ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ポスト初音ミクの誕生の予感
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポスト初音ミクの誕生の予感

2014-08-05 14:22
  • 1
まだGoogleで検索しても、「ポスト初音ミク」って言葉は意外にもこれってものは生まれてなかった。

「ポスト初音ミク」ってなんだろう。そろそろ必要とされてる気がするし、なんか自分の中からそのぼんやりとした像が出来上がりつつあったりする。というか逆で、自分の中でふつふつと出来上がりつつある新しい音楽像についてあれこれ思いをめぐらせていたら、「これって初音ミク(と、そのエスプリが伝播した今のあらゆる場所・ものの空気感)を通過したからこそかもしれない・・・」って感じてる側面もあるというか。。。

初音ミクってなんだったんだろう?? 

シーンを切り取るカメラマン役
「LineID」くらいの絶妙な匿名性
「サブ垢」的なパラレル感
=だれでもない誰かの感じ・場面ごとに自分のキャラを自然と変える感じ
「キャラ」の余白の安心感
=強烈な個性・自己主張的な語りとの対岸
ジャンルレスという莫大なソースがある場所への案内人
決して完璧ではない歌声がもつクッション感
行けば誰かいるあのクラブ的なコミュニティ性

この感じを引き継ぎつつ、生身の人間の器に移し替えて、移せないものは形を変えてその周りに纏って、ピッチャーマウンドは(今は)バックネット裏(である場所)とかに創ってそこから真顔でストライクとりに行くってのが今やりたいことな気がしてメモっとこうと思って書きました。

広告
×
淫夢かな?
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。