【動画に歴史あり】 7, 落下の様子をスロー撮影してみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【動画に歴史あり】 7, 落下の様子をスロー撮影してみた

2013-03-08 23:40


    ニコニコらしい動画というのはコメントが貰える動画だよねー、に始まってコメントを貰うためにはビックリさせることが重要である、とかいった感じに展開し、見ている皆さんに「うわちゃー、やっちゃったよー」的な感想を持って貰うと良さそうだということで固まりつつある頃です。このころは。
    まあそのように模索で持論が固まりつつあるときは、次にボーダーを探し始めるのですな。
    露骨にアウトなのはダメとして、内角ぎりぎりを狙ってどこまでがセーフでどこからがアウトかを実践で探したくなっちゃいません?

    「うわー」「やっちゃったー」「なんてことを」という路線を狙うのは良いのですが、やり過ぎると大勢に不快感を与えることになりますし痛すぎるとそれはそれで笑えないものになってしまいます。
    食品をつかった動画は理解して貰いやすい反面、食べ物で遊ぶなとおしかりを受けやすいものです。いやまったくその通りなのですが。でも勿体ないからこそ心が動かされるし、ツッコミもしたくなる。そういったちょいワルとしてのエンタテイメントはどこら辺が限界なのでしょうか。
    というわけで、敢えて食べ物を粗末にして「うわー」と言われるような動画を作ってみることを考えました。

    企画として最初に考えたのが「生卵を落として割れる動画」でした。
    「卵を落としてみた」とでもいったところでしょうか。そんなん割れてしまうやろ、という予測がつくからこその突っ込みは当然でそれを誘導する様な形です。
    ただ、卵が割れる動画といってもあまり面白くないのでちょっと違った撮影にならないかと考えました。
    この当時、ビデオカメラはまだ DVテープ型だったのですが、ソニーのビデオカムで4倍速の 120fps が撮影できる機種がありました。それを借りてきて、4倍速撮影してみようというのをメインテーマとして据えてみた次第。
    ただ、4倍速撮影ではみんなが期待するようなスローじゃなかったというのが反省点です。カメラの機能なので敢えて4倍速そのままの映像を使ってみたのですが、4倍速撮影でありつつ編集ソフトでスローにすることで皆の期待する映像に近くなったようです。当時はソフトでスロー再生するのはなんかインチキみたいに思ってやらなかったのですよね。やっぱりソフトでスローにすべきだったと今となっては思います。

    卵だけだと10秒ぐらいで終わってしまうので、「値段が高くて勿体ない」イチゴショートケーキと「崩れ方が悲惨な」豆腐も用意して三本立てにしてみました。これは成功だったと思います。
    Blogなどでも、ネタが一つだと書きにくいので 3つネタがそろったらそれを混ぜていっぺんにみせるようにしているのですが、一発ネタよりも三本立てで次々にネタがやってくるほうがつっこみ易いものになると思います。

    期待通り「うわー」「やっちゃったー」「なんてことを」といったコメントを集められたかというと、これはちょっと失敗でした。
    ぎりぎりの路線を狙ったけど幾分アウト側にいたようです。
    流石に粗末にすること前提で食品を扱っているということで、反応はあるもののいささかピリピリした空気のものになっていました。それをみて、ああここまでやるとアウトな領域なのかといった勉強をさせてもらいました。
    まあこの後も食べ物を粗末にする動画を作り続けるわけですけど、それでもただ粗末にするわけではなく納得のいく目的と結果を伴うように配慮するようになりました。

    卵や豆腐はもう食べようがない感じなのでごめんなさいしたのですが、ケーキは1個500円の普通に良いケーキで勿体なかったの床に付いていない上の部分をすくい取ってパクパク食べました。おいしかったです。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。