ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

日帰り突貫!へやキャン△ デジタルスタンプラリーに挑戦してきました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日帰り突貫!へやキャン△ デジタルスタンプラリーに挑戦してきました。

2020-11-29 11:54
  • 3
ブロマガ内にある道路・各施設の状況は2020年11月17日時点のものです。
また、新型コロナウイルス感染拡大に伴い
移動自粛等の要請が出ている可能性があるので
適切な判断と行動をお願いいたします。

すっっっっっかりブロマガという存在を忘れかけていました。
タイトルの通り、日帰りで「へやキャン△ デジタルスタンプラリー」に挑戦してきました。
スタンプラリーの概要・規則は公式HPをご覧ください。

2020年11月上旬から始まったへやキャン△ デジタルスタンプラリー。
チェックポイントを調べたところこれは日帰りで完走できるのでは?と、
思ったので挑戦してきた流れを書いてみました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

早朝から高速道路を法定速度でブッ飛ばして東名高速道路の富士川SAへ到着です。
この日は雲一つない朝で富士山がきれいでした。
スタート地点にしてエンディング感。
ここから高速道路を下りて、一般道を走って約40分で
最初のチェックポイントに到着します。


①08:21 南部の火祭り会場(南部町役場 南部分庁舎)
着いたら役場の始業前で職員の方がラジオ体操をしていました。
そう、今日は平日..。
世間は働いているのに私は一体何を..。


デジタルスタンプラリーのQRコードのポスターは庁舎入り口に貼ってありました。
事前にスマホ・タブレットのGPS位置情報設定とQRコード読み取りの準備を。
読み取ると画面に取得したスタンプが表示されました。
(画面のスクショは忘れました)


前回同様、ここで車のトリップメーターをリセットして最初から最後までの
走行距離と所要時間を測ってみようと思います。


②08:29 道の駅なんぶ

分庁舎から走ってすぐの道の駅です。
主に大きな建物2つに分かれていて、↓の写真の部分にQRコードがあります。

売店の営業時間外でしたが、QRコードはガラスに貼られていたので
いつでも読み取れるようです。時間に縛られないのは助かりますね。

③09:03 身延山久遠寺

平日の朝早いお寺は空いていますね。
休日は混み合うので、スタンプラリーでは早めにクリアしておきたいところです。



ほわぁ、紅葉が見頃の久遠寺。
スタンプラリーそっちのけで写真を撮っていました。
この記事を書いている時点ではもう終わりかけかも…?
山の上にある社殿には坂を登って有料駐車場に停めても行けますが
私は階段を登っていきます。その段数、287段
一段一段が高く急角度なので軽い気持ちで登ると大変なことになります。
私は翌日、筋肉痛になりました。

登りきると社殿がありますが、QRコードのある建物はちょっと奥にある
鶯渓閣」という建物に貼られています。Googleマップでも登録されています。


時間があればロープウェイで身延山の山頂まで行きたかったですが、
スタンプラリーもサクサク進めないと終わらないスケジュールなので
再び階段を下ります。えぇ、287段。
登るのも降りるのも大変なのだ…。

なお、身延山山頂からはこんな景色です。


★09:42 ちょっと寄り道 栄昇堂
JR身延駅前にあるみのぶまんじゅうのお店です。
作品にも出てきたので有名ですね。店内には恵那ちゃんの立ちパネルがあります。
うぉぉ、欲しい!


と、いうわけでみのぶまんじゅう10個購入しました。
ちなみにコレ、朝ごはんです。

ほんのりと紅葉の色付いた山々を眺めながら川辺で食べます。
なんとも贅沢。少し風が冷たかったですね。
お昼頃だったら暖かかったかもしれません。


おや、ここもまた作品で見覚えのある場所が。


④10:02 下部温泉
JR下部温泉駅近くの橋を渡った先にある「しもべ黄金の足湯」というところに
QRコードは足湯の建物内にあり、営業時間が朝8時半~夜6時なので
営業時間外のスタンプ取得はできません。


ちょっと足湯に入ってきました。
ぬるめの37℃、ほのかに硫黄の香りが漂う源泉かけ流し。
天然源泉だから冬は少し温度が低いようです。
足湯で源泉かけ流しは贅沢ですねぇ。
下部温泉、機会があれば泊まってみたいです。

隣にある金山博物館には志摩リンのミニ立ちパネルがありました。
このサイズのパネルだったらグッズ化、どうですかね。

さて、ここから北に30kmほど離れた次のチェックポイントである
市川三郷町役場まで行かなければいけません。
カーナビをセットすると中部横断道(有料道路)で行け!と出るわけですが
地図を見ると山を貫く県道を走れば市川三郷市に出れる!

