ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

昭和30(1955)年のソフトウェアボーカルが未カバーの年間TOP30
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昭和30(1955)年のソフトウェアボーカルが未カバーの年間TOP30

2021-06-08 16:13
    第02位 三橋美智也 「おんな船頭唄」
    第06位 宮城まり子 「ガード下の靴みがき」
    第08位 青木光一 「小島通いの郵便船」
    第09位 コロムビア・ローズ 「渡り鳥いつ帰る」
    第11位 鶴田浩二 「赤と黒のブルース」
    第12位 三橋美智也 「島の舟唄」
    第13位 三橋美智也 「あの娘が泣いてる波止場」
    第15位 岡本敦郎 「ピレネエの山の男」
    第16位 三浦洸一 「弁天小僧」
    第17位 雪村いづみ 「マンボ・イタリアーノ」
    第18位 美空ひばり 「素敵なランデブー」
    第19位 江利チエミ、小原重徳とブルー・コーツ 「ロック・アラウンド・ザ・クロック」
    第20位 野村雪子 「おばこマドロス」
    第21位 岡晴夫 「逢いたかったぜ」
    第23位 高田浩吉 「名月佐太郎笠」
    第24位 若原一郎 「ハンドル人生」
    第25位 藤島桓夫 「かえりの港」
    第26位 白根一男 「次男坊鴉」
    第27位 林伊佐緒 「高原の宿」
    第28位 田端義夫、白鳥みづえ 「親子舟唄」
    第29位 松島詩子 「喫茶店の片隅で」
    第30位 菅原都々子 「木浦の涙」

    以上です。
    もう自分でもさっぱりわからないので、余計な注釈はつけないです。
    ただ、30位は戦前の朝鮮の歌謡曲の日本語カバーです。「モッポの涙」と読みます。
    こんな頃から「釜山港へ帰れ」みたいな日本語カバーあったんですね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。