• 「何故ホラー映画は面白いのか」考察してみた!

    2017-01-29 12:58


    こんにちはFujiヤマトです!
    やっと二回目の記事ができましたので投稿します(^^)
    今回は「何故ホラー映画は面白いのか」について考察して参ります。
    筆者はホラーが大好きです!特に和ホラーが好み。そしてふと思ったんです。
    何で怖いのに面白いのか。なので自分なりに調べて考察してみました!
    それではゆっくり読んでいってね!


    目次
    ①はじめに
    ②嫌悪感から生まれる遮断して殺そうとする心
    ③好奇心から生まれる共感しようとする心
    ④いじめとホラー
    ⑤ホラーは文化、芸術
    ⑥最後に



    ①はじめに

    私は子供のころよくホラー映画を見ていた。
    そして怖いシーンは目をつむってみていた。
    しかし怖いモノ見たさで手の隙間から目を半開きにしてみていたのだ。
    何故怖いとわかっているのに見てしまうのか。
    そこには恐らく好奇心が働いていたに違いない。
    「怖いけれど見てしまう」
    そこにはホラーに対する嫌悪感と好奇心が僕の中にあったに違いない。
    嫌悪感と好奇心とは相反するようなものだが、
    この矛盾する感情を同時に抱かせるのがホラー映画である。

    ②嫌悪感から生まれる遮断して殺そうとする心

    嫌悪感とは自分の道徳心に反するものに対して遮断しようと催す感情だ。
    例えば恋人が大きなオラナをこいたとする。人によっては笑って許せる人もいるが、
    中には許せない人もいるだろう。この恋人の行為が自分にとってはありえないことであり、
    その行為に対して嫌な気持ちになったり、その行為をした恋人から離れようとする。

    つまり嫌悪感とは自分にとって「ありえないもの」に対して抱く感情であり、
    そしてその「ありえないもの」を排除するよう行動を催す感情なのだ。

    もし家にゴキブリがいたら嫌悪感を抱いて殺そうとする。
    また自分を侮辱する相手を殴ろうとしたり、避けようとしたりすることもそれにあたる。

    ホラー映画では幽霊やゾンビ、殺人鬼が罪のない人々を襲うシーンがよくあるが、
    幽霊たちの行為が自分にとってはありえない行為であり、
    それに対して嫌悪し、目をつむってしまうのである。
    惨殺したり呪い殺したり、そのシーンは自分にとってはありえないものだ。
    なんでこんなひどいことをするんだと嫌悪感を抱いているのである。
    そして気持ち悪い虫を見たら避けるのと同様に、
    その残酷なシーンに対して避けようとして目をつむるのだ。

    ③好奇心から生まれる共感しようとする心

    それでは好奇心とは何か。
    好奇心とはある対象に興味を抱き、その対象に共感しようとする働きのことをいう。
    学校や職場の友人でミステリアスな人がいたとしよう。
    その人はとても魅力的でこの人はどんな人なんだろうと考える。
    つまりその人のことを詳しく知りたいと興味を抱くのである。
    そしてその人の価値観、道徳心を理解しようとする。つまり「共感」を試みるのだ。

    ホラー映画で無残にも襲われる人々がいる。
    この人たちはただ幽霊やゾンビに殺されるために用意されたキャラクター達なのだ。
    襲われているシーンを見ていると阿鼻叫喚な彼らたちに共感を抱く。
    そしてそんな人たちを襲う幽霊たちは本当にひどい奴らだと思うはずだ。
    しかし何故幽霊たちはこんなひどいことをするのか。
    何故自分にとってありえない行為をするのか。
    そこにも興味がわくのである。そして共感を試みようとするのだ。

    「最後どうなってしまうのだろう」

    そんな結末や成り立ちをしりたいという欲求がホラー映画を見ているとわいてくる。
    その知りたいという欲求が本来嫌悪して目をつむった行為から手の隙間から目を半開きにして
    見るという行為へ誘うのだ。


