• このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション内の様々なクレームに驚き 「騒音、夫婦喧嘩、自殺…なんでもあり」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マンション内の様々なクレームに驚き 「騒音、夫婦喧嘩、自殺…なんでもあり」

2020-02-13 18:00
  • 1
酔う男性(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)台湾で活躍するタレントのポールさんが現地のトーク番組『震震有詞』にて、マンションの管理についての苦労を語りました。■騒音クレームが警察沙汰に

ポールさんはマンションを購入後、住居する上での悩みやゴミ出しなどのルールを告知する「管理委員会」に就任。基本的な会議や業務以外にも、カップルの喧嘩仲裁、隣人の自殺など「想像以上に事件が多い」と愚痴をこぼしました。

中でも彼が一番驚いたと振り返ったのは、なんと騒音のクレーム。ただの騒音ならまだ良いのですが、この事件は警察沙汰になったそうです。

関連記事:日向琴子のラブホテル現代紀行 (1)東京都『ホテル麻布』

■真面目そうな青年の部屋なのに

ある日、「〇〇号室の人がうるさい」とクレームを食らったポールさんは、まずその部屋に誰が住んでいたかを確認、保険会社に勤める真面目そうな青年であったと話します。

「見た感じ真面目で礼儀正しいのに…」と疑問に思いつつも、ひとまず注意をしに向かうしかありません。「ごめんくださーい」そう呼び鈴を押したポールさんの目に飛び込んできたのは、とんでもない光景でした。

■騒音部屋の中にいたのは…?

ドアを開けた彼目の前に広がったのは、10数人の外国人が全裸で踊っている摩訶不思議なシチュエーション。どの人もテンションが高く、恍惚の表情を浮かべています。

非現実的な一幕に遭遇したポールさんは、一瞬何があったかわからず立ち尽くしてしまったそう。すると「あなたも参加しなよ!イエーイ!」と声をかけられ、腕をつかまれてしまいます。

招き入れられそうになったものの理性が動いた彼が「いえ、あの」と断ろうとした瞬間、「警察だ! 動くな!」という声が廊下に響きました。

■数秒遅ければ自分も逮捕

近隣住民の通報を受けた警察が乗り込み、事なきを得たこのマンション。その後、部屋にいたドラッグを使用している人たちは逮捕。借主である保険会社の男性も連れていかれたとのことです。

ポールさんは「あと数秒遅かったら僕も逮捕されている所でしたね」と笑い、「複雑な交友関係はよくない!」と断言しました。

住人の取りまとめ役はどの国でも、なかなか難しいようです…。

(文/fumumu編集部・AKO

RSSブログ情報:https://fumumu.net/141977/
×
迷惑系の住人はマンション側がもっとホイホイ追い出せるように法整備しないとだめ。
現状はクズのやったモン勝ちになってる。
多少世の中が窮屈になっても、ごみがしっかりと痛い目にあうのならばみんな我慢すべきだと思うわ。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。