ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

平成22(2010)年のソフトウェアシンガーが未カバーのオリコン年間TOP50
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

平成22(2010)年のソフトウェアシンガーが未カバーのオリコン年間TOP50

2021-05-16 16:09
    第04位 嵐 「Monster」
    第07位 嵐 「Love Rainbow」
    第10位 嵐 「To be free」
    第11位 KAT-TUN 「Love yourself ~君が嫌いな君が好き~」
    第13位 SMAP 「This is love」
    第14位 坂本冬美 「アジアの海賊」※
    第15位 関ジャニ∞ 「LIFE ~目の前の向こうへ~」
    第16位 東方神起 「BREAK OUT!」
    第17位 KAT-TUN 「Going!」
    第18位 関ジャニ∞ 「Wonderful World !!」
    第20位 KAT-TUN 「CHANGE UR WORLD」
    第21位 Hey ! Say ! JUMP 「瞳のスクリーン」
    第22位 福山雅治 「蛍/少年」
    第23位 EXILE 「I Wish For You」
    第26位 東方神起 「時ヲ止メテ」
    第28位 XIAH iunas 「XIAH」
    第29位 山下智久 「One in a million」
    第32位 NEWS 「Fighting Man」
    第34位 はんにゃ、フルーツポンチ 「onaraはずかしくないよ/ピラメキたいそう」
    第35位 氷川きよし 「虹色のバイヨン」
    第41位 SKE48 「1!2!3!4! ヨロシク!」
    第43位 関ジャニ∞ 「雪をください/One day in winter/Snow White」(GIFT~緑~)
    第44位 関ジャニ∞ 「冬恋/君の歌をうたう」(GIFT~白~)
    第45位 稲葉浩志 「Okay」
    第46位 関ジャニ∞ 「I WISH/マイナス100度の恋」(GIFT~赤~)
    第47位 チームドラゴン from AKB48 「心の羽根」

    やっぱり、AKB48はほとんどがカバーされているのに、嵐の未カバーの多さは…カバ専Pの男女比率に原因があるとしか思えないですよ。
    この年あたりなんて、ランキング上位はAKB48と嵐なんですから。
    今さらながらそう思いました。(ソフトウェアシンガーの男女比率にも原因はあるかな)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。