    ④いじめとホラーは共通するのか

    襲われている側に共感を抱き、襲っている側に嫌悪感を抱くのが一般的だと思われる。
    しかし中には襲っている側に共感し、どうやって殺すんだろうかとワクワクしてみている人もいるらしい(ガクブル・・)。
    よく「いじめ」を問題として日々議論がされているが、
    この「いじめ」にもホラー映画と同じ構図が見られる。
    いじめている側が幽霊たち、いじめられている側が襲われている人々、
    そしてそのいじめの現場を見ている第三者がいる。
    第三者はいじめられている側に共感を抱き、
    いじめている側に嫌悪感を抱くのが一般的だろう。
    この場合第三者はいじめられている方を助けたり。
    いじめている奴らを懲らしめたりする行為につながるはずだ。
    しかし逆にいじめられている側に嫌悪感を抱き、いじめている側に共感を抱けば、
    先程の行為とは変わってくる。いじめに加担したり、いじめをみて楽しむ奴らもいるのだ。

    ホラー映画もこのようにいじめの現場を客観的に見ているのと一緒だ。
    一方的に罪のない人たちが怪奇にやられていく。その一部始終を客観的に見ているからこそ
    嫌悪感と好奇心の二つの感情を同時に感じることができる。

    ホラー映画といじめの違いはフィクションかノンフィクションの違いだ。
    実際にいじめの現場に出会ったり、殺人鬼に人が襲われているところに出くわしたりしたら
    僕らは何かしらのアクションを要求されるだろう。襲われている人を助けるか、さっさと逃げるか、殺人鬼たちと戦うか、むしろ加担して襲うか…などなど。

    しかしホラー映画は違う。フィクションなのだ。それがあらかじめ分かっているからこそ、
    僕たちは安心して「その状況」を楽しむことができる。

    ホラー映画は所詮作り物だ。
    なかなか普段では味わえないスリル満点な状況を疑似体験できるのだ。
    もし本当にその状況に出くわしたら、安心なんてできないだろう。
    安心して見れるからこそホラー映画は芸術であり文化であり続けるのだ。


    ⑤ホラーは文化、芸術

    人間というのは残酷な一面を持っている。これは紛れもない事実だ。
    残酷でなければいじめ、殺人、戦争なんて存在しないだろう。
    その「残酷さ」の根本的な感情は嫌悪感にある。
    「ありえない」からこそ自分の道徳心、常識を守るためにありえないモノを排除するのだ。

    相手を嫌悪するか、共感するかで物事は変わってくる。
    嫌悪感は相手を殺すように促す。そこからいじめにつながり、最悪殺人につながる。
    さらに戦争だってやってのけるのだ。
    ホラー映画は客観的に見ているからこそ文化になれる。楽しむことができる。
    しかし主観的になったら僕らは被害者にも殺人鬼にもなりえるのだ。

    そんな行き過ぎた世界はホラーだけで十分だと思う。
    いじめや殺人などなくすことは非常に困難だ。
    されどそのような行為はフィクションホラーとして存在すれば十分なのだ。

    ホラー映画は客観的に見れるからこそ楽しめる。嫌悪感と好奇心の狭間でスリル満点で
    恐怖に満ちた世界観を体験することができる。非常に魅力的な文化であることは間違いない。


    ⑤最後に

    今回は嫌悪感と好奇心という二つのキーワードから考察してみましたが、
    ホラーを楽しめる要因はもちろん他にもたくさんあるでしょう。
    何故ホラーは楽しいのか。今後もいろんな観点から追及していきたいと思います。
    暴力的で恐怖感に満ち溢れた世界観は皆を楽しませる。
    ただフィクションであって、客観的に見れるからこそそう言えるのでしょう。
    もし本当にそんな世界に出くわしたら、筆者はすぐ心臓麻痺で死ぬでしょうね。

    次回以降は「統計学は本当に最強なのか」または「東方プロジェクトは何故広まったのか」の
    どちらかにいついて記述したいと思います。

    初回と今回と次回と全く関連性が無いのは申し訳ありません<m(__)m>
    ただ自分の書きたいように書いているだけです( ´∀` )
    (表現と創造という広いテーマにしてごまかしているのは内緒(-_-;))

    自分の興味ある分野についてただ記述しているだけのブログではございますが、
    もし興味がありましたらフォローお願い致します。

    それでは乙ですたー(^^)/



  • 広告
  • 「どうしたら活き活き仕事ができるのか」考察してみた!

