昭和51(1976)年のソフトウェアシンガーが未カバーの年間TOP50
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昭和51(1976)年のソフトウェアシンガーが未カバーの年間TOP50

2020-11-29 17:04
    第12位 田中星児  「オー・マリヤーナ」(「ビューティフル・サンデー」と両A面)
    第26位 西城秀樹  「君よ抱かれて熱くなれ」
    第33位 野口五郎  「きらめき」
    第35位 五木ひろし 「愛の始発」
    第36位 桜田淳子  「ねえ!気がついてよ」
    第37位 布施明   「傾いた道しるべ」
    第38位 トランザム 「ビューティフル・サンデー」(補作詞:松本隆)
    第39位 桜田淳子  「ゆれてる私」
    第47位 郷ひろみ  「あなたがいたから僕がいた」
    第48位 西城秀樹  「ジャガー」
    第49位 岩崎宏美  「霧のめぐり逢い」

    「ビューティフル・サンデー」は、原曲盤の方が順位が高いというちょっと意外な結末でした。とっくに廃盤になっていたのがちょっとしたきっかけで復活。わからんものですね。
    ’70年代も半ばになると、未カバーからして明らかに’80年代とはフェーズが違う(笑)のがわかります。たのきんじゃなくて新御三家だし、花の○○トリオでは百恵はほぼシングル曲カンストしてるのに、淳子は不遇とか…。
    遡っていくと、もうひとつフェーズが変わります。新三人娘、が登場します。

    それでは、また明日。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。