と分かったので山道を走りますよォ!
(本音:高速料金をケチりたかった)


県道411号と409号の合流地点。ちょっと走れば四尾連湖にも行けます。
県道ということもあり、道はある程度整備されていましたが、
カーブに落ち葉が積もっている部分もあってバイクだと滑る恐れがあるかもです。
景色は素晴らしかったです。


⑤11:13 市川三郷 中央公園(市川三郷町役場)
チェックポイントの名前が中央公園となっていますが、場所は町庁舎です。
庁舎の無料駐車場が使えます。QRコードは庁舎入り口の横に堂々と貼られています。



週末も山梨にいます。
いいえ、平日も山梨にいます。

⑥11:18 市川三郷 くるみや
町庁舎から歩いて数分です。
住宅街の狭い路地にあるので車では行けません。
徒歩で行ってください。バイクや自転車でも可。


住宅街なので騒がないように、写真を撮るのも周囲に気を使って。
お店の前でスマホで撮っている姿は、なかなか不審者でした。

⑦11:31 青洲公園
町庁舎から走ってすぐの川沿いにある公園…公園というほど広い場所ではなかったです。
駐車場は6台くらいは停められそうでした。


公園内に国道に向いている看板があり、その裏にQRコードがありました。
事前に場所を知らないとちょっと探してしまいそうです。



⑧11:55 みたまの湯
平日なのに混んでいました!
正面入り口の向かって右側の窓にQRコードがあります。
温泉施設の窓の前でスマホをかざしているのはちょっと怪しげですが仕方ないです。


甲府盆地を眺めながらの温泉は気持ちよさそうですね。
ちょうど昼食時間だったので食事だけでも…と思ったら
入館料が別途かかると言われて断念(´・ω・`)
めっちゃ広いぞ甲府盆地。


★12:42 ちょっと寄り道 本栖湖
次のチェックポイントの河口湖エリアの鳴沢氷穴に向かいますが、
途中で本栖湖に寄れそうなので寄ってきました。

うぉぉ、
富士山の周辺はいつも雲がかかっているイメージでしたが、
この日はくっきり富士山が見えました。
晴れて良かったね

みんな大好き リスポーン地点
このトイレを撮っている人は間違いなく聖地巡礼の方ですね。
お天気がいいせいか、平日でも本栖湖は混んでいました。

⑨13:26 鳴沢氷穴
本栖湖にのんびり寄り道をしていたら思ったより時間が経っていました。
まずいまずい。

どこにQRコードがあるのかと探していたら、脇にあるトイレの横に貼られていました。
これは分かりづらいですね。
と、ここでQRコードを読み取ろうとしたら謎のエラー。
Googleアカウントをログインし直したりスマホを再起動してみたりGPSを設定し直したり。
何度かエラーを吐いた後、スタンプを取得できました。
今までそんなことなかったので焦りましたね。


写真にもありますが、駐車場が16時に閉まるので営業時間外のスタンプ取得はできません。
(駐車場閉鎖時間は変更になる可能性があります)
また、河口湖周辺は休日だと混み合うので時間に余裕を持って巡ったほうが良いです。

⑩13:58 大石公園(ブルーベリーの里 河口湖自然生活館)
道中、紅葉が真っ最中です。
後続車がいないことを確認して1枚。

河口湖のほとりにあるブルーベリーの里 河口湖自然生活館に到着です。
ここも混んでいまして、だいぶ離れた駐車場しか空いていませんでした。

正面入り口に入るとすぐQRコードがありましたが、
「読み取りにくい場合は通路側にもポスターがあります」
みたいなことが書いてありました。
たしかにGPSの位置情報がおかしい的なエラーが出て読み取れませんでした。

レジ横の通路にもQRコードがあり、こちらでは無事読み取れました。
いやー、読み取れないと焦りますね。

ここのQRコードも施設内にあるので営業時間外のスタンプ取得はできません。
通路はけっこう人通りが多かったので、休日だともっと増えるかもしれません。

⑪14:31 河口湖(富士山パノラマロープウェイ たぬき茶屋)
河口湖沿いに無料駐車場があるのでここに停めました。
平日ですがけっこう混んでいました。
これ、休日は停める場所が難しそうです。

