Peercast (平成YP編) 設定 (1度でもPeecastで配信した事がある人向けの解説)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Peercast (平成YP編) 設定 (1度でもPeecastで配信した事がある人向けの解説)

2019-07-20 14:44
    平成YP編の設定について書いていこうと思います。
    ダウンロードする前に、Peecast関連のアプリケーションは、全て閉じてから、作業お願いします。

    https://github.com/plonk/peercast-yt/releases

    のURLから、Peercast YT28-mingw64.zip というファイルをダウンロードします。


    ダウンロードした、peercast YTというファイルを解凍し、PeerCastという
    ファイルを起動します。




    クリックすると、DOSプロンプト+PeerCast YPのURLが起動します。
    (※ PeerCast関連のファイルが立ち上がった状態で、Peercastクリックしても、DOSプロンプトの画面は、自動で閉じてしまい、Peer Cast YPのページも立ち上がらないので、ご注意下さい。)








    Languageを、JPに変更します。日本語のURLに変わります。




    日本語のURLに変わったら、YPアドレスを、既存のSPのYPアドレスを削除し
    再度、平成YPのYPアドレス、yp.pcgw.pgw.jp:7146を入力します。

    送信速度上限は、上り速度の上限速度からいくらか値を引いた、値を入力します。
    (通常のPeerCast配信を見ると、高くても、2000kbpsの配信が多いので、早い人は、2000でも良いと思います。自分の回線は遅いので、ここでは、1000と入力しています。)

    ↑の画像の通り設定できたら、設定を保存をクリックします。




    チャンネル名入力したら、開始ボタンをクリックします。

    OBS Studioをクリックします。(いつもは、私は、OBSクラシックで配信をしていますが
    ここでは、OBS Studioで解説します。








    サービスはカスタムに設定し、サーバーは、rtmp://localhost/ と設定します。


    出力の映像ビットレートのビットレート数は各自で、調整お願いします。
    自分は、700kbpsに設定しました。
    音声ビットレートは、96に設定しました。

    音声の設定は、デバイス→デスクトップ音声(既定)
           マイク音声→既定の設定にしました。

    これで、ウインドウキャプチャで取り込み範囲を選択し、開始するで、配信できると思います。

    配信が成功した場合→PeerCast URLのチャンネルの所に、チャンネル名が載ります。

    チャンネル名を選択し、PLAYボタンを押すと、自分の配信が見れると思います。
    ここまで、読んで頂きまして、ありがとうございました。

    ※追加 Pecarecorderの設定は





    URLは、http://yp.pcgw.pgw.jp/
    に設定しておけば、配信している時であれば、配信チャンネル名が表示されます。
    (これで、録画もバッチしですね。)





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。