民進党代表選が始まった。「土下座」よりも、旧体制のリセット、若返りが先だろう。「ガラスの天井」を打ち破ったら、自爆してしまう…。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

民進党代表選が始まった。「土下座」よりも、旧体制のリセット、若返りが先だろう。「ガラスの天井」を打ち破ったら、自爆してしまう…。

2016-09-06 15:53






    民進党になって、初の代表選が始まった。予想どおり蓮舫代表代行(48)、前原誠司元外相(54)が立候補した。締め切り2時間前に駆け込んだのが、玉木雄一郎国対副委員長(47)。


    20人の推薦人に苦労しただけに、「第3の候補」の登場には驚いた。

    だが民放テレビなどの扱いは少ない。相変わらず有名女優の息子俳優の強姦致傷事件や、築地市場移転を延期した「小池劇場」ばかり取り上げる。

    自民党の圧力や総務相の電波停止発言以来、政権に批判的なキャスターは交代し、テレビ局は去勢されたようになった。


    ■テレビ局は安倍政権の顔色ばかり、うかがっている。

    やはり、一般庶民は新聞よりもテレビ。いくらテレビ離れが多いと言っても、

    世論の形成には、テレビ(地上波)は無視できない。特に民放は庶民レベルで見るから重要だ。

    告示直後の日曜夕、人気番組『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ)などは、

    ①台風 ②築地市場 ③星空ビジネス ④さんま高騰 ⑤リオパラで、民進党代表選は完全無視。
    さすが読売・日テレグループ。安倍内閣の世論形成に大きく寄与している。


    “安倍チャンネル”NHKは、「日曜討論」で「3候補に問う!」を放送。

    公共放送として、最低の義務を果たした。

    むろん、安倍の気持ち悪い「ウラジーミル」の猫なで声、安倍=プーチン会談も取り上げている。プーチン訪日、北方4島は帰るか?と、政権ヨイショ・ニュースは大きく取り上げる。

    それも総理お気に入りの岩田明子記者の登場で、頭がクラクラする。

    NHKはどうしてこの女性記者ばかりなのか?千葉高~東大と頭が良いのは解るが、他に、もう少し美形で優秀な記者もいるだろう。公共放送が総理ベッタリではいけない。


    民進党に話を戻す。蓮舫もなかなか、魅力的だ。

    ネットを見ると、またまた国籍問題を揶揄されている。かつてネットに書かれた誹謗中傷(デマ)を取り上げて、喋った自民党議員もいたが可哀想だ。
    だが先の参院選を見る限り、圧倒的人気を誇る。


    ■しかし、このところ人気のせいか、鼻につく発言も多い。

    「目指すのは新世代の民進党です。信頼を取り戻し、わくわくする政治を作ります。私が代表になれば、ガラスの天井を打ち破る」

    民進党は、すぐ壊れる“ガラスの城”か?と一瞬思ったが、女性の社会での活躍を阻む見えない障壁を指すらしい。米国ヒラリー・クリントンも使う言葉のようだが、一般庶民には、よく解らない。

    「(2人の候補者と)最大の違いは女性だということ」とも言う。

    女を売りにするのは、小池百合子だけでいい。

    それに、岡田代表を「つまらない男」と言ったのは、生意気と偏差値の低さ、いや語彙の少なさを露呈した。思っていても言ってはいけない。蓮舫は岡田を支える代表代行なんだから…。
    これが「わくわくする政治」か?


    ■「土下座」に「戦犯」の前原誠司にも呆れてしまった。

    「民主党政権に多くの人が失望した。信頼を回復するのは並大抵のことではない。土下座する先頭には、戦犯である私こそがふさわしい」

    自虐趣味なのだろうか?元外相の矜持もないのか?戦犯はともかく、土下座などと軽々しく言ってはいけない。さすがに「口だけ番長」の片鱗は残る。

    「憲法は公布後に自衛隊がつくられたため、自衛隊の位置付けがない。しっかり議論すべきだ」

    一瞬、自民党議員の発言かと思ってしまった。やはり保守色は変わっていない。


    「9条に3項を加えて、自衛隊を位置付ける議論を党内で提起したい」

    NHKでは、さらに踏み込んだ。これはリベラルの発言ではない。

    自民党の多くの議員が加盟している改憲勢力「日本会議」国会議員懇談会に、所属しているのだろうか?やはり前原はリベラル政党には似合わない。


    ■それで、私は「第3の候補」玉木雄一郎に期待する。

    47歳、蓮舫よりも若い。国会中継の質問なども見ても解る通り、なかなかのキレ者である。
    田舎の香川県立高松高から東大法学部卒。大蔵省入省後、米国ハーバード大学院ケネディスクール卒業。大蔵省から外務省に出向。第1次小泉内閣で、内閣府特命担当大臣秘書専門官。


    田舎育ちながら、ドラマに出てくるようなエリート。

    「民進党は国民の信頼を集められておらず、根っこから変わらなければいけない。衆院当選3回で出馬は若すぎると何回言われたか。でもそんな私が変革の思いをがむしゃらに訴えないと、国民に覚悟が伝わらない。衆院選で当然、政権交代を目指す」

    玉木は直前まで。推薦人20人が集まらなかった。最後に協力したのが、なんと菅直人・元総理だった。

    “勘違い”と、さんざん言われ、鳩山由紀夫と並んで、戦犯の1人だが、たまには良いこともやるもんだ。菅は東京新聞(9月3日)で、こう話す。

    「一騎打ちでは批判や中傷合戦が起きやすい。国民に党の考えや候補者をよく知ってもらうには3人以上が望ましい。女性、ベテラン、若手の3人で、政権を目指す政策を伝える選挙にしてほしい」


    次回は「子ども国債」を提案した「第3の候補」玉木雄一郎を追ってみたい。

    =敬称略=                      (紀尾井次郎)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。