感情を最優先すると、道理も合理性も正義も全て無視される
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

感情を最優先すると、道理も合理性も正義も全て無視される

2020-01-28 07:31
    さて、客観的に状況を見るに、私がヲチっている保育園の状況は

    特定の男性保育士をいじめて、団結力を高めていた女性職員たち
    (※女性職員たち本人はイジメと思っていない。悪いやつを懲らしめてると思っている)
     ↓
    一部の女性職員がいじめの現場の決定的な証拠を、男性保育士に握られてしまう(動画・音声録音)
     ↓
    男性保育士の一転攻勢
     ↓

    ・・・から、現状どうなっているかというと、男性保育士をとにかく悪者にしようと躍起になっているようだ。


    【言い分 その1】

    防犯カメラの映像が気に入らない。
    あのカメラは、盗難などを防ぐためにつけたものではないのか?
    なのになぜ、職員の言動が監視されているのか。プライベートの侵害ではないのか。

    <反証>
    カメラは事務室につけられていた。
    設置の最初の目的は、少額ながら金銭を扱う場という点、傘の盗難の訴えをうけ、傘立てを監視する目的でつけたものだ。職員にも周知している

    事務室はプライベートの場ではない。というか、悪口が言われていたときには事務室内に他の職員も居た。
    扉も開いていて、それに悪口を言っている2人も気づいている。
    周りに聞こえるよう意識して声の音量も大きくしており、2人もそれを認めている。「私的な話をしていた」というのはあまりに無理がある。

    そもそも、防犯カメラのあるなし、録画の有無に関わらず、他の職員の悪口を言うという、あまりに社会正義に反することをしてはいいという理由にはならない


    【言い分 その2】

    ブログで他の職員を批判してる。
    担任の苦労も知らずに切り取りで悪いところだけをクローズアップしており、モラルに反する。
    しかも、真実でないことが書かれている。

    <反証>
    匿名で書かれたブログ記事は、特定の職員を指すものではない
    「真実でない」と言うのなら、それはその職員のことを書いたものではないのではないか?

    内容的にも、保育観の違いによる葛藤で、ブログ主、書かれた職員(?)どちらが正しいというものではない。
    ブログ主がよりよい保育を模索し、それでいて他職員との関係を壊さないよう努めている様子が記されている。

    そもそも、ブログはプライベートの場なので、そこに(友人という枠からではなく)口を出すというのは、著しくモラルに反することである



    など、とにかく男性保育士を糾弾したいという感情、何とかして自分たち(女性職員)の思い通りにコントロールしてやろうという思いが強く表れている
    反証で示した通り、それらは客観的に見ると極めて理不尽な申し出であることが分かる。

    これらの訴えを受け、男性保育士は極めて合理的に、上記反証のような受け答えをするのだが、それが正しいだけに余計に女性職員たちの反感を買う結果になっている。

    男性保育士を悪者にしたい女性職員、しかし、どこまでも正しい男性保育士という、非常にねじれた構図になって収集がつかなくなっている。

    女性職員たちは、感情を最優先した結果、正しいものを受け入れることが出来ない状態になっているのである。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。