Logic X 導入しました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Logic X 導入しました。

2014-03-25 21:00

    こんにちは。FILTER SYSTEMです。



    先日iMac(late2009 core i7)をSSD+HHDの自作フュージョンドライブにしまして、
    ついでにOSを10.9にしまして、さらについでにLogic Xを導入しました。
    GUIが大幅変更されて、操作系も少し変わってるっぽいので
    慣れるために耳コピカバーを作ってみました。



    ちょっと解説。


    TB303はES Mでレゾナンスとカットオフをオートメーションで上げ下げしてます。
    リズム隊はEXS24に入ってる808と909の音色ですね。


    ♪コン・カンってパーカッションはUltraBeatです。
    ただ「カン」の方のピッチが低かったのでPitchShifterであげました。


    ベースはRetroSynthにサイドチェインかけてます。
    サイドチェインにはトリガーがいるので、てきとーなAppleLoopからキックだけ抜き出して
    ダミートラックをつくってます。


    もうひとつのベースラインは新機能のアルペジエーターをつかってます。
    が、使い方が悪いのかたまに荒ぶるんですよねー。。。


    ボーカルはコンプで潰して、EQで低音削って、PitchCorrectionで修正してます。
    あとリバーブ2種類をbusでまわしてディレイもbusでまわしてます。
    んで、このbusのディレイからもリバーブ2種類にbus回すのがポイントです。

    あと間奏部分のコーラスのハモリを新機能 Flexpitchでつくってます。
    ピッチを変えたときの不自然さはかなり押さえられてますけど、
    これまたたまに動作があらぶりますね。

    マスタートラックはプリセットのDanceにAdaptive Limiterを足してます。



    ザックリ触った感想

    【よいところ】
    ・内蔵プラグインいっぱい
    ・アルペジエーターおもしろい
    ・appleLoopの名前を拾って(?)アイコンを自動で変えてくれる
    ・FLEXTimeとFLEXPitchだけでもボーカル修正がなんとかなる。

    【わるいところ】
    ・32bitプラグイン非対応(僕は32Livesつかってます)
    ・ショートカット類が若干変わってる
    ・MIDIトラックを重ねて録音すると前のが消えてる
    ・アルペジエーター荒ぶる


    結論。
    MACもってて打ち込みやりたい人は安価なのでおすすめ。
    仕事で使ってる人はLogic9との併用がおすすめ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。