• ハウトゥワープ全部俺の真実

    2018-06-11 11:57



      アカペラが”music”であること。
      アカペラが”a cappella”であること。
      アカペラが”entertainment”であること。
      アカペラが”art”であること。

      すべてを認めたとき、アカペラはどのような姿になるのでしょうか。








    先日、とある不都合な真実に遭遇してしまいました。



       「録音されたアカペラが嫌だ」





    いや、その通りだと思う。

    生演奏の感動というのは、録音で出せるものではないし、「その場に居合わせる」というのは、魔法にかかったような高揚感を与えてくれるものだ。しかし…。


    個人の価値観に差があることを理解しつつも、
    「存在の否定」だったその言葉に動揺してしまった。
    ただただ不甲斐無さを感じ、悔しかった。
    そして、自分の存在を改めて問わざるを得なかった。





    私は、可能性を感じていた。


    以前、アカペラという演奏形態で音楽を楽しむ環境に身を置いていたが、
    ある時気が付いてしまった。

    声を出して演奏す津ことが好きなんじゃなく、
    演奏や鑑賞を通して、表現や感情を感じるのが
    たまらなく好きだったんだ。

    私は演奏者ではなかった。
    私は研究者であり、哲学者だったのだ。

    だから私は、アカペラができる環境を去り、
    ”fff-fortississimo”という環境を構築した。








    しかし、それを求めていない人がいることを知ることができた。

    まぎれもなく伝統的文化であることを見て見ぬふりをしていたのだ。
    そういう「白さ」があることを無視していたのだ。


    そして、その伝統はエンターテイメントとして新たな変遷をたどっている。
    発声、グルーヴ、ライブパフォーマンス、ボーカルディレクション、セルフプロデュース、タレント性…。
    様々な「黒さ」をアカペラが獲得していく中で、
    私は新たな概念を加えてやりたい。





    今こそ原点回帰をするべきだ。




  • 広告
  • 私達は、本当に「正しい音質」をモニタリングできているのでしょうか。2

    2018-03-16 09:22
    ※前回の続きです。ご覧になってない方は下のリンクから飛んでください。





    <1、環境構築のために考える必要のあること>


    【モニタリングをする理由】


    ・「モニタリング」とは?

    根本的な部分ではありますが、何の気なしに使ってて意味など考えたこともなかった、なんて人が多いと思います。
    monitorは「監視する」という意味が含まれています。よく「モニター」と書くとパソコンの出力装置が頭に浮かびますね。

    つまりは「モニタリング」は音楽の専門用語なのではなく、一般的に使われるワードなわけです。そしてその本質は「聴く」ところにあるわけではなく、「監視する」ところにあるのです。


    ・モニタリングの理由

    では何故「モニタリング」するのか?

    「監視」から連想される、監視カメラを例にとれば、
    あれは人の動きに不審なものがないか、その時に何が起こっていたかを捉えるために設置されているはずです。

    音楽においても例から外れず、

    「普通」から逸脱する音がないか、その場合どういう音の変化がなされているかを捉えるために行われています。

    「モニタリング」においては、いい音で鳴るとか、そういうことはどうでもいいのです。
    そして「モニタリング」で聴こえるべきは、解像度の高い「普通」の音です。


    ・「普通」の音

    「普通」の音とは?
    前記事で言及したように、「正しい音質」は存在せず、比較することにより正しさ、普通さを判断することができます。

    これはプロだろうがアマだろうが、スタジオだろうが関係はなく、
    「普通」というのは流動的で、常に変わり続けます。故に答えがない。
    流行といっても差し支えないでしょう。

    ミキシングで重要なのは、どの再生機器でも、
    聴き手の好みに合わせた「普通」の音を出せることです。

    どんな些細な音の変化だと感じても、再生機器が変わると全く意図しない音に変貌することさえあります。そのために、精度の良い「モニタリング」をすることは重要なのです。





    【現在の状況に適した環境構築の手段】

    精度の良いモニタリングをするためには、解像度が高かったり、比較的ニュートラルな音を出せる再生機器が必要です。その中でも、どのようなシチュエーションにも対応できるのがモニタースピーカー。

    しかし、設置する環境により位相の変化が起きて適さない場合も多い。そういう場合はヘッドホンで代用するしかない。しかし、ヘッドホンであればより音を精密に捉えることもできるのです。

    それぞれのモニタリング環境について、述べておきます。




    ・モニタースピーカー

    モニタリングにおいては最も一般的。全体を見渡すこと、様々なシーンを想定したモニタリングができる。環境構築には、壁による音波の反射に対する対策が必要。吸音材の設置により、緩和が可能だが、そもそも一定量の音を鳴らしても問題ないような環境が必要。これが自宅におけるモニタリングを非常に難しくしている。

    ・ヘッドホン

    一つ一つの音を精密に捉えることに特化している。開放型ヘッドホンであれば、全体の把握にも優れているためオールラウンドなモニタリングができる。スピーカーシミュレータなどのプラグインもあるため、ある程度のスピーカーモニタリングも可能。しかし、ハウジングが耳に近いため、聴覚へのダメージが大きく長時間のモニタリングは不向きである。

    また、音を鳴らすための十分な空間を確保できないために、どうしてもヘッドホンの性格が強く出る。故に、ヘッドホンのみでのミキシングをするならキャリブレーションヘッドホンアンプがほぼ必須。

    ・イヤホン

    ほぼヘッドホンと同じであるが、さらに鳴らす空間が狭いため、精密なモニタリングに適したイヤホンはごくわずか。もし環境を用意するなら、出先でのモニタリングや、音作りのためのモニタリングに使うと良いだろう。


    ・スピーカー(等の一般的な再生機)

    モニタリング対象である音楽を聴くリスナー側の環境として、大事な環境である。100円イヤホン、ノートPCの内蔵スピーカー、スマホなどなど…。あればあるほど精度が増していく。


  • 私達は、本当に「正しい音質」をモニタリングできているのでしょうか。

    2018-02-22 12:23


    いきなりタイトルをへし折る言い方をしますが、
    「正しい音質」など存在しません。
    「〇〇より良い音質」と、比べることでしか判断できないからです。
    そもそも、何をもって良い音質なのかも、考え方によって全く異なります。

    だからと言って、100円イヤホンで音楽制作するというわけにはいかない。
    地球上の人間すべてがその100円イヤホンで音楽を聴いてるわけではないからです。


    ミキシングやマスタリングをするにあたり、どのような状況でも、その状況での最良の音をだせるような音作りをしなければなりません。
    その「最良の音」に限りなく近づくために、モニタリング環境を限りなくいい状態にしていくのは必然だと考えます。


    自分のスタジオを持っていて、吸音もスピーカー配置もチューニングも完璧な状態に持って行ってる方は恐らくこの記事は見てないでしょう。
    多くの個人製作者は、自分の部屋で音量を気にしながらモニタリングをしているのです。
    スピーカーも置けない状況にいる方も珍しくないはずです。


    次回から、そういう方たち向け(もとい自分もその一人ですが)に、環境構築のために考える必要のあること、どのような環境構築の仕方があるのかを書いていこうと思います。

    <1、環境構築のために考える必要のあること>
        モニタリングをする目的
        現在の状況に適した環境構築の手段
        それぞれの手段について考えること
         モニタースピーカー
         ヘッドホン   
         イヤホン
         スピーカー

    <2、環境構築の実例(fff-fortississimoの場合)>
        音楽制作開始時
        モニタースピーカー導入時
        ヘッドホンミキシング

    2回に分けて、大体1週間に1つのペースで書くつもりでいますのでよろしくお願いします。