• 今年見た映画

    2016-11-19 23:20
    今年は映画を三作品見ました。

    まず年明けに『ガールズ&パンツァー劇場版』
    去年の暮れごろから、ガルパンはいいぞなる言葉を聞いてはいたのですが、これほどとは。
    序盤の大洗の砲声で一気に引き込まれました。戦闘シーンの描写はもちろんですが、何より音が良かった。ポルシェティーガーのモーター音とかセンチュリオンの変態機動時の摩擦音とかが好きです。
    一気にガルパンにはまってしまいました。好きなキャラは会長さんです。まほ杏増えないかな。増えろ。

    次に秋ごろ。『君の名は。』を見ました。
    なんか周りがみんな見に行ってるし、RADの曲はよく聞くしでどんなのなのかと軽い気持ちで見に行ったのですが、これほどとは。
    新海作品の背景はもちろん、登場人物もストーリーもひたすら綺麗な作品でした。何かを成し遂げるため一生懸命に走る主人公は応援したくなる。
    あと、とあるシーンはリトルボーイの被害を示す地図を思い出してしまいました。爆心地から円が広がってるやつ。
    すっきりとした、完全無欠のハッピーエンドで、終わった後素直によかった、面白かったと言える作品でした。

    そしてこの前『この世界の片隅に』を見てきました。
    一応クラウドファンディングには参加してはいたのですが、正直あんまり期待してはいませんでした。前やってた実写ドラマはあれだったし、『夕凪の街 桜の国』の映画はそこそこ見れたけどあのセリフをあんな使い方しやがったし。
    ただ、この映画は試写会後の反応を見るとよい評価が多かったし、まあ見てみるかと思って見に行ったのですが、これほどとは。
    クラウドファンディングの支援者向けにくるメールでは実際の街を再現するためのフィールドワークをしている写真などがついてきて、力を入れるところ間違ってるんじゃないかと思っていたんですが、うん、必要でした。すずさんをそこに見出すためには必要でした。
    原作の漫画を見ているよりもずっと、すずさんの隣にいるような気持ちになれました。感情移入がすごくできた。笑えるシーンはより面白く、哀しいシーンはより哀しく感じられました。映画にするにあたってカットしたシーンもあるけど、上手に編集して自然な流れにしてました。
    ただ一つ後悔があって、最後のエンドロールで名前を探すのに夢中になって下の漫画を見てなかったことです。いつかリベンジしなきゃ。
  • 広告
  • 野球の時間だ

    2015-06-28 21:56
    GWにMBFに行くついでに野球を見に行っていました。

    横浜対ヤクルト戦。このとき横浜は絶好調でした。


    天気は晴れ。絶好の観戦日和。


    試合は久保投手が完投して横浜が勝利。6回まで完全試合ペースだったこともあり、あっという間に終わりました。筒香や山田のHRが見られたので満足。
    広島のインフィールドフライ事件が起こったのは、帰りの新幹線に乗っていたときのことでした。

    そして今日も野球を見に行っていました。今日は広島。
    こっちの方が本当の目的だったのですが。


    戦後70年ということで、被爆した広電653形の路面電車を、昭和20年当時のカラーリングで走らせるイベントです。


    8月までの期間限定の運行ということで、ちょっと行ってきました。
    被爆電車は一回見てみたかったのです。当時はブルーだったんですね。
    広電と原爆の話は知っていたので私はスルーしましたが、乗車して、そのあたりの詳しい話なども映像で流れる見たいです。要予約。

    さて、ついでの野球。外野席は初めて。

    試合は新井のHR、ジョンソンの好投で広島の勝利。
    新井さんのHRは泣きそうになったよ。うん。


    外野席は暑かった……。逆光であんまりいい写真がないですね。
    マツダスタジアムは真っ赤でした。ほとんどの方がユニフォーム着用。
    思いつきで行った私は私服だったのでういちゃってたような。
    それでもとてもいい試合が見られて満足でした。
  • おわりだよー(o・∇・o)

    2014-07-06 21:27

    というわけで最終話をあげました。
    使ったBGM、クリープパイプの『おやすみ泣き声 さようなら歌姫』を聞いて、
    これラストライブのBGMとして使えるんじゃないか、と思ったのが半年前。
    どうにか使うことができました。

    ラストシーンを思いついたのは二話目を作るのを決めたころでした。元ネタの『スキップ』は、時の流れは理不尽で逆らえないって感じで、それは今回上げたのでも同じです。
    それでも安部菜々さんが残したものって何かあるんじゃないかと思います。
    そういうわけで登場したのが工藤忍さん。アイドルにあこがれて、一人で上京したという彼女は、この動画の安部菜々さんの設定とばっちりかみ合いました。
    忍さんはいつか『黄色いカラス』あたりで何か作りたいですね。