ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

vol.002「俺の好きな音楽の話① 出会い編」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

vol.002「俺の好きな音楽の話① 出会い編」

2019-07-14 08:30

    Hell Yeah!!
    「週刊コラテラルダメージ」のフクです。
    このブロマガは映画を主軸に、音楽、ゲーム、漫画、アニメ…等、
    俺の好きな作品やオススメしたいものについて暑く語ったり、罵倒したりするアレだ!

    今日は俺の好きな音楽の思い出話です。洋楽との出会いの話だ。

    本当は今週も映画の話を投稿しようと思っていたのが、
    書くのに手間取ってしまった。そこで急遽!音楽の話を書きなぐる事にした。

    ……と言っても俺は音楽の知識は皆無だし。歌詞の意味にこだわったりもしない。

    聴いていて気持ちよいか?心地よいか?それだけだ!

    俺は邦楽は全く聴かない。
    基本は洋楽オンリー。ゲームのサウンドトラックは聴くけど。
    特に好きなのがスラッシュメタルを中心としたメタル全般。

    だが好みなら、ジャンル問わず何でも聴くぜ。

    J-POP?

    そんなもの聴く訳ねえだろ!!


    すいません。初期の木村カエラは好きで聴いてました……


    前回の記事↓
    号外「祝!AKIRA新アニメ化記念!アキラ思い出話」

    目次
    1. 洋楽との出会い
    2. Sum41とLinkin Park
    3. スラッシュメタルとの邂逅
    4. 2019年、新たな出会い。地獄から愛をこめて
    (↑リンクで飛ばせるようにしたかったのですがブロマガの仕様上出来ないらしい)


    1.洋楽との出会い①

    これはかなり昔の話。
    俺が本格的に音楽を聴いたり、アルバムを集めるようになるずっと前の話である。

    初めて買った洋楽のアルバム。それは学生の頃にさかのぼる。

    それはoffspringの「Conspiracy of One


    なぜこのアルバムを買ったのか?その理由はじつに簡単な話しで
    「クレイジータクシー」と言うゲームにoffspringの曲が使われており、
    その曲を俺が気に入ったから。それだけである。

    多分、多くの人が知っている、ヤーヤ-ヤーヤーヤーから始まる「All I Want」。
    これだったね。この曲が凄いカッコよかったから洋楽に目覚める事が出来た。

    まあ、「Conspiracy of One」には、「All I Want」は収録されてないけどな……
    All I Want」は「Ixnay on the Hombre」に収録されている。




    だが、その時は洋楽にはまった訳でもなく、
    オフスプのアルバムを1~2枚買った程度だった。

    それから数年後。ネット中毒者と化していた俺は、とある曲を聴くことになる。


    2.Sum41とLinkin Park

    とある日、俺は格闘ゲームのコンボムービーを見ていた。
    そのムービーに使われていたBGMが気になっていた。

    しらべてみると、Sum41の「still waiting」という曲だった。
    これを気に入り、アルバム「Does This Look Infected?」を購入。




    この頃はパンクロック系がブームで日本での人気も高かったと思うが、
    その時点の俺の中ではそれ以上燃え上がる事はなかった。

    そして俺はまた、何かしらのムービーを観ていた。
    すまん。もう記憶が定かじゃないんだ。
    とにかく、そのムービーに使われていたBGMが気に入ったのだ。

    それはLinkin Parkの「Faint」という曲だ。「METEORA」収録。


    これは思い出深い曲で、MDウォークマンで歩きながら聴いていた頃の事を思い出す。
    この頃くらいからかな、ネットで色々と音楽の情報を漁るようになったのは。
    とにかく良さげなものを探して、試聴したりした。

    Korn、Limp Bizkit、Hoobastank、Maroon5、New Found Glory、Pantera
    Rage Against the Machine、Nirvana…

    これらのバンドはその頃に初めて聴いたと思う。アルバムも色々買った。
    なかでも、KornとLimp Bizkitはお気に入りでアルバムはほぼ持ってた。




    さらに、HelloweenとかIn Flamesといったパワーメタル?系にも手を出した。
    Rhapsodyもこの頃だったと思うのだが記憶にない。

    そこから1~2年後。俺はスラッシュメタルと出会う事になる。


    3.スラッシュメタルとの邂逅

    ある日俺は、中古ショップで
    何か面白そうなものがないかとCDコーナーを物色していた。

    そこで目にした一枚のアルバム
    EXODUS「Shovel Headed Kill Machine」



    俺の中でビビッときた!
    ジャケ絵!そしてこのタイトル!最高すぎる!
    いわゆるスラッシュメタルと呼ばれるジャンルで俺が今までに聴いた曲との
    最大の違いは、スピード。そして鞭打つようなリズム。
    Thrash … 鞭打つという意味らしい。だからスラッシュメタル)

    特に一押しの曲が、「Deathamphetamine」。
    8分30秒とかなり長い曲ではあるが、全然長く感じない。
    この曲でスラッシュメタルに、EXODUSにはまった。完全に。

    この時から、スラッシュメタルのCDを買い漁るようになった。
    メタリカ、メガデス、アンスラックス、スレイヤーと言った有名なものから、
    少々マニアックな作品にも手を出した。
    一時期は、言い方は悪いがB級と呼ばれるものまで好んでいたぐらいで。
    2009年~2012年ぐらいの話である。

    そして2019年。
    すっかりCDも買わなくなっていた俺にとんでもない出会いが待っていた……


    4.2019年、新たな出会い。地獄から愛をこめて

    俺は疲労でぐったりと落ち込んでいた。ひたすらに。
    無気力にyoutubeばかり観ていた。

    そして出会った。BEAST IN BLACKFROM HELL WITH LOVE」に。


    アルバムタイトルにもなっているFROM HELL WITH LOVE
    やばい。この曲やばい。凄い新しい。北欧メタル?ダンスミュージック?
    とにかく、久々に電撃が走った。リピートしまくりだった。
    元気100倍!アンパンマン状態だった。
    さっそく通販で、1stアルバムの「BERSERKER」と一緒に注文した。
    この曲はメタルの新しいジャンルの一つになりえるレベル。
    俺のなかでは非の打ち所がないと言ってもいい。
    まだ出たばかりだが、次回作が待ち遠しくてたまらない。

    俺はすっかり元気になった。やっぱり音楽はいい。
    つらい時に偶然みつけた作品だが、
    場合によってはこの作品に出会っていなかった可能性もある。

    だから!つらい時こそ、チャンスの時だ!
    何かいつもと違う事をしたり、何か探してみるのもいいかもしれない。



    vol.002「俺の好きな音楽の話① 出会い編」

    出会い編と言う事で、
    大きく影響を受けた作品の話を中心に書きました。
    音楽の良さを言葉で伝えるのは俺には難しくて、
    とにかくこれを聴いてくれ!といった書き方しかできない。

    音楽に言葉なんぞ不要。ここで紹介した作品は、
    とにかくオススメで良いものなんで聴いてくれ!それだけだ。


    最後まで読んで頂きありがとうございました!(フク)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。