ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

vol.006「ハリウッド版必殺仕事人・イコライザーを観よ!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

vol.006「ハリウッド版必殺仕事人・イコライザーを観よ!」

2019-08-13 07:30

    Hell yeah!

    「週刊コラテラルダメージ」のフクです。
    このブロマガは映画を主軸に、ゲーム、漫画、アニメ…等、俺の好きな作品やオススメしたいものについて暑く語ったり、罵倒したりするアレだ!

    最近、エンドオブホワイトハウスとその続編エンドオブキングダムを観ました。
    銃撃戦の動きとか、主人公の無双っぷりがかっこよくてよかった。
    同時期の作品のホワイトハウスダウンとはまた違った面白さがある。

    そして今回おススメしたい映画は……

    「イコライザー」でございます。



    前回の記事↓
    vol.005「最強のメンツが集う漢祭り全開映画!エクスペンダブルズを観よ!」

    目次
    1. ハリウッド版必殺仕事人・イコライザーを観よ!
    2. イコライザーの魅力
    3. まとめ「イコライザーを観た後はホームセンターへ」
    (↑リンクで飛ばせるようにしたかったのですがブロマガの仕様上出来ないらしい)


    1.ハリウッド版必殺仕事人・イコライザーを観よ!

    イコライザーとは?
    デンゼル・ワシントンが演じる元CIA、
    今はホームセンターで働く普通のおっさん、ロバート・マッコールが、
    友達の少女や同僚のために、ロシアンマフィアを壊滅させるという、
    まさに現代ハリウッド版・必殺仕事人である。

    この映画は突っ込みどころ満載な展開よりも、
    スタイリッシュな暴力シーンを楽しむものとなっており、
    マフィアたちが、笑えるぐらいあっさり殺されてゆくのを堪能せよ。

    この手のアクション映画としては少し尺が眺めで、
    展開はわりとゆっくりでストーリーも複雑なものじゃない。
    ただそのゆっくりさが丁寧で良いんだ。

    おっと!でもこの映画はそんなお上品な映画じゃないぞ!

    wikiによると、昔やっていたアメリカのドラマが元になっているらしいが、
    ストーリーはオリジナルのようだ。


    2.イコライザーの魅力

    ※ネタバレあります。

    この映画の魅力と言えば。
    スタイリッシュな殺人だが、それだけではない。
    そのシーンが良いのは、老いたおっさんと少女や同僚達とのホームドラマがあってこそだ。

    主人公ロバートと娼婦であるテリーが友達になるところから話は始まる。
    テリーを助けるためマフィアの店に行き、
    9800ドルで自由にするように言うロバートだがマフィアは応じず。
    ここは有名な場面だが、この映画の象徴的なシーンだ。



    その場にいた5名のマフィアを19秒で始末
    マフィア側からすれば、その辺の普通のおっさんにやられたわけで。
    じつに爽快なシーンだ。
    その辺にあるものと、敵が持っているものだけで戦うのがポリシーなのか、
    基本的に武器等は持っていない。せいぜい読んでた本とかぐらいである。

    場面はかわり同僚が警備員になるために力を貸していたロバート。
    ところが彼の母親の店が火事にあってしまう。
    まあわかりやすい悪徳警官が出てくるのだが、ここでもロバートが大活躍。
    その後、職場にやってきた強盗を店の商品でもあるハンマーを持ち出して解決、
    そして血を拭いて戻すというやりたい放題っぷり!たまらん!

    直接ハンマーでやったシーンはない。だが、君らの目にはなにかが見えたはず。
    その後テリーがひどい目にあって、怒り爆発のロバートは本気でマフィアをつぶしにかかる。

    元CIAの人脈を生かして敵を調べたり、敵にやられた傷を熱した蜂蜜で塞いだり、
    終盤は、マフィアの資金を止めたり、船を爆破したり、お得意の
    ホームセンター用品で敵を始末したりと暴れまくりだが、その辺は実際に観てもらいたい。

    基本的にロバートが上手なので、ほとんど苦戦せず安心して見られる。
    むしろ敵の殺され方がむごいので、どうやって殺されるのかとハラハラする。

    真面目なストーリーなんだけど、リアルさは無く、
    シュールで笑えるシーンに見える場面があってそういうところも楽しめる。
    ロバートが敵のリーダーを携帯のカメラで撮るのだが
    普通のおっさんが連射で撮ってるから、なんか面白いんだよなあ。

    ジョン・ウィックのアクションが好きな人にもおススメ。
    こちらは体術や銃撃戦はほとんどないが……

    そういえばテリー役のクロエ・グレース・モレッツが非常にかわいい。
    娼婦役なので登場するたびに見た目が変わったりする。

    それとBGMもいい。処刑時とか、ロバートがゆっくり歩くシーンでかかる曲。
    ホームセンターとかで流れたら危ないBGM。この曲かなり好き。


    3.まとめ「イコライザーを観た後はホームセンターへ」

    初めてこの映画を観たときは、面白かったが今ほど好きな映画ではなかった。
    だが、何回も観た今では評価も上がり、かなり好きな映画の一つになった。

    とにかくデンゼル・ワシントンがかっこいい。これに尽きる。
    最近の俺は渋いおっさんがカッコいい映画が好きだなホント。
    キングスマンのコリン・ファースとか。

    なわけで皆さん。イコライザーを観ましょう。
    そして映画を観た後は、ホームセンターに行くのだ
    そして脳内であのBGMをキメながら、商品を眺めるんだ。
    ロバートだったらどうやって使うかを想像しながら歩くと、
    ホームセンターをより楽しめますぞ!

    「イコライザー」

    ホームセンターが好きになるすばらしいアクション映画です。
    ではよき映画ライフを。

    おわり


    あとがき

    観るたびに自分の中で評価が高くなるイコライザー。
    実は続編であるイコライザー2をまだ観ていないので、近いうちに観ようと思う。

    2019.08.13 (フクD)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。