ざくアク列伝・ヴォルケッタ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ざくアク列伝・ヴォルケッタ

2020-08-10 19:41

    「ざくざくアクターズ」初見プレイの振り返りとしてキャラクター1人1人に
    スポットを当て雑感を述べていく「ざくアク列伝」第32回はヴォルケッタ編

    真・炎帝(自称)。次元の塔でのトラブル解決に雇われていたものの
    その高飛車な態度と傲慢な言動で仕事にならないとヘルパーさんにキレられ、
    通りかかったハグレ王国一行に押し付けてしまえということになった人物。
    貴族の出ということで本人としてはそれが高貴な振る舞いのつもりだったようだ。
    同じように接しようとしたところ、デーリッチ(ハグレ王国国王)ヅッチー(妖精王国国王)
    ドリントル(ドリンピア星第一王女)といった面々に囲まれ、身分でマウントをとれない
    状況に戸惑いつつ共にトラブル解決へと向かうことになる。
    何やかんやのイベント後、デーリッチやヅッチーに懐かれてしまい、
    満更でもない気分で王国入り。て言うか友達が出来て嬉しい。

    根は素直というかチョロいというか世間慣れしていないお子様であるため、
    結果、今時珍しいストレートなツンデレキャラに仕上がってしまっている。
    次元の塔ではヘルパーさんを随分振り回していたようだが、
    ハグレ王国の濃いキャラ達の中に放り込まれると振り回される側になることが多い。
    律儀にツッコミの義務を果たそうともするので、
    もしかしたら常識人側に組み込まれているのかもしれない。

    放送としては、登場が遅いキャラは相対的に出番が少なくなってしまうのだが、
    味方に多い炎属性の耐性を下げるスキルを固有技として持っているので、
    上手くPTに組み込めば相当強いキャラなんだろうなと思う。
    基本的にLvの低い順に適当にPTを組んで進めていたので、
    あまり真価は発揮させてあげられなかったかな。
    ただこのゲーム、後に出てくるキャラ程出来ることが多いというか使いやすいように
    作られているように思うので、普通に戦ってるだけで充分強いのですが。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。