• このエントリーをはてなブックマークに追加
ズボラさんでも大丈夫! 無理なく貯金ができる3つの節約術
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ズボラさんでも大丈夫! 無理なく貯金ができる3つの節約術

2020-07-26 08:30
    家計簿をつける女性(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) 「いつの間にか財布の中が空っぽに...」 そこまで散財したつもりはないのに、いつの間にか消えているお金。どうしたら、無理なく貯金をすることができるのでしょうか?

    fumumu取材班が、貯金を成功するためのコツを聞いてきました。

    (1)現金オンリーもアリ

    「クレジットカードで買い物をしていたときは、毎月いつの間にか使用額が増えて、給料日直後に金欠になっていました。

    カードでポイントを貯めるぞ! と意気込んでいたのに、ポイントがいくら貯まっているかすら確認していなかったんですよね。お金の管理が苦手な人は、いっそのこと現金オンリーで買い物をしたほうがいいと思います。

    時間差で支払いがやってくるクレジットカードだと、いくら使ったか忘れてしまうので...。カード決済のみしかできないところも増えてきているので、そういうときはデビットカードを使うようにしています」(20代・女性)

    関連記事:「浪費癖」から卒業するには? お金を使いすぎないためのポイント

    (2)貯金専用口座を作る

    「貯金用の口座と、生活費を入れておく口座を分けるのがおすすめです。生活費用の口座にお金を入れておくと、まだお金が余っている気になって、つい使いすぎてしまうんです。

    口座にお金を移すことすら忘れてしまうので、自動的に振り替えてもらえる機能を使っています。貯金用の口座に入れたお金をないものとして忘れてしまえば、気づかないうちにお金が貯まっていきますよ」(20代・女性)

    (3)必要な分だけ持つ

    「財布の中にいくらあるかを把握することが苦手で、会計のときに『もっとあると思ってたのに!』と焦ることが多かったんです。

    考えなしにバンバン使って、いつの間にかお札がゼロになることを繰り返していたんですよね。最近は、1日で使っていい現金だけを財布の中に入れて出かけるようにしています。なにも予定がないときは少なめに、どこかに出かけるときは多少余裕を持って。

    朝出かける前に財布をチェックして、必要ない金額は家に置いていくんです。財布の中にお金がなければ、つい使ってしまうこともなくなりますよ」(20代・女性)

    自動的に貯金用の口座に送金されるように設定しておくなど、無意識にお金が貯まる仕組みを作っている人もいるようです。

    周りの助けを借りながら、ストレスなくお金を貯めていきたいですね。

    (文/fumumu編集部・くまのなな

    RSSブログ情報:https://fumumu.net/169522/
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。