ハリルホジッチ前監督の会見を視聴
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ハリルホジッチ前監督の会見を視聴

2018-04-27 23:00

    ニコニコ生放送にてハリルホジッチ前監督の会見を視聴した。

    今までの3年間で積み上げてきた実績、しっかりと監督業をしてきた事実、
    そしてその中でコミュニケーションもしっかりと取っていたという事を
    話した上で、何故このタイミングで解任されたのかといった疑問を最後まで
    投げかける会見となったが…

    何とゆうか、個人的には何とも後味の悪い感じ…正直考えたくない方向に
    どうしても考えてしまうような会見となってしまった。

    「不満を漏らしていた選手が居た」

    密にコミュニケーションを取っていた中でそういった選手がいる事を
    ハリルホジッチも確認していたらしいが、組織の中で全員が幸せという
    事は日常生活の上でも中々無い。

    選ばれた選手の中でもスタメンの競争があり、交代枠の事を考えても
    試合に出れない選手がいるのは当然の事で、それを持って
    コミュニケーション不足に繋がるとは通常考えにくい。

    田嶋会長はハリルホジッチにコミュニケーション不足を理由に解雇する旨を
    伝えたそうだが、ハリルホジッチの「誰?」という質問に対して「全般的に」
    答えたそうだ。

    全般的にとは何だろうか。
    みんなという事か?

    3年も率いている中で、この直前のタイミングで選手達が揃って
    クーデター的な事を起こしたなんてどう考えても有り得ないし、
    仮にやるとなっても適切なタイミングがあったはず。

    そもそも田嶋会長や西野技術委員長にしても代表チーム内で
    問題があった(と、思われる)時に、指揮官であるハリルホジッチやコーチ陣に
    伝えていなかった事実も会見で分かったが、それにしたって何故
    何も言わなかったのか不思議でならない。

    まるで改善される事が逆にいけない事のような…
    もしくはそもそもそのような問題があったのかすらも怪しい。

    そして全てにおいて協会側が選手達に責任を押し付けているようにも見えるのも
    疑惑を強める。


    結局視聴しても尚、ハリルホジッチ同様、何故今という気持ちは
    未だに消えない。

    解任理由とされたコミュニケーション不足についてもハリルホジッチに
    心当たりが無い以上、最悪平行線のまま永遠に分からないままなのかもしれない。

    ただ言える事は、欧州リーグにしても国際チームにしてもここまで不透明な
    解任というのは本当に記憶に無い。

    プレミアリーグのオーナーが勝手に「良い監督空いたから明日からクビね」といった
    強権を発動された方がまだ明確な理由がある分理解出来る位だ。

    政治的な理由での解雇にしても、スポーツに政治が絡む事は良くないとは言え
    そこには確かな理由は存在するのだ。

    何とも中身が見えてこない。曖昧で不可思議な解任。

    確実なのはJFAがハリルホジッチやそのコーチ陣に対してリスペクトが無い
    対応をしたという事だけだ。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。