【全部私の声】『妄想税』 by かるめんさん ミキシングについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【全部私の声】『妄想税』 by かるめんさん ミキシングについて

2018-02-15 23:09

    (ここまで来たのなら、悪いことは言わない。貢献しなさい。)




    今回も軽く触れていきます。
    まずは概要をまとめたメモ。

    ~~~

    1、コンセプト
    「声を元に、疑似的にシンセサイズする」
    「歪みつつも、スタンダードな印象を与える」
    「かるめんさんの『声』」

    2、音作り考察

    (1)ChoGt
    バッキング:乾いたDistortionと厚い声をかけ合わせる
    リード:声の周波数の偏りを利用したFuzz的な音作り

    (2)Bass、各単発フレーズ
    シンセサイザーでオシレーターの音を重ねるように、声へのピッチシフト、フォルマントシフト、Cliper(矩形波化)を用いてシンセサイズ

    ~~~


    1、コンセプト

    今回の音、いかがですか?
    前よりは落ち着いてると思います笑

    楽器にも聞こえるけど、あれ、これ結構喋ってるな…
    なんていう感じだと思うんですが。

    お察しの通り、ガンガン加工していいとのことでした。
    が、素材を聞いての第一印象が、「もったいねえ」でした。これだけで何の問題もなく成立してしまう素材達でした。
    ならば、素材、つまり声が大前提となった『加工』をして、新しい音を探すべきだと感じたのです。

    2、音作り考察

    いわゆる「過剰な加工」に含まれそうなパートを掘り下げます。


    (1)GtCho

    今回はハードウェアを使わず、すべてPositive Grid BIAS AMPを使い音作りしています。

    バッキングについては、乾いたディストーションを目指し、よりバッキングらしく、
    そつなく鳴るような雰囲気にしました。
    内部的には、オレンジアンプのプリセットを使い、Midをノブで強調。
    その後、素材の10k以降とMixすることでこの音になっています。
    音抜けはかなりいいですね。

    リードは「ふざけてるのか?」と思われるぐらいただただ歪ませてみました。
    結果的に、声の倍音が集まりやすい中域がClipし、Fuzzのような効果を生み出しました。
    声に歪みをかけると最初は大体こういう音です。


    (2)各単発パート

    ハモリがなく、単発だけで聴かせたい音は「シンセサイザー」のような立ち位置が良いと思いました。
    ならば、シンセサイザーのような音の扱いをしてもよいだろうと。

    シンセサイザーとは、「様々な波形」を組み合わせて、音を作り上げる楽器です。
    ということは、「声の波形」を組み合わせて、音を作り上げるとどうなるのだろう?
    という発想からスタートしています。

    実際の操作としては、ピッチシフト、フォルマントシフト、Cliperを用いて素材を変形させ、その変形させた波形を組み合わせてシンセサイズしています。
    (Melodyne Studioを持ってれば、もっと凶悪な「シンセサイズ」ができますよ)


    (3)Bass

    今回の悩み所さんです。
    どうしても女性のベースはオクターブが上がってしまうのが常識。
    そうなると、倍音的にも音程的にも迫力を出しにくいのです。

    逆に、思いっきり捻じ曲げると「声」ではなくなってしまう

    なので原音をあくまで前に出しつつ、シンセサイズとアンプの組み合わせてなんとかかんとかほしい倍音を集めていきました。もうなにしたかあんまり覚えてないぐらいにはいろいろ試しました。
    とりあえず、あまりくすんだ音にはなっていないはずです。

    シンセベースは完全に遊びました笑



    <<ガチ反省>>

    生音にかなりこだわったものになりましたが、それゆえのジンクスを抱えていました。
    「倍音が一点集中すること」。


    4kあたりから倍音が集まってきて、どうしてもそこだけピーキーになっていく。
    個別やマスターで処理をしたつもりでも、音量を上げていけばバレバレ。
    せっかく激しい曲で音圧が求められる曲なのに、音量を上げて楽しめないじゃないか。

    一つ一つの高域処理がまだまだ未熟すぎますね。


    関連して、モニタリング環境の改善が頭にちらつきます。
    現状、家が変わったりしていてスピーカーミキシングができない状況だったり、AKGヘッドフォンの宿命として高い音量でモニタリングできないという問題が重なっていました。
    素直にヘッドフォンアンプを検討しています。

    このあたりは別の記事で考察してもいいかと思っています。
    ほとんどの音楽制作者は自宅で大きい音は鳴らせないはずなので。


    以上です。
    何か質問あれば気軽にコメントでも、ツイッターでも連絡ください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。