• このエントリーをはてなブックマークに追加
「もう少し図太くなりたい…」 周りを気にしてしまう性格をやわらげる方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「もう少し図太くなりたい…」 周りを気にしてしまう性格をやわらげる方法

2020-06-23 18:30
    悩む女性(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) 周りの目を気にして、いつも神経を張りつめていませんか? 自分らしく伸び伸びと過ごすためにも、必要以上に周りを意識しないようにしたいですよね。

    周りを気にしてしまう性格をやわらげる方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

    (1)想像で動かない

    「周りのことを気にしすぎて、想像で動いてしまうのは危険だと思います。『あの人怒っている気がする、フォローしたほうがいいかな』とか、『自分が抜けたほうが盛り上がるかも、帰ろうかな...』とか。

    直接言われていないことを想像しても、合っているかわからないし。周りに自分の気持ちを想像されて、こちらに確認もせずに動かれたら、私も複雑な気持ちになると思います。

    相手の立場で考えることは大切だけど、あくまで想像の域を出ないですよね。自分の想像が相手の本意だと思ってしまうと、自分がつらくなるだけだと思います」(20代・女性)

    関連記事:彼の周りにいる女性に嫉妬してしまう...どう解消すれば良い?

    (2)環境を見直す

    「自分が繊細な性格なのか、それとも周りの環境のせいでそうなっているのか、一度考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

    私も、前職の上司がすごく高圧的な人で、いつも周りの顔色をうかがっていた時期がありました。否定されることが怖くて、ビクビクしていたんですよね。

    環境が変わって、周りがやさしい人ばかりになってからは、自分でも驚くほど自然にコミュニケーションが取れるようになりました。本来は社交的な性格でも、環境によって委縮している人は多いんじゃないかと思います」(20代・女性)

    (3)自己評価で考える

    「周りからどう見られているか気になってしまう人は、自分の評価を周りに求めすぎている気がします。自信がないからこそ、周りに認められないと、自分には価値がないと思ってしまうんじゃないでしょうか。

    ただ、周りの評価ってすごく不安定なものだから。人によっては褒めてもらえても、他の人からは否定される場合もありますよね。

    あまり周りに評価を求めずに、自分が納得できるラインはどこかで考えられたら、周りの目も気にならなくなると思います」(20代・女性)

    いくら人の気持ちを考えても、結局は聞かないとわからないことがたくさんあります。

    自分の想像で苦しくなってしまう前に、想像と事実を切り離して考えるようにしたいですね。

    (文/fumumu編集部・くまのなな

    RSSブログ情報:https://fumumu.net/163168/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。