サポーターは勝手に夢を託して、勝手に勝利を願い、勝手に応援していた。 けれどその重圧は計り知れない事だと思う。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サポーターは勝手に夢を託して、勝手に勝利を願い、勝手に応援していた。 けれどその重圧は計り知れない事だと思う。

2018-07-04 01:39

    悔しさはあまり無かった。

    ただ、ベルギー戦に負けた=今回のワールドカップが終わった。と
    改めて思うと何だか何も手が付けられない…。

    毎日追いかけていた試合も今日は正直見る気になれない。


    でも、負けた。

    今回のロシア大会で日本の次の試合はもう無い。

    終わったんだね…。


    選手は命がけで4年に1度のワールドカップの出場権を勝ち取り
    こうしてベスト16まで登って来た。

    2次予選から見れば丸々3年という月日を戦ってきたし、
    2010年のベスト16という残像を見れば8年という月日が経過した。

    日本代表の選手またはスタッフの皆様。お疲れ様。


    勝てた試合だったと思う。

    問題はある。でも凄かった、がんばった。

    何より両サイドで常に上下動を繰り返し、体を寄せ、
    そしてカウンターの時は走る。

    そんな両サイドの頑張りに対して何かが微笑んでくれたような
    原口と乾のゴールはクオリティーの高い美しいゴールだった。


    サポーターは勝手に夢を託して、勝手に勝利を願い、勝手に応援していた。
    けれどそれに比例する重圧は計り知れない事だと思う。

    それでも立ち向かい勝利を目指した。

    結果はベスト16。

    確かに1つ上には行けなかった。

    けれど、ここまで来た事に対しては大いに感謝を言いたい。


    日本代表の選手またスタッフの皆様。ありがとう。





    それにしても今回のワールドカップ…凄い試合多すぎ…。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。