駐車場から歩いて3分ほどで富士山パノラマロープウェイ駅に到着です。
さて、ここのQRコードはロープウェイで登った山頂の売店にあります。
山頂に行くにはロープウェイ数分の往復で900円、もしくは
ハイキングコースを(看板によると)徒歩で山登り片道40分の二択。

ほぼ強制課金です。


QRコードを取得するためだけに900円かぁ…と思いつつも乗車。
紅葉の時期ということもあり、なかなかの乗車率です。
数分間ですが美しい紅葉の合間を縫ってどんどん登るロープウェイ。
予想以上にキレイでした。
これはお金払った甲斐がありました!(テノヒラクルー

山頂にある「たぬき茶屋」さん、その入り口にQRコードがありました。
混み合っていたので近くにいたお客さんに頭を下げながらスタンプ取得。
もうちょっと離れたところに貼れませんでしたかね…。


スタンプを取得後、すぐ数分後の折り返しのロープウェイで降りて行きました。
係員の方に「え、あなた今さっき登り便に乗ってきませんでしたか?」
みたいな顔されましたが、気にしない。
山頂からの富士山の写真?
撮り忘れました。
ロープウェイ登り/下りの時間が限られているので、逃すと大変なことになります。
事前に運行情報は確認したほうが良いです。

無料駐車場からも美しい河口湖の景色。
美しい景色もほどほどに次のチェックポイントへ。

⑫15:08 富士山世界遺産センター
最終ポイント、富士山世界遺産センターに到着です。
ここを最終ポイントにしたのはコンプリート賞の野クル缶バッチの配布場所だからです。
もう一ヶ所配布場所があり、8番目に行った「みたまの湯」ですが
最終地点にするには難しい場所だったので、こちらを最終ポイントとしました。
ここのQRコードも施設内にあるので営業時間外のスタンプ取得はできません。


正面から向かって右側、北館のカウンター横の掲示板にQRコードがありました。
ここでスタンプラリー完走です!
受付カウンターの方にスタンプ一覧を見せるとコンプリート賞の景品が貰えました。
なお、この日の時点で200個ほどのコンプリート賞景品を配布しているとのことでした。
つまりスタンプラリー開始10日ほどで既に200人ほどが
富士山世界遺産センターで完走されていると。
みなさん、行動が早いですね。

この後は甲府市内に向かい、新発売の地酒を買い込み、ほったらかし温泉で入浴。
20時すぎの空いた国道を走って無事家に帰ってきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日帰り突貫チャレンジを終えて。
無事、計画通り日帰り突貫スケジュールでスタンプラリーを完走できました。
と、言っても早起きして朝8時半前に南部町役場からスタートするという条件の下です。
フラッと休日に昼前から出発しようと思うと多分日帰りは無理かと思います。
スタンプラリーは車やバイクで巡るのを強くオススメします。
公共交通機関のみだと日帰り突貫コースは無理ですし、数日間かかると思われます。
山梨県南部域のみとはいえ、範囲は広いし観光地を含むため
渋滞に巻き込まれることも考えてある程度の計画立てが必要かと思います。
もちろんスタンプラリーはスタンプ取得の早さや効率を競うものではないですし
時間制限があるわけでもないので、1泊したり日を分けて聖地巡礼しながら
巡るのが本来の企画側の意図する形だと思います。

走行コースはこんな感じになりました。(寄り道は含めていません)
最終ポイントでコンプリート賞を貰うと考えると南部町からの時計回りが良いかと思います。


走行距離と所要時間です。
走行距離は127km、寄り道が無ければ110km程度です。
所要時間は08:21~15:08で6時間47分、寄り道が無ければ6時間を切ると思います。
燃費が悪いのは、車のせいじゃ...

以上、へやキャン△ デジタルスタンプラリーに挑戦してきた感想となります。
これからスタンプラリーに行く方の参考になればと思います。
ご意見・ご感想等いただければ嬉しいです。

広告
×
動画を投稿されていた頃から「〇〇に行ってきた」系のものが得意なのでしょうか、丁寧な作りに感じられて、ちょっとした小旅行を覗かせてもらう感覚で、楽しく読ませて貰いました。
4ヶ月前
×
中部横断道、下部温泉早川IC~六郷ICまでは無料区間ですし、六郷ICから市川三郷町までは道がきちんと整備されているので、そちらを使った方が遥かに楽だと思いますよー。
4ヶ月前
×
11/16に河口湖行ってきたけどロープウェーはふもとの方にもQRコードありましたよ
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。