今回の騒動の原因となっている保育士を分析してみる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今回の騒動の原因となっている保育士を分析してみる

2020-01-25 12:24
    さて、今までは転載でしたが、ここからようやくこのブログのための完全オリジナル()な書き下ろしになります。

    名前が無いと自称・他称とも呼びづらいと思うので…
    丸三… まるさん…

    マルさんと、気軽に呼び捨てにしてください(´・ω・`)

    挨拶は マルさん乙!(丸三うpお疲れ様、の意)で



    2019年は、とある保育士の先生にとって受難の年になりました。
    ダラダラ転載しましたが、何が起こったかということを、時系列ごとにまとめていきたいと思います。

    その前にまず前提として、〇〇〇先生の立場の特殊性があります。

    1.園内でただ一人の男性保育士である。
    2.唯一、事務と保育を並行して行う立場である。

    まだあるのですが、それを書くと〇〇〇先生の身バレに大きく繋がってしまうので(これ自体がヒントになってしまいますが…)書けません。
    とにかく、何かと特殊な立場であり、妬み・孤立・排除の対象にされやすいと思ってください。
    更に、〇〇〇先生本人も主に性別を理由にしたトラブルを起こさないことを非常に意識しており、特にプライベートでの関わり(忘・新年会等の懇親会なども)を極力、排除しているようです。

    そんな〇〇〇先生ですが、能力自体はかなり高いです。
    保育を学ぶ専門学校を首席で卒業、3歳児クラスの担任もしたことがあります。
    ただ…そういうことも話したがらない人なので、恐らくそれを知っている人も他の職員ではごくわずかでしょう。

    多くを語らず、かといって不愛想というわけでもなく、しっかり挨拶はしますし、話しかけられれば笑顔で応えます。
    ただし、出しゃばることも嫌うようで、例えば他の職員がひとりで制作を行っている場面でも、声はかけども手伝うことはないです。(「男女が2人きりで作業する」というリスクを排するためかと思われます)


    性格的には、「他の人と同じことをするのが嫌い」という感じで、ファッションもやや独特です。
    「奇抜」と「無難」の中間くらいでしょうか。そんな感じ。

    保育にもそれが現れており、例えば「紙飛行機」も、普通の「槍状」ではなくイカ飛行機

    「イカ飛行機」の画像検索結果

    更に能力&意欲がある子には


    関連画像

    牛乳パックで作ったガチめな飛行機なども、一緒に作ったりする先生です。
    (画像はネットの拾い物。子どもが作ったものはもう少し歪(いびつ)になります)


    そんな感じで、他の保育士はやらないような楽しいことをしてくれるので、子どもの人気は非常に高いです。



    ・・・・というわけで、何となく〇〇〇先生のことが分かってくれたんじゃないかと思います。

    これを基に、次回は2019年の騒動をまとめます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。