• このエントリーをはてなブックマークに追加
イギリスで消滅の危機にある名字【雑学】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

イギリスで消滅の危機にある名字【雑学】

2013-02-28 08:01
    Filed under: カルチャー, セレブ・ゴシップ

    映画『ラブ・アクチュアリー』で老いぼれのロックシンガーを演じたビル・ナイ(Nighy)に、『クィーン』でアカデミー主演女優賞に輝いたベテラン女優ヘレン・ミレン(Mirren)、そしてミュージカル映画『チップス先生さようなら』のチップス(Chips)先生(正確にはチッピング(Chipping)で、チップスはニックネーム)。

    <mirror.co.uk>によると、イギリスではここ100年間で20万もの名字が消滅している。

    すでにイギリスでは、前出のチップス(Chips)にハットマン(Hatman)、ラミッジ(Rummage、"引っ掻き回す"の意味もある)、ナイザーコット(Nithercott)、レイノット(Raynott)、テンプルズ(Temples)、ジャースデル(Jarsdel)、ハリッド(Harred)、ウッドビード(Woodbead)といった名字は消滅したという。

    31608hsergb1.jpgさらに、ナイ(Nighy)やミレン(Mirren)、ドラマ『ダウントン・アビー』のヒュー・ボネヴィル(Bonneville)を含む1,000の名字も消滅の危機にあるという。ちなみにヘレン・ミレンの名字は、彼女の父親(ロシア人)がもともとの名字であるミロノフ(Mironoff)を変えたもの。こういった名字の人物は、現在のイギリスではそれぞれ50人にも満たないという。

    では、名前はどうだろうか? 以下は「1901年以降、最も早いスピードで消えている名前」だ。

    1.ウィリアム(William)、2.コーエン(Cohen)、3.アシュワース(Ashworth)、4.サトクリフ(Sutcliffe)、5.クレッグ(Clegg)、6.バタワース(Butterworth)、7.クラウザー(Crowther)、8.カーショー(Kershaw)、9.ブルック(Brook)、10.グリーンウッド(Greenwood)

    映画関係やミュージシャンに見かける名前もあるが、特にウィリアム王子の"ウィリアム"が入っているのはちょっと意外だったかも?

    (参照元:mirror.co.uk)

    ■関連リンク
    マライア、ヴィクトリア、アドリアナ...セレブママの仰天トリビア
    莫大な慰謝料、超短期間の結婚生活、妊娠中に破局...セレブの離婚トリビア
    アヴリル、オリヴィア、ケイト...若くして結婚・離婚したセレブ





    Permalink

     | Email this | Comments

    RSSブログ情報:http://www.fabloid.jp/2013/02/27/old-surnames-dying-out-including/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。