    2017-01-09 23:47


    はじめまして!Fujiヤマトと申します‼
    普段は漫画や小説を描いています。
    今回ブログでは「表現」と「創造」をテーマに自分なりに考察して参ります!
    そして記念すべき初回はどうしたら活き活きして仕事ができるのかです。
    仕事は生きていくためには切っても切れない手段の一つです。
    私たちは仕事を通じてあらゆる表現や創造を行ってます。
    ちまたでは世の中仕事が辛いとかしんどいとかそんな言葉を沢山聞きます。
    それじゃあどうしたら私たちは自ら活き活きして仕事ができるのか。
    それをテーマに自分なりに考察して参ります。
    それでは早速始めますので、ゆっくり読んでいってね!

    目次 
    ①仕事を頑張っても評価されない⁉・・・何故だ? 
    ②ライバルは多いほど仕事がしんどい⁉
    ③他人が考えたことを行動に移せば儲かるのか⁉
    ④評判が悪いと評価されない⁉
    ⑤まとめ


    ①仕事を頑張っても評価されない⁉・・・何故だ?

    「自分は仕事を頑張っているのに評価されない・・おかしいだろう」
    ある日とある社員がこうぼやいていた。
    「指示された仕事を必ずこなしているのに何故評価されないのだろう?」

    私はその言葉を聞いて正直評価されなくて当たり前だと思った。

    確かにその人は確実に仕事をやり遂げている。しかしやっている仕事の内容が誰でもできることなのだ。
    別にその人じゃなくてもいい仕事なのだ。つまり「代えのきく」仕事だ。

    会社の日々の仕事はある程度誰でもできる内容のものが多い。
    これは誰でもその仕事ができるように普遍化されているのだ。
    いつだれが辞めたり休んだりしてもその仕事が誰でもできるように設定されているのだ。
    それを確実に真面目にやり遂げたとしても誰でもできる仕事だから、その仕事ぶりは評価されにくいのだ。
    会社から与えられた仕事しかできない。それは単に言われたことしかできない人間だと言っているようなものだ。

    それではどうしたら仕事を評価してもらえるのか。
    それは自ら考えて行動することだと私は考える。
    普段の業務からさらに改善を行ったり、新しい企画をして利益を生み出したり、
    自ら考えて行動したことが評価に繋がるのだ。
    他人に言われた仕事をこなすだけではなく、自分で考えて仕事をこなすのだ。
    自分で考えて生み出した行動はその人だけのオリジナリティであり、個性的でアイデンティティなものである。
    要は他人は無い、自分だけの仕事なのである。その行動が会社や世間の望み以上の内容であれば高評価に繋がる。

    世の中の昇進する人や著名人になれる人はその人だけしかできないことをやっている。
    要は他に代えがきかない仕事をしているのだ!

    その人しかできない仕事だからその人に仕事が集まる。だからその人の評価は高い。
    逆に誰でもできる仕事しかできない人はとって代えられてしまう。さらに評価もされない。
    ずっと同じことの繰り返し。とても悪循環で変化のない、面白みのない日々になってしまうのだ・・・。

    誰もができないことをやってみたり、今ある現状を改善したり、現状に対して自ら行動できる者こそが活き活きと仕事をすることができる。


    ②ライバルは多いほど仕事がしんどい⁉

    野球のプレー人口は非常に多い。その中からプロになれるのは一握りだ。さらにプロになったとしても戦力外通告を受けてクビになるケースもある。非常に厳しい世界なのだ・・・。
    他の選手にはない技量を身に着け、成績を残さなければならない。
    つまり大勢いるライバルたちには無い、自分の強み、技量、個性を発揮しなければならない。

    これはサラリーマンだって同じことが言える。
    出世ができるのはわずか一握りだ。出世するためにも自ら考えて行動を起こす。
    業務の改善や新しい企画に加え、上司や顧客との密なコミュニケーションをとり、
    評価をもらおうと努力をする。周りのライバルよりも高い実績や信頼を勝ち取らなければならないのだ。

