kaniくんさん のコメント

WC直前に解任っていうのはさすがに酷いなと思った。
ハリルは良くはなかったけど特別悪くもなかった、しっかり予選突破の結果もだせたし、及第点くらいは貰ってもいいと思う。確かにハリルのサッカーは日本にあってはいなかったけど、ここまで(2.3年くらい?)日本を引っぱってくれたのだから、最後までやらせてあげるべきだった。
No.5
29ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
サッカー日本代表監督であるハリルホジッチ監督が今日解任された。 ワールドカップ本戦まであと2か月余りという状況の中での電撃的な 解任はかなり異質。 正直どんなに悪くてもハリルホジッチ監督で行くんだろうと思っていたので サッカー協会のこの時期の解任決定には今も驚いている。 ちなみに後任は誰かはまだ決まってないらしい。 手倉森さんか西野さんか…。個人的には今までハリルの横で代表を サポートし続けてきた手倉森さんが立場的にはベストだとは思うが、 なんにしてもこの時期に解任され以上、もう前を向いて新しい 監督の元で団結して行くしかないし迷っている時間も無い。 追記※西野さんに決まったらしい。 んー…にしてもだ。 そうは言っても…だ。 ハリルホジッチ監督が特別悪かったのかと思うとそうでもないとは思う。 ワールドカップ予選も多少の躓きはあってもしっかりと予選を突破。 オーストラリアから久しぶりの勝利も取れたし、欲しいところでの結果は 出してきた。 もちろん今年に入っての親善試合なんかは、成績が出なくて苦しんではいたが あくまでも親善試合であって、勝って欲しいとは思いつつも、結果にこだわるような 勝たなくてはいけない試合ではない。 更に言えば日本代表の実力だって常に勝つ事を求めらる程の強い国ではない事は 今の代表のキャリアを見れば分かる事だ。 香川や酒井(宏)、吉田といった主力選手の怪我でベストメンバーが組めなかった という部分もある。 にもかかわらずこのタイミングでの解任というのはどうなんだろうか。 報道では「ワールドカップに出場しないマリとウクライナに勝てなかった3月の ベルギー遠征をきっかけに、チーム内部から不満が噴出」とあるがマリと ウクライナがそこまで弱い国という訳でも無い。 そもそも前回のワールドカップでのアジアの成績は出場4チーム全てが最下位。 1勝すらどこも出来なかった事を忘れてはならない。 つまりアジアのトップをもってしても勝つすら出来ない地域。 この時期での結果うんぬんで監督の首が飛ぶというのもなんだろうなぁと思う気持ちも 分かってもらえると思う。 まぁスポンサーであったり外側からの圧力というものもあったのだろうとは十分に 予想されることではある。 ただ、ハリルホジッチ監督のやりたい事、欲しいスキルを持つ選手が日本人には 少なく選考に困っているというのはとても感じていたしレギュラーメンバーと サブとの差もかなりあるように思っていた。(特にサイドバック) そういった意味では現状の日本におけるサッカーというものとハリルホジッチ監督は 合わなかったのかもしれない。 (とゆうか予想以上にJリーグの選手で得られるものがなかった) ドイツである程度の信頼を得られている原口と、未だに微妙な選手という評価の 宇佐美のドイツでの境遇を比べると、その辺り見えてくるものがある。 ハリルホジッチ監督はどちらを好んでいたか。 まぁでもハリルホジッチ監督を解任してハイ終わりだとするなら流石にJFAには失望する。 合わないという評価を下した監督を任命したのは誰だろうか。 そして合わないのであれば、どう合わせようとしていたのか。いや協会が そこまで考えてもいないのか…。 日本代表を強くする為には監督が重要だが、それよりも大事なのは育成。 小学生からユース、そしてJリーグにかけての発展と進化だ。 Jリーグは戦術的に進化しただろうか。 30過ぎのピークを過ぎた外国人ストライカーがミドルを決めしまう事に 何か思う事はないのだろうか。 世界から見れば日本のサッカーやJリーグはそんなに強くは無い。 欧州で評価されているのも吉田を除けばサイドバックか攻撃的な選手ばかりで センターポジションを任させるような選手はあまり出てこない。 だからこそ進化するべきなのだが… そろそろ何とかした方が良いと思う。DAZNマネーによりある程度将来の保証は 得られたのだから。
日頃思っている事、考えている事を淡々と書く