個も撒く為、天気と併せてだいぶチカレタ…。

    以下省略




    一言。

     択捉も神威も朝一出撃で来てくれたよ!
     やったぜ。