    競争相手が多ければ多いほど他の人にはできないパフォーマンスをしなければならない。
    それではどうしたら他人には無い自分だけのオリジナルなモノを生み出せるのか。
    どうしたら他人より優れたプレイヤー、会社員になれるのか。
    ただ当たり前の仕事をこなすだけではなく、やはり自ら考えて改善したり、力量を高めたり、新たなコンテンツを生み出したりすることが僕らの価値になるのである。

    世の中には競争相手が多い業界から離れ、自ら会社を立ち上げたり、PCでネット事業をしたりする人たちがいる。
    今までには無いコンテンツを提供することによって多額のお金を稼いでいるのだ。
    要は競争相手がいないからその新しい市場を独占して儲けているのだ。
    当たり前な話だが、競争相手が少なければ少ないほどお金を稼ぐことができる。
    新たな仕事の開拓者は豊かな未来を手に入れているケースが多々見られる(しかし悲しいことに一時的な場合もある)。

    最近の事例で言えばネット事業がそれにあたるだろう。誰もが手を出していない事業であったため、簡単に数百万、数千万以上稼ぐことができた。
    そこで皆がそこに目をつけ始め、同じことをやり始めれば儲かると考えネット事業を始める人が増えた。
    しかし、皆が同じことをやり始めたら今まで独占していた利益は分散することになる。
    つまりライバルが増えるのだ。ライバルが増えれば増える程、競争が激しくなり、稼ぎにくくなる。
    最初は目新しい夢のあるような仕事でも、競争するようになれば野球界のようにだんだん厳しい世界へと変貌していくのだ。

    ③他人が考えたことを行動に移せば儲かるのか⁉

    ある日BさんはAさんがネット事業で儲かっていることを知った。
    そしてBさんはAさんと同じことをすれば金持ちになれると考え、Aさんと同じような仕事を始めた。
    結果、Bさんは思うように稼ぐことはできなかった。
    Bさんは何故稼げなかったのか。少し考えてみれば明白である。
    BさんではなくてもすでにAさんがいるからだ。
    Bさんは世間から見たら必要ないのである。
    BさんはせめてAさんより高質なものを提供すればもう少し稼げていただろう。
    しかしBさんはAさんがやったことをそのまま行動に移した。それではBさんには価値が無いのだ。
    自ら考えて行動せず、他人の考えを行動に移すことは参考にはなるが、成功にはつながらない。
    「自ら考えて行動すること」こそが自分らしく生きることができ、なおかつ世間や会社に評価を受けることができるのだ。


    ④評判が悪いと評価されない⁉

    どんなに仕事ができても評判が悪いため評価されない人がいる。
    それは何故か。印象が悪いと評価が下がるのだ。
    さえない社員は仕事ができても非常に印象が悪い。よって将来に期待ができない。
    だから僕たちは周りの皆から好印象を与える必要がある。
    自分のイメージ作りに気を配り、他人に良い印象を持たせるのだ。
    それだけで評価が良くなることが多々ある。
    残念なことに仕事ができないのに印象だけで高評価される人も実際にはいる。
    イメージが悪いから評価が下がる。これほどバカ臭いことはないだろう。
    一番良いのは他人に評価してもらえることだ。それだけで私たちは活き活き仕事をすることができる。
    他人がほめてくれたり、喜んでくれたりするだけで、こっちも仕事にやりがいが生まれる。

    ⑤まとめ

    ・誰かにとって代えられてしまう仕事はしないこと。
    ・自ら考えて行動することが評価につながる。

    ・他人の考えを行動するのでは、考えが足りない。自ら考えること。
    ・他人からの評判を良くすること。

    私たちは何かしら表現をしている。仕事をしたり、スポーツをしたり、読書をしたりする。
    私たちは誰かに取って代えられるような人生を歩むために生きているのではない。
    私たちは自ら歩いて未来を切り開くべきだ。
    それが僕たちの人生を楽しくさせる。活き活きと日々を過ごすことができる。

    以上が僕の考えるサイキョーの活き活きできる仕事論です!

    あくまでも持論なので「それは違うよ!」「それもそうだけどこんな考え方もあるよ!」とか
    色々コメントを頂けたら幸いです。

    次回は「何故ホラー映画は面白いのか」をテーマに考察して参ります。
    宜しければフォローをお願い致します。

    それでは最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。
    また次回も宜しくお願い致します。

    それでは乙でした。