恐るべき天音入り北雪デッキ。あと、別バキャラなら826のもう一人の有力候補?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

恐るべき天音入り北雪デッキ。あと、別バキャラなら826のもう一人の有力候補?

2020-08-04 20:33
    本日2度目でございます。
    というのも今日の1回目に「天音姫恋は北雪には向いていないんじゃないか」と書いたんですけど、それが寝言でしかなかった結果をまずはご紹介。

    ある程度、ときめきブーストがハマったとはいえ、点数と査定はこんな感じ。


    北雪って、ちょっと面倒なところがあって、点数は結構出てもバランスが悪くなる場合が多いんだけど、天音姫恋の得意練習が打撃/走塁だったばっかりに、打撃か走塁に偏ってこの結果となりました。
    今回、北雪で組んだデッキはこちら。

    ちょっと後イベが重くなるので、肩上限は北雪であればイベントと無関係の男キャラを入れてやりました。
    ちなみに、それでも猫を持ち込まなかったのとせっちゃんの全レアイベが3回あったがために、天音ちゃんのイベントが完走しませんでした。(笑)

    落とした金得は合計3つ。
    それでもPGに届くのですから天音ちゃん一人でずいぶん北雪も変わったなと。
    んで、猫持ち込みならたぶん、一番伸びそうなのはこのデッキ。

    見ての通り、得意練習は打撃と走塁と精神だけですが、レイリー、黒聖良、通常冴木の3キャラが得意練習率アップを持っているので、守備肩なしでも満遍なく経験点が分散して、剣八、レイリーの2人が筋力ボナを持っていますし、筋力を使う金得もないので充分いけるかなと。

    んで、走塁練習が4人いるので間違いなく余るであろう敏捷は、剣八の2つ目の金得・走塁バースト(不確定)と黒聖良の金得・牛若丸(不確定)で消費できるのでこれも問題ないのではないでしょうか。

    加えてメンタル練習は2キャラになっていますけど、ときめきブースト下ではせっちゃんが得意練習精神と同じなので精神枯渇もまあ考えにくい状況です。

    もしかしたら天音姫恋の恩恵を一番受けるのは北雪なのかもしれない...です。
    特に、サクスペの北雪はアプリとまったく違うので、ここら辺はアプリで予習してフリートや支良洲強化で遊んでいる人たちは一度北雪をやってみても良いと思います。おそらく未知のゾーンなことでしょう。

    はてさて話は変わりますが、本日の朝も言いましたけど、この天音姫恋が今回のガチャできたことで826が混沌としてきたわけですが、好敵手猪狩守、十六夜瑠奈に次いで、もう一人の有力候補になり得るのではないかというキャラをご紹介。

    こちらもサクスペ界のヒロインの一人で、サクスペ界では十六夜瑠奈の最大のライバル・佐奈あゆみです。
    ちなみになぜこの子なのかと言いますと、アプリで去年の末に搭載されたサンタ佐奈あゆみがサクスペとは違って「スタミナ/精神」の2種連かつ、コントロール上限持ちなのですが、その1年前にサクスペに搭載されたサンタ佐奈あゆみは精神練習のみで上限もなしでした。したがって、現環境でも使われるキャラだけにその辺りの変更が来てもおかしくなくて、とは言え、テーブル変更なんて反則はそうそうできないでしょうから、過去に今のところ、一度だけ、このキャラが強引なテーブル変更で肩上限を持つことになりましたけど、

    さすがに2度目はなさそうな按排で現に逆輸入されたミッキー・バーミリオン、ロディ・ブライト、矢倍くんたちが上限を持ったり金得が変わったりもしたんだけど、その変更はサクスペには来てなくて、やるとしたら今後、黒珠や絵久ちゃんのように覚醒で付ける形になるのかなと。

    とは言え、佐奈あゆみに関して言えば、覚醒でテーブル追加はできても得意連の追加なんて無茶はできないだろうから、826で別バの佐奈を登場させて得意連を2種、コントロール上限を付けた形にする可能性はもしかしたら無きにしも非ずじゃないかなと。

    さて、826はどうなるのでしょうか。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。