• 昭和51(1976)年のソフトウェアシンガーが未カバーの年間TOP50

    2020-11-29 17:043時間前
    第12位 田中星児  「オー・マリヤーナ」(「ビューティフル・サンデー」と両A面)
    第26位 西城秀樹  「君よ抱かれて熱くなれ」
    第33位 野口五郎  「きらめき」
    第35位 五木ひろし 「愛の始発」
    第36位 桜田淳子  「ねえ!気がついてよ」
    第37位 布施明   「傾いた道しるべ」
    第38位 トランザム 「ビューティフル・サンデー」(補作詞:松本隆)
    第39位 桜田淳子  「ゆれてる私」
    第47位 郷ひろみ  「あなたがいたから僕がいた」
    第48位 西城秀樹  「ジャガー」
    第49位 岩崎宏美  「霧のめぐり逢い」

    「ビューティフル・サンデー」は、原曲盤の方が順位が高いというちょっと意外な結末でした。とっくに廃盤になっていたのがちょっとしたきかっけで復活。わからんものですね。
    ’70年代も半ばになると、未カバーからして明らかに’80年代とはフェーズが違う(笑)のがわかります。たのきんじゃなくて新御三家だし、花の○○トリオでは百恵はほぼシングル曲カンストしてるのに、淳子は不遇とか…。
    遡っていくと、もうひとつフェーズが変わります。新三人娘、が登場します。

    それでは、また明日。


  • 広告
  • 昭和52(1977)年のソフトウェアシンガーが未カバーの年間TOP50

    2020-11-28 15:20
    第12位 清水健太郎            「帰らない/恋人よ」
    第22位 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 「愛しのティナ」
    第23位 ジョー山中            「人間の証明のテーマ」
    第28位 マイナー・チューニング・バンド  「ソウルこれっきりですか」
    第29位 郷ひろみ・(樹木希林)      「帰郷/お化けのロック」
    第45位 郷ひろみ             「悲しきメモリー」
    第46位 あおい輝彦            「Hi-Hi-Hi」
    第47位 野口五郎             「季節風」
    第49位 オリビア・ニュートン=ジョン   「ジョリーン」

    以上です。

    23位のカバーが無いのは、本当に意外です。LEONとかで歌ったらシブい感じになりそうなのに…あの映画は、あの歌こそがキモだった気がするしね(笑)

    29位 「帰郷」はともかく、「お化けのロック」のカバーもまだです。「林檎殺人事件」は複数あるというのにですw

    49位 ジョジョに「徐倫」というキャラが出てきますね。荒木さんも世代近いからなぁw
    「オリビアを聴きながら」って歌があるくらいに、一世を風靡した歌手ですが、主なシングルの中で、この「ジョリーン」だけカバーがありません。

    では、また明日。
  • 昭和53(1978)年のソフトウェアシンガーが未カバーの年間TOP50

    2020-11-28 08:37
    第28位 平野雅昭       「演歌チャンチャカチャン」
    第32位 サンタ・エスメラルダ 「悲しき願い」
    第33位 ビージーズ      「恋のナイト・フィーヴァー」
    第37位 アラベスク      「ハロー、ミスター・モンキー」
    第49位 五輪真弓       「さよならだけは言わないで」

    以上です。
    洋楽は、あくまで日本版のレコードの表記です。日本の順位ですから。
    ビージーズは、「ステイン・アライブ」はカバーあるんですけどねぇ。こっちは無いのは意外といえば意外です。
    「悲しき願い」は、尾藤イサオ版のカバーはあるっすが(笑)アニマルズのも無いです。

    今日中に、昭和52年のもうpするつもりです。
    本編追い越しましたw