昭和45(1970)年のソフトウェアシンガーが未カバーの年間TOP50
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昭和45(1970)年のソフトウェアシンガーが未カバーの年間TOP50

2020-12-04 07:02
    第16位 青江三奈      「国際線待合室」
    第17位 森進一       「波止場女のブルース」
    第19位 森進一       「恋ひとすじ」
    第23位 内山田洋と
        クール・ファイブ   「愛の旅路を」
    第24位 森進一       「花と涙」
    第25位 ザ・オリジナル・
        キャスト      「ミスター・マンデイ」
    第28位 ジミー・オズモンド 「ちっちゃな恋人」
    第29位 1910フルーツガム・
        カンパニー     「トレイン」
    第31位 姿憲子       「姿三四郎」
    第34位 森山良子      「恋人」
    第35位 ハープ・アルパート
        &ティファナブラス 「マルタ島の砂」
    第38位 黛ジュン      「自由の女神」
    第39位 ザ・ドリフターズ  「ドリフのほんとにほんとにご苦労さん」
    第40位 弘田三枝子     「私が死んだら」
    第41位 クリフ・リチャード 「しあわせの朝」
    第50位 奥村チヨ      「恋狂い」

    以上です。
    今日は帰りが遅くなる可能性があるので、朝のうちにあげておきます。生放送の準備もあるので。
    さすがに、コレが無いのか~的なのはありませんが、何と言ってもTOP50で洋楽の占める割合の多さですかね。
    今後カバーされる可能性があるのは、強いて言えば、ドリフのかな。
    第35位はインストです。インストゥルメントのシングル盤というのはこの当時は珍しくなかったんですね。
    あと、第40位と第50位は…曲名的に今日ではアウトな気もします(笑)

    では、また明日。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。