自動枠取り・自動延長をコメントでON/OFF切り替え【やります!アンコちゃん】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自動枠取り・自動延長をコメントでON/OFF切り替え【やります!アンコちゃん】

2014-12-23 23:07
    やります!アンコちゃんの配布サイトはこちら
    http://com.nicovideo.jp/community/co278640


    他の記事
    やります!アンコちゃん ブロマガ目次→ar368648


    この機能を使っている人が全く居ない気がするので宣伝。
    バルス機能と呼んでいます。

    本機能の概要と使い方

    アンコちゃんとNLE、にこなまえんこで自動化して延々配信し続けることも出来るため、うっかり寝落ちなどすると寝息・寝言配信になってしまったり、ウェブカメがついてると寝顔配信になってしまうことも。

    バルス機能とは、配信中の寝落ち・主不在で延々配信し続けるのを防止するための機能です。
    配信者が"信頼できると判断したリスナー"に「運営許可」を与え、その運営許可を貰っているリスナーが指定されたキーワードをコメントすることにより、ON/OFFの切り替えができます。それにより、配信を停止させるというものです。

    運営許可を与えたリスナーの他にも、BSPユーザーのコメントでも切り替え可能となっております。

    悪意を持ったリスナーにご注意ください」と書いてあるため、危険な機能だと思って使わずに居る方が多いようです。誰でもその切り替えができるわけでは有りませんので安心してください。手動で許可したユーザー(運営許可を持った)にしか、切り替え権限が有りませんので。ただし、"信頼できるリスナー"に「運営許可」を与えてくださいね。

    必要な設定

    本機能を使うには、まず機能を有効にする必要があります。場所は、
    設定>設定>放送延長タブ(要設定レベル)の「リスナーに自動延長・自動枠取りの有効・無効の制御をさせる」にチェック。
    キーワードと許可をするメンバーは適当に設定しておいてください。出来ることなら、普段は絶対にコメントすることのなく、且つ覚えやすいキーワードに設定することが好ましいですね。



    「運営許可」の与え方は、コメント表示エリアにて該当ユーザーのコメントを一度左クリックしてから右クリック>ユーザ編集。「読み上げする」の更に右にある「運営許可」にチェック。与える相手を間違える事の無いように、コテハンも確認してください。

    これで準備完了。

    実際に使ってみる

    といっても、本来はリスナーさんにやってもらうのであって、自分でやることでは有りません。ですが、自分に「運営許可」を与えれば動作確認もできます。自分の生IDを「運営許可」しておけば、外出先から携帯・スマートフォンからでも停止できるのでオススメです。

    実際にやってみれば分かるのですが、アンコちゃん下部のボタンで自動枠取り・自動延長の状態を切り替えた時のようなメッセージが、主コメで自動で投稿するようになっています。これにより、現在が有効・無効なのかという状態がリスナーにも伝わります。同時に、離席や寝落ちをしていない場合、配信者の目にも入る仕様となっております。


    本機能の注意点

    実際にこの機能の出番が来たのか、それとも主が自分の意志で離席中なのか分からず、停止していいものかとリスナーが悩む可能性についても考慮しないといけませんね。停止して欲しくない場合の意思表示として、主コメントで「/perm 離席中」と出しておいたり、放送画面にテロップを出すなど決め事をしておくと良いと思います。

    止めて欲しくなかったのに止められてしまったというトラブルが減りますし、同時にトラブルを気にして本機能を使えないというリスナーへの配慮のためにも。


    結論

    これを言っては身も蓋も無いのですが、通常枠の放送を終える時には、自動枠取りを無効にしたこと・次枠を取得していないことを確認してください。極論を言えば、アンコちゃんを閉じれば自動枠取りは機能しなくなり、事故が最大でも1枠で済むようになります。

    予約枠の放送では、確実に配信を停止させてください。そしたら自動延長も漏れ無く止まります。

    寝落ちについては、まずしないことが大切ですね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。