ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ニコニコ自作ゲームフェス、本日締切!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコ自作ゲームフェス、本日締切!

2013-03-31 16:21


    タグ検索はこちら

    いよいよ本日締切です。
    告知から2ヶ月ほど、この短期間でこれだけ色々なゲームが出てくる。創造力ってすげぇ!
    ゲームは遊ばれなきゃ意味が無いので興味のある方はどんどんプレイするといいと思います。

    個人的には動的ゲーム派なので、動きのあるゲーム中心にプレイしてみたいと思います。

    さて、今回、公式の動向とTwitterなどでの参加者の声を眺めてて思ったことを並べてみようと思います。
    1. 運営のフォロー少なくね?
      定期的な記事更新やサポートの速さは非常に良かったですが、いわゆる「超会議合わせ」の他イベントにくらべていまいち露出が少なかった気がします。
      「運営が作ってみた」とかあったら面白かったろうに。

    2. Twitterのハッシュタグわかりにくい
      #自作ゲーじゃなくて#ニコニコ自作ゲームフェスとかのほうが良かった気がします。

    3. プレイ人口が少ない
      私個人は大学のサークルの後輩とかに「こんなイベントあるよ!春休み時間あるんだしやってみるとイイよ!」的なことを言いふらしてたんですが、やはりプレイ人口が少ない気がしました
      この問題はどうすればいいんだろう。
      プレイヤーからすれば作品のクオリティがやる/やらないの基準になるので、質の向上とマーケティングに力を入れるしか無いのかなぁ。

    4. この盛り上がりをここで終わらせてしまっていいのか
      せっかくイベントでいろんな人の作品が出てきたのに、イベントが終わったらまた製作者同士の接点が少なくなってしまう。情報交換などもできなくなる。それでいいのか?
      ボカロやMMD、絵に技術部に各種○○してみた。それらではコミュニティが形成されたりしていますがゲームにはない気がします。
      個人的にはいろいろな方面の技術を知りたいのでコミュニティが欲しいと思っているのですが、参加してる他の人がどう思ってるかご意見がほしいです。
    最後にふと気になったのは、製作者側の年齢層。
    学生が春休みチャージで制作したのが多いのか、社会人が仕事の合間を縫って作っているのか、気になるところです。
    なぜこんなことを思ったのかというと、とある勉強会で「ゲーム作ってる若い人すくねぇなぁ…」というボヤキが耳に入ったことがあるからです。
    学生でも結構いると私は思ってます。(むしろ学生の方が多そう)

    先日、飲み会で「ねーいつゲーム出すのー?」って煽られてぐぬぬ。冬コミ間に合うといいなぁ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。