ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

xismoでモデリング講座3(もろもろの調整)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

xismoでモデリング講座3(もろもろの調整)

2018-01-20 17:47
  • 2


1、もろもろの調整

(1)照明の調整
お顔のモデリングの前に。すこし照明の調節をしておきます。



xismoではデフォルトの照明設定がRGB154になっているのですが、これはMMDの照明より少し明るい設定になっています。RGB90~100くらいがMMDとだいたい同じ明るさになるので、そのくらいに設定しなおしておきましょう。



ね。

(2)拡散色の調整
あとこれは私が気になるだけなんですが…




なんか下絵が青っぽい。白くしたい。
そんなときはシェーダノードの「拡散色」を調整します。




①でシェーダノードを選択したら、②のプロパティから「拡散色」をダブルクリック。




こういう画面がでるので、真っ白を選択しましょう。



すると、こうなる。
これを「横顔下絵」のシェーダノードにも適用します。

白くなりましたか?

(3)下絵の位置の調整

このままだとたぶん、下絵のポリゴンが近くにありすぎて、モデリングの最中邪魔なので、すこし離しておきます。





①で正面下絵のノードを選択。
②でツールがユニバーサル、ハンドル表示にチェックが入っていることを確認。
③のポリゴンを選択、青赤緑のハンドルが表示されるので、青の矢印のハンドルだけを選択してドラッグ。ポリゴンを後ろにずらす。

同様にして、①で横顔下絵を選択、横顔のポリゴンも左側にずらす。


左側にずらすときは、赤い矢印のハンドルをドラッグしてね。

できた?

(4)ロックをかける



下絵はもうこれで動かさない・編集しないので、ロックをかけておきます。
ノードウインドウにある丸の横をクリックしたら、鍵のマークがでてくるはず。
画像のようになっていれば、ロックがかかっています。

(5)視点を正面にする
まずは正面のお顔からモデリングをしていくので、視点を正面にしましょう。ショートカットキーF3です。ちなみに、F1→右側、F2→上、F3→正面、です。

(6)パースを切る



xismo、というかモデリングソフトの見え方には2種類あります。
パースがかかっている見え方(Perspective view)とかかっていない見え方(Ortho view)です。モデリングをするときは、基本的にOrtho viewでモデリングします。
ショートカットキーF4で切り替えることができるので、画像の赤丸のところにOrtho viewと表示されていることを確認しましょう。



以上で調整はおわりです。次回からは、実際に面を貼ってお顔を形作っていきます。
それではまた。



広告
×
つぎがないww
37ヶ月前
×
4は作ってくれないんですか・・・?
36ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。