絶対に許さない、訴〇(きそ)も辞さない ~〇〇〇の職場いじめとの闘い その2~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絶対に許さない、訴〇(きそ)も辞さない ~〇〇〇の職場いじめとの闘い その2~

2020-01-21 07:04
    【〇〇〇が、何にそんなに怒っているのか】

    事実と違うことを、本人(私)に確認しないまま、決めつけ・悪意を持って広めた
     →さらに、誤解があるところをこちらが非を認め謝罪したが、受け入れようとしなかった。
       (「私は聞いてない」「私は見てない」)

    ・同じ部屋に他の職員が居ようが、本人に聞こえようが構わずに酷いことを言った。
     →実際、ほとんど聞こえていたため、直後に抗議しました。(悪びれる様子もなし。その様子の映像もあり)

    そもそも、言った言葉が酷い。
     →特定を避けるため、あまり詳しく言えませんが「デブ」とか普通に言ってます。(※)
    ※言った本人は、動画を確認した後で「そんなこと言ってません」と言っていたが、「じゃあなんて言ったんですか?」と尋ねると「知りませんよ!忘れました!」「(思い出すために)動画、もう一度見ますか?」「いいです!!」…こんなんじゃ訂正もできません(この様子の音声データあり)


    もっとありますけど、根本的なのはこんなところ。


    【どうすれば、解決と言えるか】

    まずは最低限、「傷つけるような酷いことを言った」と本人たちが思ってもらわないといけない、その上で謝罪すること。
    事実と違うことを、確認もせず言ってすみませんと、そこも謝罪すること。
    二度とこんなこと(悪口)はしませんと、誓うこと。

    本来はこれを、私だけに言えば終わることだが…

    少なくとも悪口を言ったうちの一人は、いろんな職員に「自分は悪くない、〇〇〇がチョットおかしい」という感じで伝えている。(※一部、証拠映像あり)
    それはウソでした悪いのは悪口を言った私たちでした全職員に対して言って欲しい。(何人にどう伝えたかは不明なので)
    悪口を言ったもう一人の方は、もう少し良識があるけど、似たようなことをしているかもしれない。そちらも併せて全職員に告白してほしい。


    分かりやすく、具体例で示すと…


    例えば、職員会議の場で悪口を言った二人が

    「他の職員も居る、そして、本人も聞こえる場所で、『聞こえても構わない』と悪意を持って、〇〇〇先生の悪口を言いました。その内容も、私たちの勝手な思い込み・決めつけで酷いことを言ってしまいました。いろんな先生に(悪口を言った)私たちが悪くないという風に伝えましたが、本当は悪いのは私たちです。嘘をついて申し訳ございませんでした。〇〇〇先生、そして他の先生方、本当に申し訳ございませんでした。このようなこと(悪口)は、二度といたしません。」


    と、言うこと、とか…
    本当は、動画の上映+会話の書き起こしを配りたいくらいだけど、↑くらいの謝罪の言葉なら、悪口言った二人のプライドが保たれるでしょ

    …優しいよなぁ、まだ悪口言った二人のこと気にかけてる(´・ω・`)


    さて、前回引っ張った内容。
    次なる一手なんだけど、まさに進行中な争いごとなので、手の内明かしすぎてもマズい。

    ってわけで、キーワードだけ。

    行政書士

    の、センセーのお力を借りて、いろいろするつもり。

    いじめは、絶対に許さない
    徹底的に戦います


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。