絶対に許さない、訴〇(きそ)も辞さない ~○○○の職場いじめとの闘い その4~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絶対に許さない、訴〇(きそ)も辞さない ~○○○の職場いじめとの闘い その4~

2020-01-24 07:01
    【これまでの経緯】
    ○○○に対する悪口が言われている動画がガッツリ撮れてしまう

     ↓
    映像を園長・主任に確認してもらい、解決(職場から悪口を無くす)に向けた活動の打ち合わせ
     ↓
    悪口を言った二人、園長・主任・○○○の5者で面談
     ↓
    面談のあまりにも酷い内容に、○○○激おこ
     ↓
    法テラス(法律・行政関係機関への導線)・労働局(国の機関)、行政書士(法律上の手続き、各機関への手続き等のスペシャリスト)・市(行政)に相談など各所に掛け合う
     ↓
    その様子を知った悪口2人組が、ようやく自分たちのしてしまったコトの大きさに気付き焦り始める(遅すぎ
     ↓
    個別に、○○○に謝る
     ↓
    ○○○「ゆるさないよ(´・ω・`)」
    悪口A「えっ?」 悪口B「えっ?」 ←イマココ




    大人なら、自分の言った言葉(悪口)に責任を持ちましょう。

    「ごめんね」「いいよ」で許されるのは、幼稚園・保育園・小学校までです。



    っていうかね…悪口を言われた直後に、私は自分にも悪い所があったからそれを謝ったのよ
    伝達すべきことを、伝えてなかったからね(これも○○が伝えてくれていれば、そもそも今回の問題は起こらなかったんだけど…)

    そしたら、悪口を言ったうちのひとりは「今更そんな事言うな」といったニュアンスのことしか言わなかったからね。
    「あらごめんなさいね、そうとは知らず酷いこと言ってしまって」
    そう(表向きだけでも)言えば、そこでこの件は終わってたハナシ。


    そして、私が本気出して各所に掛け合うのを知って焦って謝って
    私に「ゆるさないよ(´・ω・`)(今更謝っても遅いよ)」と言われて

    どんな気持ちですか。それが、私が感じていた感情ですよ。

    ああ^~「NDK?NDK?」ってAA貼って煽りたいw


    今回の件が解決するかは、被害者(悪口を言われた)である私の気持ちの問題です。
    謝罪をなぜ受け入れなかったかは、謝った一人には伝えましたが、謝罪が非常に「自分本位」だからです。
    「(悪口を言った)私が楽になりたいから
    その思いが思いっきり透けて見えたので、「許さない」を突きつけました。

    「いじめ」を行う人間の心情
    それは「無抵抗な相手を玩具にしたい」という、最低なもの。
    今まで私は、陰でいろいろ言われてるなと思ってはいましたが、我慢してました。(一見、無抵抗)
    それが今回、動かぬ証拠を掴んだ私が反撃をしたら、早々に謝って許してもらおう・楽になろうって…
    そんなズルいことないですよね?

    改めて言います、大人なら自分の言った言葉に責任を持ちましょう。



    さて、ここからですが、コトの運び方がとても大事。
    と言っても、私の目指すところは初めからひとつです。


    職場から、悪口を無くしたい


    これだけです、本当にこれだけ。
    あと、不当に名誉を傷つけられてるのを回復したいってオマケ(これがものすごく大きいんですけど)があるけど。

    映像見た行政書士の先生も仰ってたけど、モラハラ・パワハラ・セクハラが横行してます。
    ただこれは、内部(職場)に居ると気づけないんですよね…「それが普通」になっちゃってる。(ブラック企業の特徴のひとつ)

    悪口を言ってはいけない

    こんな当たり前なことなんですけど、園長・主任からして「悪口ってつい言っちゃうよねw」といった感じですから。
    粘り強く説得していますが、やはり私ひとりの力では限度があるとも思う。

    …やっぱり、公的な機関から一回、お叱りを受けないといけないんじゃないかなぁ…?
    内内で済ませてしまってはいけない気がします。
    もうちょっと、いろいろと模索してみますよ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。