• このエントリーをはてなブックマークに追加
【マンション経営コラム|第206回 新着 最新のリーテック市場 part17
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【マンション経営コラム|第206回 新着 最新のリーテック市場 part17

2019-11-14 10:14

    ※リーテックとはReal Estate Technologyの略で、直訳すると「不動産テクノロジー」です。 不動産事業にIT技術を活用することを意味しています。


    今週は中国で高級ワンルームマンションを提供する魔方公(モーファンゴンイー)をご紹介させていただきます。


    【中国のレオパレス?モーファンゴンイー】


    モーファンゴンイーは長期滞在型レンタルアパートメントの開発・運営を手がける会社で、中国の主要20都市で7万件以上の物件を運営しています。


    モーファンゴンイーが提供する各部屋には家具や家電製品など生活に必要なものが全て揃えられており、入居後すぐに生活が始められるようになっていて、日本のレオパレスのマンションと良く似ています。また機能性だけではなくてデザイン性も優れており、ジムやカフェなどの設備が充実しているケースが多いのが特徴で、高学歴で比較的裕福な20代後半から30代を主なターゲットとし、安全で快適で便利なワンランク上の住宅環境を提供しています。
    e39e8ce95d19567d24ff010038c8dfdff07751c4


     

    そもそも中国の人がマンションを探す際に最重要視するのは、面積だそうで、マンションは毛坯(マオピー)と呼ばれる内装工事前の状態で取引されることが多く、間取りに対していくら、ではなく1㎡あたりの単価で不動産価格が決まるのが一般的だそうです。そのため、1LDKやワンルームといった面積の狭いマンションは投資価値が低いため、単身者も3LDKなど大きめのマンションをルームシェアして暮らすことが一般的なため、一人暮らし用のマンションには実は今までほとんど需要がありませんでした。


    しかし、モーファンゴンイーが提供しているような一人暮らし向けの快適な住居スペースに対するニーズは今若い世代を中心に増えつつあるようです。ちなみに賃料は主要都市で約5000元、地方都市では約3000元からだそうで、中国の2018年の初任給の平均は5044元だったのを考えると、日本で言うと一人暮らしのマンションに20万円ぐらい払う感覚だそうです。


    モーファンゴンイーの会長は「我々はこれまで活用されていなかった物件を長期型のレンタル物件に変えることで中国の住宅事情に新しい風を吹き込んでいる。これは人々のニーズを満たしつつ、都市の再生を促している状態です。これまでの10年で培った経験を活かし、今後も都心型のアパートの建築・運営に積極的に参加し、街の生活環境の向上に協力したいです」とコメントしています。



     

    また資金調達をし、得た資金はプレゼンスの向上、運営キャパシティーの拡大、ITシステムおよびリワードプログラムの充実、M&Aの促進、フランチャイズ事業の拡大に充てると語っており、さらなる事業拡大に期待が寄せられています。


    また類似のサービスも増えているようで、E+青年公寓が提供する若者向けのサービスアパートメントなど、賃貸マンションの選択肢が増え、ますます競争は激化しそうです。

    f3d69460734428b26cb0fb80cc83ad4d734c2243


    【中国リーテック市場の成長性にマネーがどんどん流れ込んできている】


    モーファンゴンイーは2016年に中航信托から3億ドル(約323億円)の資金調達に成功し、ユニコーン企業となりました。これまでに累計で55000万ドル(約591.5億円)の資金調達に成功しています。また、アメリカの投資家、VCも中国の賃貸マンション市場に注目しており、Danke ApartmentsQingKeZiroomモーファンゴンイーの競合企業に投資を開始しています。


    またつい最近20193月には、投資ラウンドシリーズD15000万ドル(約162億円)を調達したそうです。


    【今週の筆者まとめ】


    今週は中国版レオパレス、モーファンゴンイーをご紹介させて頂きました。ビジネスモデル自体目新しいものではないですが、中国の人口を考えると不動産関連ビジネスはまだまだ伸びしろがあり、投資対象としても注目されるのは間違いないですね。また今回はじめて知ったのが中国は今までワンルームマンション自体が少なかったというところです。3LDKに3人住むのが一般的だったとは驚きました。自分は絶対に嫌ですね()
    ・Twitter
    https://twitter.com/_liv_group
     
    ・Facebook
    https://www.facebook.com/livgroupofficial/
     
    ・Instagram
    https://www.instagram.com/livtrust_official/
     


    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。