プラグインのはなし3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プラグインのはなし3

2013-07-16 21:00

    こんにちは。FILTER SYSTEMです。


    暑いですね。DTMはクーラーガンガンで作ってますよ?悪い?
    (釣り針大きかったですね)


    さてさて、我らがWAVESのダンピングは続いていまして
    こどごとく引っかかっておりますので。
    ちょいと紹介を…


    まずは C4コンプ




    定番ですね。定番だけど持ってなかったですね。
    クセのなくて使いやすいですね。
    クセが無いならDAW付属のヤツでいいじゃん!





    続いてはONE KONBシリーズ




    つまみがひとつだけ!
    プリセットもへったくれもありません!
    非常に潔いです。
    ONE KNOB Wetterと
    ONE KNOB FILTERを多用しておりますです。




    最後にMaserati VX1





    ボーカル用のトータルエフェクトなんですけど、
    コレはいいです。


    大抵のプラグインは
    「○○ってシンセを再現しました」
    「スタジオ定番の○○コンプを再現しました」
    って感じなんだけど、これはエンジニア Tony Maseratiの鉄板設定を再現してるんですよ。

    なので、簡単なセッティングで『いい感じ』にしてくれます。

    今までYAMAHAのVocal RACKってのを使ってたんですけど
    より自然な感じにしてくれます。おすすめ。
    (今月いっぱいバーゲン中ですお)



    ONE KNOBにしてもVX1にしても「簡単に」「いい感じに」ってのが割と重要で
    確かに時間をかけて作り込めばいいものできるんですけど、
    あまりひとつの工程にこだわり過ぎちゃうと
    曲をつくってるんだか、音を作ってるんだかわかんなくなっちゃうんですよね。


    手を抜く所は抜く!
    作り込むところは作り込む!

    ってメリハリが重要かな?と…


    ボーカルトラックはピッチ修正のあと

    Maserati VX1
       ↓
    Vocal Rider
       ↓
    ONE KNOB WETTER

    でザックリ何とかなります。


    …たぶん。。。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。