【ゲームレビュー】OCTOPATH TRAVELER
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ゲームレビュー】OCTOPATH TRAVELER

2018-08-09 01:06



    ゲームレビュー8つ目は7月13日スクウェアエニックスから発売された
    オクトパストラベラー(OCTOPATH TRAVELER)。

    発売前からスクウェア(アクワイア)のドット表現によるRPGである事や
    BGMの素晴らしさといった部分から、古参から新規まで幅広く
    期待されていた今作品。

    期待通り国内のパッケージ版は初週の時点で殆ど売れてしまい、
    発売から約一カ月後の現在もしっかりと売れ続けていて
    評判も概ね良好のようだ。

    自分も早々にゲームとサントラを予約した上で発売日からプレイしているが
    非常に楽しく遊べている。

    ただ少しではあるが、この評判の良さを少し懐疑的な目で見ている
    側面もある。

    と言うのもドット表現に対して『懐かしい』と感じるか
    『古いし、いまさら…』と感じるかは人ぞれぞれ。

    コマンド式の戦闘にしても良い意味で『RPGはコレで良いんだ』と
    思えるかどうかはそれぞれだし、その辺りを含めこのゲームの仕様を
    どう受け止められるかによって評価が大きく変わる作品で
    万人にお勧めできるゲームかと言われると若干疑問にも思ったりもしている…

    例えば、ダンジョンの設計は複雑な構造ではなく、
    割とあっさりとゴールにたどり着くように出来ている。

    特にギミック的な要素も無いし、道中の二股も大体は片方が進行路で
    もう一方が宝箱といった具合で迷う事もそれほどない。

    これを単調なダンジョン設計とマイナスに捉えるか、
    分かりやすいしセーブして少し時間を置いてもプレイしやすいぞ…とプラスに
    捉えるかはそれぞれだという事だ。

    評判が良いとは言え、意外と中盤を過ぎて飽きて放置…
    なんて人も割といるんじゃないだろうか。

    まぁともかく、レビューの方に行きたいと思う。
    (ちなみに現在の進行状況は45時間程度プレイで半分のキャラはクリア済み)



    懐かしさと共に新しさも感じる事が出来るRPG
    SFC時代のRPGやドット表現にポジティブならばお勧めしたい作品。



    新しい街へ行くたびにワクワクを感じる
    ゲーム全体を通して素晴らしいBGM



    単調になりがち(ストーリー、戦闘、フィールド、ダンジョン)
    仲間同士がそれぞれのストーリーにほぼ関与しない。




    まずこのゲームで何が素晴らしいのかと言うと、
    新しい街にたどり着く度に探索する事がとても楽しい。

    テリオンの固有スキルである『盗む』で一通り盗みを働く。、
    お金が豊富ならトレサの『買取る』で優秀な装備を確実に手に入れても良い。

    プリムロゼの『誘惑』やオフィーリアの『導く』で
    強いNPCを引き入れるのもアリだし、
    それと同時にサイラスやアーフェンで情報を集めるのも楽しい。

    サブミッションも取りあえず受けておこうか。

    と…、新しい街へ赴く度にこうした楽しみが待っているのは
    旅への足取りも非常に軽く、好奇心を維持したままフィールドを
    歩き回れるし、ゲーム全体のモチベーション維持にも大きく影響
    していたと思う。

    素晴らしい点はまだある。

    このゲームのBGMは本当に素晴らしい。

    戦闘中のBGMはもちろんの事、街やフィールド、ダンジョンでも…
    あらゆる場面でBGMが心地良く響き、退屈なフィールドとフィールドの
    移動も音楽1つで気持ちも変わりプレイヤーを楽しませてくれる。

    正直このゲーム、一つ間違えるとチープさが目立つ単なる昔のゲームを
    今風にして出しただけのもの…となる危険性もあった。

    だからこそ体験版を早々に出してプレイヤーの意見を取り入れたりして
    発売前のプロモーションにはかなり力を入れていたと思うが
    何にしてもBGMの出来の良さ、これがこのゲームをフルプライスの
    ゲームとして世に出せる価値を確固たるものに押し上げたと思っている。

    最近はグラフィックの美しさ、UIやカメラといった操作感が重視される傾向が
    強いが、こういったBGMで盛り上がるのも良いものだと改めて
    感じさせてくれた。


    さて、…では一方で良くない点はどこだろうかと考えると
    そこまで酷い部分は実は無い。

    ただ、強いて挙げるとすれば中盤から終盤にかけて全体的に何が起こるか
    予想が付きやすく単調になりがちという事。

    各キャラクターのストーリーにしても8人がそれぞれ別の動機により
    旅に出ている事は分かるが、どうもどこかで見たか聞いたような台詞、
    ありきたりな話が多くオチも分かりやすい。

    これを『王道の展開だ』と言えば聞こえは良いが、何とも一本調子な
    展開ばかりを見せらせるのも8人分となれば徐々に飽きてくる。

    更に、パーティーメンバー同士の掛け合いというのも『+』を押した時の
    ちょっとした会話のみで基本的には互いのストーリーに関与はしない。

    ただあれだけ同じ時間を共に過ごしているにも拘わらず他のキャラと
    ストーリーの共有がなされないのは逆に違和感が出てきてしまう。

    もちろん『そうゆう仕様』にしたのは分かっているが、その辺り
    『+』ボタンで変に会話させる位なら、関与しない不整合性の落としどころは
    用意して欲しかったとは思います。



    という事で、オクトパストラベラーのレビューとなりました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。