本日 21:00 より『演歌のさいはて道 1956-1970』特集です
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日 21:00 より『演歌のさいはて道 1956-1970』特集です

2014-10-26 13:30
    毎度、さいはて店でございます。

    昨夜は場末店にて久々の完徹、お疲れ様でございました。
    土曜の夜はやはりフィーバーしますな(言うことがオヤジである)。

    今夜は、〈人〉というよりざっくり【演歌】の特集です。それも、第一弾として年代を区切ったので金曜日みたいになりましたけど…つまりはこの時代の演歌歌手の方々の特集です。
    主なところでは

    島倉千代子、美空ひばり、村田英雄、三橋美智也、春日八郎、都はるみ、水前寺清子、北島三郎、森進一、藤圭子、内山田宏とクールファイブ

    といったところでしょうか。誰か重要な演歌歌手を忘れていないか戦々恐々としていますが、これらの歌手の曲でも、演歌じゃない、というのは外してますし、逆にポップス歌手でも演歌らしいのは入れてますw
    散々悩んだ末、結局は適当、ということになりました。ムード歌謡と呼ばれているあたりは外してますし…

    あ、ちなみに1956年からなのは「もはや戦後ではな」くなった年だからです。そこから大阪万博の年まで…いわゆる高度経済成長期ですね。

    ああ、あと、「涙の連絡船」はこの特集のために作ったようなものなので入れてあります。済みません済みませんw

    それでは、21:00にお逢いしましょう。

    追記:うわ~内山田「宏」だって、ハズカし~w もちろん内山田「洋」です。謹んで訂正いたします。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。