• このエントリーをはてなブックマークに追加
3/1(日)18:20~ 映画「幕が上がる」公開記念番組「ももいろ演出論」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3/1(日)18:20~ 映画「幕が上がる」公開記念番組「ももいろ演出論」

2015-02-23 06:03
    66135c1b85ed4111423ceb4e8d78742742eece10

    <今回のみどころ>

    2015年2月28日(土)。「幕が上がる」という一本の映画が公開される。主演は、破竹の勢いでスーパーアイドルの階段を登り続ける“ももいろクローバーZ”。ずば抜けたパフォーマンス力と飾らない魅力で、従来のアイドルから一線を画すドラマティカルな成長を遂げ、今や名実ともに日本を代表するアイドルである彼女たちだが…演技はずぶの素人。多忙な日程を縫って彼女たちは、映画のクランクイン前にワークショップを受けることに。

    教えるのは、本作で監督を務める、邦画実写映画興行成績No.1「踊る大捜査線」監督の本広克行……ではなく、なにやら物腰柔らかな、小さなおじさん。誰だ。
    そう、彼こそが、90年代以降の日本演劇界を牽引してきた劇作家・演出家の平田オリザだ。
    『幕があがる』は、平田オリザが書いた、初めての小説の映画化である。

    平田オリザを一言で表現するのは難しい。描く劇世界の繊細さと普遍性はもちろんだが、現代口語演劇の提唱、演劇と社会の関係性の構築、さらに若手演劇人の育成と、平田オリザ無しには、この20数年の日本の演劇界の歩みは語れない。
    様々な分野にファンは多く、本作監督の本広克行もまた、その一人だ。

    ももクロが、平田オリザ一流のワークショップに悪戦苦闘する様子を、熱心にメモを取りつつ、心底楽しそうに、しかし、とても真剣な眼差しで見つめていた。
    そのとき、本広が見ていたものは何か。そして、それは映画の撮影においてどう生かされていったのか。

    実はあまり同居することの少ない、日本映画界と日本演劇界。それぞれを代表する演出家ふたりが、スーパーアイドル“ももいろクローバーZ”をどう演出していったのか、その映像と共に、現代演出論を交わしていく。

    【出演】
    ・映画監督 本広克行
    邦画実写映画興行成績No.1「踊る大捜査線」シリーズ監督

    ・劇作家・演出家 平田オリザ
    現代口語演劇の提唱者、90年代以降の日本演劇界を刺激し続ける演出家

    ・ももいろクローバーZ

    <OAスケジュール>

    03/01(日)  18:20~18:50 ほか

    再放送を含むOAスケジュールはコチラ
    http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/915200026.html

    <フジテレビNEXTsmartを楽しもう!>

    フジテレビNEXTsmartチャンネルに登録すると、スポーツ生中継、多彩なアーティストによる音楽ライブ、バラエティ、アニメ、 オリジナルドラマなど豪華ラインナップの24時間総合編成チャンネルが、月額1,200円 (税別) でいつでも、どこでも楽しめます!

    ▼既に会員で視聴する方
    http://live.nicovideo.jp/fujinextsmart

    ▼番組表はこちらから
    http://fod.fujitv.co.jp/s/nextsmart/calendar/

    ▼新規会員登録はこちらから
    https://secure.ch.nicovideo.jp/bylaw/ch2599898

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    フジテレビNEXTsmart PickUP番組ブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥1,296 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。