• このエントリーをはてなブックマークに追加

tabarusaさん のコメント

入会したよ!!
No.2
19ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
「継続的に生放送釣り番組を行っていきたい」 その為の仕組みが、ニコニコチャンネルの機能を利用したカルモア釣査団後援会です。 継続的な活動をする為に、皆様から毎月550円を継続的に受け取る月額制となっています。 発足の経緯から、またユーザーチャンネル化の困難さ、機材や車、税金の処理などの観点から企業アカウントでの運営をしています。 目標会員数は現時点の規模だと 1000人 ですが、 はっきり言って、到達していません。 (2020年2月20日現在) 今後も観たいと思っている視聴者皆様、一人ひとりの積み重ねにより、目標達成が無理ではない所まできています。 ご支援をよろしくお願い致します。 ご賛同を頂ける方はこちらからお手続きお願い致します。 http://ch.nicovideo.jp/fimofishing?bylaw_type=modal 「無料で見れる物になぜお金を払わなければならないのか」 とお考えの方もいるかと思います。 いつまで無料でやれるか、現状は会社判断次第、さじ加減一つで決まり、僕らには決定権はないです。 それは5年という時間を与えられて、継続可能な目標人数という結果が出せていない以上、仕方がない事だと言えます。 そこでNetflixの様な、契約者からお金を貰うので、独自に面白い物が作れる、という会社が伸びてきていますが、無くなるよりも良い、という判断で放送の完全有料化も選択肢に入っている状況です。 この点において「釣りを生放送したら面白い」と考え、この記事を書いている時点で約5年間、毎週を越える頻度(年52週)で釣り番組を行ってきました。 この継続性という点で、他には無い物、現状で代わりが効かない事をしている自負があります。 ですが『釣りの生放送は面白い』という価値観が世間に広がりづらくなります。 もっと大勢がカルモア釣査団を見るようになったらいいのに、と少しでも思った事がある方、考えた事がある方には、ぜひとも無料を続ける為にも、ご支援をお願い致します。 お手続きはこちらから http://ch.nicovideo.jp/fimofishing?bylaw_type=modal 「後援会に入った所で生放送釣り番組が続くだけなのか」 基本的には生放送釣り番組をご支援して頂く、という形ですが、僕らの気持ち、という部分において返礼であり、ご支援を頂いている皆様とコミュニケーションを取りたい、という事もあり、以下の限定、専用をご用意しています。 ・後援会限定放送 ・専用アーカイブ動画 順を追って説明します。 先ず、分かりやすいのは専用アーカイブ動画となります。 あの時のアレ、そんな懐かしい物から、印象深い物まで、 放送当時のコメントが載った状態で保存した物を公開しています。 https://ch.nicovideo.jp/fimofishing/video/member?sort=f&order=d 2020年2月時点で145本のアーカイブ動画があります。 次に、後援会限定放送では毎月、企画会議、報告会(振り返り雑談放送)を行っています。 僕らと支援を頂いている皆様とのコミュニケーションの場であり、翌月企画やグッズ制作では若干のご参加をして貰っています。 2020年からの取り組みとしては、スマホ配信を活用する事で大西の料理配信を増やす予定です。 また、顧問の一人釣りは釣り放送ですが「放送として釣果(魚をキャッチする)を目的としていない」「それが広くは理解されない」ことから、今後は限定で行っていきます。 ※ 大西が出張などで長期放送スケジュールに穴が開く際の一人放送は別とお考え下さい。 猫将軍によるコメンタリーダイジェスト放送も始まりました。 もっと僕らを見ていたい、ニコニコを通じたコミュニケーションをしたい方は是非ともご入会よろしくお願い致します。 お手続きはこちらから http://ch.nicovideo.jp/fimofishing?bylaw_type=modal 「Youtubeに活動を移すのか」 いま一定の成果が出ている事もあり、注力しています。 やればやっただけ伸びる、成果が確実に見えるという、ニコニコには無い部分があります。 そして、とにかく大きいのが世間での認知です。釣り場で声をかけられる機会が明らかに増えました。 また、ネットにおける数字においても、10万、100万、登録者数や再生数という基準が、5年前とは正に桁違いになっている中で「ニコニコだけでは何をするにも小さすぎる」という現状打破も考えなければいけません。 無料をベースとする数字であれば、今は千の単位では戦えません。呂布でも無理です。 他にも活動が土日、祝日といった休日にまで食い込む中で、広告収益は、遠方への遠征や、新機材など、これ以上は会社に頼れない部分で、活動の力になっています。 中には 生放送と動画の撮影は相性が悪い企画もあり、時には動画だけ、という事が稀に起きているのは事実です。 ですが、僕らの事を、カルモア釣査団を「面白いから大勢に知ってもらいたい」と感想をお持ちの方はご理解をお願い致します。 僕らは現在、更にはこれからも存続していく為に必要な事と認識していますし、最終的に生放送の視聴者増加につながると考えています。 「なぜ後援会なんだ、入ると本当に支援につながるのか」 繰り返しますが継続可能な状態である1000人には達しておりません。 純粋に面白いであったり、代わりがない、今後も無料で続けるべきだ、もっと世間に知ってもらいたい、そうお考えの方は是非ともご支援をお願い致します。 お手続きはこちらから http://ch.nicovideo.jp/fimofishing?bylaw_type=modal
ぬこまた釣査団
ぬこまた釣査団の運営や企画に関するブログを発信します!